?

ウッドデッキに屋根をつけると快適!後悔しないためにデメリットと費用を把握しよう

この人に聞きました菊地重信

一級建築士、一級建築施工管理技士他様々な建築系資格を取得。ゼネコンで様々な業務を経験しながら一級建築士試験で苦労した経験を活かし、一級建築士試験を攻略するブログを運営。建設を学ぶ専門サイトの立ち上げ経験もあり。サッカーとお笑いが好き。フットサルとギターを嗜む。著書「学び直しの一級建築士」

 

ウッドデッキは家族や友人と過ごすための素敵なアウトドアスペースですが、屋根をつけることでさらに快適な空間に変わります。しかし、屋根を追加するには費用やデメリットもあります。

この記事では、ウッドデッキに屋根をつけるメリットを最大限に活かすために、考慮すべきデメリットと費用について詳しく解説します。後悔しない選択をするために、事前に必要な情報をしっかり把握しましょう。

ウッドデッキに屋根をつけるメリット

ウッドデッキに屋根をつけることで、多くのメリットを得られます。家族全員が快適に過ごせる空間を作るために、屋根付きのウッドデッキは非常におすすめです。屋根をつけることで、デッキの利用価値がさらに高まり、家全体の居心地が良くなるでしょう。

雨で洗濯物が濡れない

ウッドデッキに屋根があると、天候に左右されずに洗濯物を干せます。たとえば、突然の雨が降り始めても、洗濯物を急いで取り込む必要がありません。これにより、家事のストレスが大幅に減ります。

洗濯物が雨に濡れてしまうと、乾くまでの時間が延びるだけでなく、もう一度洗う手間が発生しますが、屋根があるとこれらの問題が解消されます。

また、雨が降っている間でも屋根の下で家族や友達と一緒に過ごすことができます

たとえば、雨の日にデッキでボードゲームを楽しんだり、雨音を聞きながら本を読んだりするのも素敵な時間の過ごし方です。屋根付きのデッキは、天候を気にせずに利用できる多目的なスペースとなります。

強い日差しを避けて快適に過ごせる

屋根があると、夏の強い日差しを避けられるため、デッキの上で過ごす時間が快適になります。直射日光を避けると、デッキの温度が下がり、涼しく感じられます

たとえば、夏の暑い日には、屋根の下で冷たい飲み物を楽しんだり、昼寝をしたりするのがとても心地よいです。また、日焼けを防げるので、肌を健康に保てます。

長時間、外で過ごす場合は日焼け止めを頻繁に塗り直す手間も省けます。さらに、デッキで子どもたちが遊ぶ際にも、日差しが強すぎて熱中症になるリスクを減らせます。これにより、家族全員が安全に楽しく過ごせる場所となるでしょう。

周囲の視線が気にならない

屋根があると、隣近所の視線を遮ることができ、プライバシーが守られます。特に、デッキが道路に面している場合や、隣家との距離が近い場合には、屋根が上階からの視線を遮る役割を果たします。

たとえば、デッキでバーベキューをしたり、友達とおしゃべりをしたりする時に、周囲の視線を気にせずにリラックスできます。また、デッキでくつろいでいるときや、子どもたちがデッキで遊んでいるときにも、外からの視線を気にすることなく安心して過ごせます。

さらに、屋根があるとデッキが家の一部のように感じられ、よりプライベートで居心地の良い空間になります。これは、家族や友人との時間を楽しむために非常に重要な要素です。

ウッドデッキが長持ちする

屋根があると、ウッドデッキが雨や強い日差しから守られます。木材は水分を吸収すると腐りやすくなりますが、屋根があれば雨が直接当たらないので、木材の寿命が延びます。長期間にわたってウッドデッキを美しい状態で保てるでしょう。

また、紫外線による劣化や色あせも防げるので、デッキの美しさを保てます。屋根があると、デッキの上に落ちる葉やゴミも少なくなり、掃除の手間が減ります。これにより、メンテナンスの頻度が減り、手間や費用も削減できるでしょう。

さらに、デッキの木材が長持ちすると、長期的に見て家全体の価値も高まります。ウッドデッキに屋根をつけることは、投資としても非常に賢明な選択です。

リビングの延長として楽しめる

屋根付きのウッドデッキは、リビングの延長のように使えます。たとえば、デッキにテーブルや椅子を置いて、家族で食事を楽しんだり、友達を招いてホームパーティを開いたりできます。

