何に合わせる?センスのあるソファの色選び。3つ押さえて失敗なし! – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

何に合わせる?センスのあるソファの色選び。3つ押さえて失敗なし!


この人に聞きましたcaramel

インテリアコーディネーター インテリア商社勤務中にインテリアコーディネーター、カラーコーディネーター3級、福祉住環境コーディネーター2級を取得し、ショールームでの接客やセミナー講師などを経験。主婦の立場から、簡単に取り入れやすいインテリアのコツをご提案していきます。

ソファは面積が大きいため、意外と色選びが難しいと感じている方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、部屋の雰囲気に合わせてどのようにソファの色選びをすればいいのか、実例を参考にしながら3つのポイントをご紹介していきます。

センスあるソファの色の選び方とは?

ソファをリビングに置いている方は多いと思いますが、部屋の中心に置くことも多く存在感のある家具のため、色の選び方に迷いますよね。一度購入するとなかなか買い直しもきかないため、購入するときの色の決め方には注意が必要です。

そこで今回では、ソファの色の選び方で注意したい点をご紹介していきます!インテリアの色の黄金比率やソファにおすすめの人気色、実例などを参考にしながらソファの色の選び方について解説していきます。是非参考にしてください!

インテリアの色の黄金比率

投稿者:himayuralico

まず初めに、インテリアにおける色のバランスについて学びましょう。 部屋の中で最も大きな面積を占める色を「ベースカラー(70%)」、デザインの中心になる色を「メインカラー(25%)」、アクセントを持たせるための色を「アクセントカラー(5%)」と呼びます。

この「ベースカラー:メインカラー:アクセントカラー=70:25:5」という比率は、「色の黄金比率」と呼ばれています。部屋に占める色の割合を大体この割合に収めると、失敗なくバランスの良いインテリア空間にコーディネートできます。

ベースカラー

投稿者:sunko.haus

インテリアにおけるベースカラーとは、天井、壁、床などの大きな面積を占める色を指します。一戸建て、マンション共に壁や天井には明るめのホワイト、床のフローリングや建具には木製のブラウンが使われていることが多いのではないでしょうか。

ベースカラーは頻繁に変えられない場合が多いため、色遊びをしたい場合はメインカラーやアクセントカラーで色を取り入れると良いでしょう。また最近では、壁全体に色を入れず、部屋の一面だけカラーを取り入れるアクセントウォールも人気が出てきています。

メインカラー

メインカラーはベースカラーの次に大きな面積を占める色で、具体的にはカーテンやラグ、ソファ、ベッドカバーなどの色に当たります。部屋全体の色の構成の25%に当たるので、メインカラーの色で部屋の雰囲気は決まると言ってもいいでしょう。

投稿者:abouthome_yuhe

そこでまずは、インテリアテイストを決めて、手持ちの家具や置きたいもののバランスを考えながら色を決めていきましょう。メインカラーがなかなか決められない方は、人気のベージュやホワイトなど無彩色にして、アクセントカラーで遊びを取り入れる決め方が最も簡単ですよ。

アクセントカラー

アクセントカラーとは、クッションや小さめの家具、小物などに使われるカラーを指します。アクセントカラーで取り入れるものは面積が小さいため、比較的簡単に取り換えができて季節ごとに色を変える決め方もできますよ。

投稿者:ko_yumi26

ベースカラーとメインカラーとのバランスも考えながら、彩度の高いイエローやレッドなど思い切った色を取り入れる手法もインテリアのスパイスになります。なかなか冒険をするのが難しい方は、メインカラーの同系色でグラデーションにするという決め方も良いでしょう。

投稿者:chay__ttt

アクセントカラーが決まったら、部屋のさまざまな場所にアクセントカラーを取り入れると統一感が出ます。クッションと時計を同じ色にするなどといった決め方も良いですね。インテリアの引き締め色として素敵なコーディネートができ上がります。

ソファの色の選び方ポイント

ソファの色の選び方ポイント①インテリアテイストを決める

投稿者:himayuralico

部屋全体の構成を考える際には、初めにインテリアテイストを決めることが重要です。定番のナチュラルやシンプル、スタイリッシュなどに加え、流行りの北欧風やインダストリアル、アンティークなどもおすすめです。インテリアテイストの決め方によってまとまりのある空間を作り出せますよ。

インテリアテイストの決め方がわからない場合、雑誌などで「この部屋の雰囲気好きだな…」と思う写真に何点か付箋を貼っていくと、自分の好みがわかってきます。自分の好きな色の合わせ方や好きなアイテム、好きなテイストを絞ることができるのでおすすめです。

最初にインテリアテイストを決めておくことで、ソファの色を選ぶ際にも選択肢がグッと狭まり、色合いも失敗なく選びやすくなります。

ソファの色の選び方ポイント②部屋全体の色数を絞る

部屋全体の色数は、3色までに収めるという決め方をしましょう。3色に収めることで色のごちゃつきもなく、スッキリと整った印象に仕上がりますよ。

リビングは家族の物が集まりやすく、自然とたくさんの色が入ってしまいます。そのためベースカラーやメインカラーは、主張の強くないカラーにすると失敗しづらいですよ。ソファーの色の決め方に迷った際は参考にしてみましょう。

投稿者:tongarihouse

こちらの実例では、ベースカラーは壁紙のホワイトで、ソファの座面はアイボリーにしています。家具も床の色に近い木製なので、お部屋に統一感が出ていますね。大きなグリーンがとてもいいバランスとなり、部屋全体がおしゃれな空間にコーディネートされています。

また、部屋全体の色数が抑えられているので、ストーブや観葉植物の鉢カバーのブラックが引き締め色としていい役割を果たしています。落ち着いた雰囲気のある大人のコーディネートが印象的です。  

ソファの色の選び方ポイント③素材を決める

ソファの座面の素材は布製、合皮、本革の3種類に分かれます。また、ソファの脚や背もたれの部分、肘置きなどに木が使われることも多く、同じ色でもその素材によって随分と雰囲気が違ってきます。

投稿者:jy_favorite_days

お手入れのしやすさや部屋の雰囲気、他の家具とのバランスを考えて素材を決めましょう。一般的に、本革や合皮は布製に比べるとスタイリッシュで高級感が演出されますよ。また、布製はカジュアルで豊富なカラーが展開されており、人気があります。

大きなソファであるほど、その部屋の印象を左右します。そのため、家族構成やソファの用途に合わせてサイズや素材感を決めると良いでしょう。  

ソファでおすすめの人気色は?

次に、おすすめのソファの人気色についてご紹介します。インテリアテイストにもよりますが、色選びの決め方に悩む場合はグレーやベージュ、ブラック、ホワイト、ブラウンの中から選ぶと良いでしょう。大きな失敗もなく、他のインテリアで部屋の印象を変えられるためおすすめです。

また、床の色もソファの色との相性があります。ナチュラル系の床であれば、明度の高いホワイトやベージュ、ペールグレーなどが良いでしょう。ダークブラウンの床であれば、明度の低いブラックやブラウン、ダークグレーと合わせる決め方をすると良いでしょう。

ソファにおすすめの人気色①グレー

最近は、グレーのファブリック(布製)ソファが人気です。ホワイトインテリアやシンプルインテリア、スタイリッシュインテリアなどのインテリアテイストと色合いの相性が良いです。また、ペールグレーであれば圧迫感もなく、スッキリとコーディネートできるのでおすすめです。

さらに、小さなお子さんがいる家庭で「ホワイトのソファを買いたいけれど、汚れるのが心配…」という方にもおすすめですよ。北欧インテリアとも相性が良いので、ナチュラル系の木製の脚にグレーの座面のソファが各ブランドから多数販売されています。

投稿者:sh.atyou

こちらの実例は、ホワイトのベースカラーにペールグレーのメインカラー、ブラックをアクセントカラーに持ってきたモノトーンインテリアです。木製のダイニングテーブルやベージュのクッションで柔らかさをプラスし、スタイリッシュでおしゃれな雰囲気のリビングになっていますね。

ソファにおすすめの人気色②ベージュ

ソファの色の決め方に迷っている場合、一番おすすめの色はベージュです。ホワイトの壁にナチュラル系の床であれば、ベージュのソファは間違いなく合うでしょう。シンプルインテリアや北欧風インテリア、ナチュラルインテリアなどがコーディネートできます。

比較的大きな面積を占めるソファをベージュにし、クッションや他のインテリアでアクセントをつけると、ソファが部屋の雰囲気の邪魔をしません。他のインテリアの色選びがしやすくなり、バランスの取れたコーディネートができます。

また同じベージュでも、床の色が明るい場合はベージュの明度を高めにして、床の色が濃い場合はベージュの明度を下げるとよりバランスが取れます。床の色の明度に合わせて色選びをすると、ソファの色が浮いてしまうことなく落ち着いた空間に仕上がります。    

投稿者:mis826shu2

こちらの実例は、ソファをベージュにしてラグにカラフルな色を取り入れています。シンプルなインテリアの中に、少し個性のあるラグを敷くだけで華やかになります。陽当たりの良さも相まって、とても気持ちの良い素敵なお部屋になっています。

ソファのおすすめの人気色③ブラック

本革のブラックソファは、重厚感のある雰囲気になります。また、ファブリックのブラックソファは布のもつ柔らかさもプラスされて、クールな中にも優しい雰囲気のあるコーディネートになりますよ。

布製であればモノトーンインテリア、革製であればスタイリッシュインテリアや、インダストリアルインテリアなどと相性が良いでしょう。ソファの脚がステンレスのタイプであれば、よりスタイリッシュな雰囲気を作ることができます。

投稿者:chay__ttt

こちらの実例では、ホワイトのクッション、壁に飾られたグリーン、ヴィンテージ感のあるフローリングやリビングテーブルのおかげでブラックのもつ強さを少し和らげることができています。個性的なインテリアですが、まとまりのあるお部屋になっていて上級者インテリアです。