天気の良い日はアウトドアダイニングとして、リラックスした雰囲気で食事を楽しむことが可能です。さらに、デッキで植物を育てたり、ペットと一緒に過ごしたりすると、自然を身近に感じられます。

屋根があると、デッキがリビングの一部のように感じられ、家全体が広く感じられます。デッキでの時間をより快適にするために、クッションやランプを置いて居心地の良い空間を作ることも可能です。

また、デッキでの活動は、家族や友人とのコミュニケーションを深める良い機会にもなります。たとえば、子どもたちと一緒に手作りのピクニックを楽しんだり、リラックスした時間を過ごしたりと、デッキは多彩な用途に利用できます。

ウッドデッキに屋根をつけるデメリット

ウッドデッキに屋根をつけるといくつかのデメリットが生じる可能性があります。開放感の喪失や日光の遮断、強度の不安、汚れの目立ちやすさ、そして屋根の掃除の手間などです。これらを理解した上で、屋根をつけるかどうかを検討することが大切です。

開放感が損なわれる

ウッドデッキに屋根をつけると、広々とした開放感が失われてしまいます。デッキは本来、外の空気を感じながらリラックスできる場所ですが、屋根をつけるとその感覚が制限されてしまうでしょう。

特に、自然の風や日差しを直接感じたいという人にとっては、屋根があると圧迫感を感じる場合があります。

たとえば、星空を眺めたり、日中に青空を見上げながらリラックスしたりするのが難しくなります。また、ペットと一緒に過ごす場合も、屋根があるとペットが外の景色を楽しめなくなるかもしれません。

このように、屋根があるとデッキの本来の魅力が減少してしまう可能性があります。

日光が既存の部屋に入りにくくなる

ウッドデッキに屋根をつけると、家の中に入る自然光が減ってしまいます。特に、デッキに面した部屋は、屋根によって日光が遮られるため、室内が暗く感じられることもあるでしょう。

これにより、昼間でも照明をつける必要が出てきたり、室内の植物が日光不足で健康に育たなかったりする可能性が考えられます。

たとえば、リビングやダイニングがデッキに隣接している場合、これらの部屋まで自然光が届きにくくなります

さらに、冬の時期には日光が暖房の補助として働く場合がありますが、屋根があるとその効果も減少するでしょう。結果として、電気代が増える可能性もあります。

強い風や大雪で強度の不安がある

ウッドデッキに屋根をつけると、強風や大雪の影響で屋根の強度に不安が生じます。特に、台風や雪が多い地域では、屋根が風や雪の重みに耐えられるかどうかが重要な問題です。風で屋根が揺れたり、雪の重みで屋根が歪んだりする可能性が考えられます。

たとえば、強風が吹いた時に屋根が損傷を受けると、その修理には多額の費用がかかるでしょう。また、大雪で屋根が崩れた場合には、屋根だけでなくデッキやその周辺の構造にもダメージを与える可能性があります。

このようなリスクを考慮すると、屋根の設計や材質選びが非常に重要です。

素材によっては汚れが目立つ

ウッドデッキの屋根の素材によっては、汚れやシミが目立ちやすいものがあります。特に、透明なポリカーボネートやガラス製の屋根は、雨の跡や落ち葉の汚れが目立ちやすく、定期的な掃除が必要です。汚れがたまると見た目が悪くなり、デッキの美観を損ないます。

屋根の上の掃除が大変

屋根付きのウッドデッキでは、屋根の上の掃除が大変です。特に、落ち葉やゴミが溜まりやすい場所では、屋根の上の掃除を定期的に行わなければなりません。掃除をなまけると、ゴミや汚れが排水を妨げ、屋根の劣化を早める原因となります。

たとえば、屋根が高い位置にある場合、はしごを使って屋根の上に上がる必要がありますが、これは安全面でのリスクを伴います。

落ち葉や鳥の糞が屋根に付着すると、その掃除は簡単ではありません。定期的に掃除をしないと汚れが頑固になり、取り除くのが難しくなるでしょう。

掃除のために専門の業者を呼ぶ必要がある場合もあり、その費用がかかります。また、屋根の素材や形状によっては掃除が難しく、特別な道具や技術が必要になる可能性もあります。

ウッドデッキの屋根の種類

ウッドデッキに設置する屋根にはさまざまな種類があります。それぞれの特徴や利点を理解し、自分のライフスタイルやデッキの利用方法に合った屋根を選ぶことが大切です。

テラス屋根・ポリカーボネート屋根

テラス屋根は、ウッドデッキの上にしっかりとした構造を持つ屋根を設置する方法です。このタイプの屋根は、アルミフレームとポリカーボネート素材のパネルで作られることが一般的です。

ポリカーボネートは軽量で丈夫な素材で、透明または半透明のパネルが多く、光を取り込みつつ紫外線をカットする効果があります

たとえば、透明なポリカーボネート屋根を使えば、明るさを保ちながらも雨や風を防げます。さらに、耐久性が高いため、長期間にわたって使用できます。

このタイプの屋根は、しっかりと固定されているため、強風や大雨にも耐えることができ、安心してウッドデッキを利用できます。

オーニング

オーニングは、巻き取り式の布製の屋根で、必要なときに引き出して使うことができるタイプの屋根です。手動や電動で操作できるものがあり、使用しないときには巻き取って収納できます

たとえば、日差しが強い時にはオーニングを引き出して日陰を作り、涼しく過ごすことが可能です。雨が降ったり、風が強い時にはオーニングを巻き取って保護できます。

オーニングは設置が比較的簡単で、デザインや色も豊富なので、ウッドデッキの外観をおしゃれに演出できるでしょう。

パーゴラ

パーゴラは、柱と梁で構成されたフレーム状の構造物で、屋根部分に格子状の構造を持つものです。パーゴラ自体は完全な屋根ではなく、部分的に日差しを遮る役割を果たします。上部に植物を絡ませたり、布を張ったりすることで、日陰を作れます。

たとえば、つる植物をパーゴラに絡ませると、自然の木陰ができ、見た目にも美しい空間を作り出せます。また、布を張ることで、よりしっかりとした日よけを作ることも可能です。パーゴラは、自然と調和したデザインで、庭やデッキの一部として風景に溶け込みます。

日よけタープ・サンシェード

日よけタープやサンシェードは、軽量な布製のシートを使って日差しをさえぎる方法です。これらは簡単に取り付けられ、必要に応じて取り外しもできます。タープやサンシェードは、デッキの柱や周囲の構造物にロープやフックで固定します。

たとえば、日差しが強い夏の日にはタープを広げてデッキを日陰にし、涼しく過ごせます。必要がないときには簡単に取り外して収納できるため、非常に便利です。また、色やデザインが豊富なので、デッキの雰囲気に合わせて選べます。

キャノピー

キャノピーは、独立したフレームに布やプラスチック製のシートを張った屋根です。ベッドの天蓋などが代表的なキャノピーですね。

キャノピーは移動が可能なものも多く、一時的な屋根として使用できます。設置場所を自由に変えられるため、必要な場所に日陰を作れます。

たとえば、バーベキューをする際にキャノピーをデッキの上に設置して日陰を作り、快適に調理や食事を楽しめるでしょう。風が強い日にはキャノピーを移動させると、安全に使えます。

キャノピーは簡単に組み立てられ、持ち運びも便利なため、アウトドアのさまざまな場面で活用できます

ウッドデッキに屋根をつける注意点

ウッドデッキに屋根をつける際は、以下の注意点を考慮し、快適で安全な空間を作り出すために、慎重に計画を立てることが重要です。

  • 開放感を確保する
  • 日差しを適度によけて風を通す
  • 十分な強度を確保する
  • メンテナンス方法も検討しておく

開放感を確保する

ウッドデッキに屋根をつける際、開放感を損なわない工夫が大切です。デッキの魅力の一つは、屋外の広々とした雰囲気を楽しめることです。そのため、屋根を設置しても開放感を維持する方法を考える必要があります。

たとえば、透明または半透明の素材を使った屋根を選ぶと、自然光を取り入れながら雨や日差しを防げます。ガラスやポリカーボネートなどの素材は光を通すため、明るさを確保しつつ視界も広く保てます。

また、屋根のデザインも重要です。フレームが細くて軽量なデザインにすると、圧迫感を軽減し、開放感を損なわないようにできます。

さらに、屋根の高さを高めに設計すると、空間の広がりを感じやすくなります。天井が高いと、視界が広がり、風通しも良くなるため、より開放的な空間を作り出せます。

日差しを適度によけて風を通す

ウッドデッキに屋根をつける際は、日差しを適度に遮りつつ、風通しの確保も重要です。完全に日差しを遮ってしまうと、暗く閉塞感のある空間になってしまうため、適度に光を取り入れるのがポイントです。

たとえば、可動式の屋根やオーニングを設置すると、日差しの強さに応じて調整が可能です。必要なときにだけ日陰を作れるので、風通しも確保できます。また、ルーバー式の屋根を使うと、日差しの角度を調整しながら風を通せるため、快適な環境を維持できます。

さらに、屋根の一部を開放型にするデザインも考えられます。たとえば、パーゴラのように格子状の屋根を使い、その上に可動式のシェードやカーテンを設けると、日差しを調整しながら風通しを確保できます。これにより、自然の風を感じながら快適に過ごせます。

十分な強度を確保する

ウッドデッキの屋根を設置する際は、十分な強度の確保が不可欠です。屋根は風や雨、雪などの自然環境にさらされるため、耐久性と安全性を重視する必要があります。

たとえば、屋根の材質は耐久性が高く、腐食や劣化に強いものを選びましょう。アルミニウムやスチールなどの金属製のフレームは、強度があり長期間使用できるためおすすめです。また、ポリカーボネートや強化ガラスなどの素材は、軽量でありながら衝撃に強く、安全性が高いです。

設計時には、風や雪の荷重に耐えられる構造計算が重要です。特に台風や豪雪地域では、地域の気候条件に適した設計が求められます。

専門家に相談して、適切な強度と構造の確保が重要です。また、施工業者の選定も重要で、信頼性のある業者に依頼することで、施工の品質を確保できます。

HDC神戸には複数のリフォーム業者が入居しています。お近くにお住まいの方は、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

メンテナンス方法も検討しておく

ウッドデッキに屋根をつける際は、メンテナンスの方法も事前に検討しておきましょう。屋根の素材や構造によっては、定期的なメンテナンスが必要になるため、その手間や費用を考慮して選ぶことが重要です。

たとえば、先述しましたがポリカーボネートやガラス製の屋根は、汚れが目立ちやすいため、定期的な清掃が必要です。高圧洗浄機や専用のクリーナーを使って清掃するのが一般的ですが、屋根の高さや形状によっては専門業者に依頼する必要がある場合もあります。

また、木製の構造物を使用する場合は、定期的に防腐処理や塗装が必要です。これにより、木材の劣化を防ぎ、構造が長持ちします。金属製のフレームの場合も、錆びや腐食を防ぐために定期的な点検とメンテナンスが必要です。

メンテナンスが容易なデザインや素材を選ぶ点も重要です。たとえば、取り外し可能なシェードやオーニングは、清掃や修理が簡単で便利です。メンテナンスの手間や費用を最小限に抑えるために、事前にしっかりと計画を立てましょう。

ウッドデッキに屋根を取り付ける費用相場

ウッドデッキに屋根を取り付ける際の費用は、選ぶ屋根の種類や素材、設置方法によって異なります。それぞれの特徴やメリットを理解し、自分の予算やライフスタイルに合った屋根を選ぶことが大切です。

事前に複数の業者から見積もりを取り、比較検討すると最適な屋根を見つけられるでしょう。

HDC神戸には複数のリフォーム業者が入居しています。自宅の写真を見せながら、どのような工事が可能かをプロに直接相談してみても良いですね。お近くにお住まいの方は、一度見積もりの相談に行ってみてはいかがでしょうか?

テラス屋根は20万円程度

テラス屋根は、ウッドデッキに設置する屋根の中でも比較的シンプルな構造のものです。主にアルミフレームとポリカーボネート製のパネルを使用し、頑丈で耐久性のある屋根を製作できます。

費用相場は約20万円程度ですが、使用する素材やデザイン、施工業者によって若干の差があります。

たとえば、基本的なアルミフレームとポリカーボネートパネルを使用したテラス屋根の設置費用は20万円前後です。しかし、より高品質な素材やデザイン性の高いものを選ぶと、追加の費用がかかることがあります。

また、設置場所の条件や地盤の状態によっても費用が変動するため、事前に見積もりを取ることが重要です。

さらに、テラス屋根にはオプションとして側面パネルや雨樋の設置などもあります。これらを追加すると、より快適で機能的な空間を作れますが、その分費用も増加します。

テラス屋根は、シンプルな構造ながらも実用性が高く、比較的手頃な価格で設置できるため、多くの家庭で人気があります。

オーニングは30万円~60万円

オーニングは、巻き取り式の布製の屋根で、使用時に引き出して日差しや雨を遮ることができる便利な屋根です。手動や電動で操作でき、使用しない時には巻き取ってコンパクトに収納できます。オーニングの費用相場は30万円から