ブラックの面積が大きいと、クールな雰囲気のインテリアになってしまうことも多くあります。しかし、ハートの小物や曲線のインテリアを組み合わせることで、かわいらしい雰囲気のコーディネートになりますよ。

甘さとクールさがバランスよくミックスされていて、参考にしたいコーディネートの決め方ですね。

ソファのおすすめの人気色④ホワイト

ホワイトインテリアの主役として、合皮のホワイトソファは人気です。ソファの脚はステンレス製の華奢なタイプと相性がいいでしょう。ホワイトのソファは汚れが気になってしまうという方は、拭き取りができる合皮のタイプがおすすめです。

投稿者:chay__ttt

こちらの実例では、冷たい印象になりがちなステンレスのホワイトソファの床に、毛足の長いラグを敷くことで柔らかさをプラスしています。クッションやブランケットで色味を入れ、引き締め色としてブラックをバランスよく入れているところも上級者の合わせ方です。

スタイリッシュで清潔感のあるホワイトインテリアは、汚れに気づきやすく早い段階で汚れを落とすことができます。綺麗を保てるとして人気が出てきているインテリアテイストで、最近では各メーカーからホワイト系の床も多数展開されていますよ。

ソファのおすすめの人気色⑤ブラウン

色選びに迷ったときには、ブラウンのソファもおすすめです。ブラウンは床の色や家具の色に使われることが多いので、木製の家具がある場合はその色味とのバランスを考えながら、ブラウンの色を選ぶと良いでしょう。

実例のようなファブリックのブラウンに加え、合皮や本革のブラウンは大人インテリアと合わせても素敵です。また、ブラウンはダークブラウンやキャメルなど、彩度や明度の決め方によって随分と印象を変えられます。  

他のインテリアとの組み合わせによって、インダストリアルインテリアやヴィンテージインテリア、アンティークインテリアなど、クールな雰囲気のインテリアコーディネートを作ることができます。  

投稿者:yukaaaaa0515

こちらの実例では、ブラックをアクセントに、ブラウンのソファを主役にしたリビングコーディネートをしています。陽射しがたっぷり入る明るい空間に落ち着いたブラウンのソファを置くことで、とてもリラックスできる雰囲気になっていますね。

ソファの色の選び方実例集

ソファの色の選び方実例①

投稿者:aki77_k

こちらの実例では、ダークグレーのソファに木製フレーム、明るいイエローのクッションを組み合わせていますね。落ち着いたインテリアの中にも、少し遊び心を取り入れたコーディネートです。

インテリアの色の選び方に加えて、観葉植物を多用することで自然の中にいるような爽やかさをプラスできます。観葉植物によって、魅力的でおしゃれなインテリアコーディネートが作り出されていますね。  

ソファの色の選び方実例②

投稿者:mini5597214

こちらの実例では、個性的なリビングテーブルに合わせたホワイトソファがおしゃれです。明るい色の床やホワイトのリビングテーブルと対照的に、建具や壁に掛けられたアートやラグのブラックがホワイトをより引き立てています。

明るい空間にあるホワイトインテリアは、輝度が高いと目が疲れやすくなるという場合も考えられます。同じホワイトでも輝度を抑えたアイボリーホワイトを選ぶことで、リラックスできる空間に仕上がりますよ。  

ソファの色の選び方実例③

投稿者:simple0120____

こちらの実例では、ヴィンテージ感のある柱にステンレス脚のブラックソファ、ナチュラルなハンモック、ブラックをきかせた階段でまとまりのあるインテリアを作り上げています。ブラックアイアンの手すりとソファのブラックがリンクして、とてもおしゃれな印象です。

また、シックな印象のブラックソファに、ポップな雰囲気のクッションを重ねることでカジュアルダウンして、お部屋の雰囲気にも合っていますね。華奢なステンレスの脚を選ぶことで、床が見えて軽やかさを演出できますよ。

ソファの色の選び方実例④

投稿者:ya_ma3638

こちらの実例では、グリーンのメインソファーにカラフルなアースカラーのオットマンが、シンプルな部屋全体に彩りを添えています。木製部分のカラーや家具の脚に統一感があるので、お部屋全体がとてもまとまりのある落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

ソファの色の選び方実例⑤

投稿者:amiagram

こちらの実例では、爽やかなブルーのソファがメインカラーになっています。ホワイトとブルーの色合いは南国の爽やかな風が吹いてきそうで、スッキリとまとまりのあるインテリアコーディネートになっていますね。

また、クッションも同系色のグラデーションで統一されていておしゃれです。他に強い色を取り込まない合わせ方は、カラーコーディネートの中でも失敗しにくく人気のある色合いの合わせ方です。

ポイントを押さえてセンスのあるソファの色選びをしましょう!

ソファはリビングの中心に置かれることも多く、占める面積も大きいので色選びや決め方に迷う方も多いでしょう。そこでまずは、インテリアテイストを考えてポイントを押さえながら、色合いの素敵なソファを選んでみてくださいね。 

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア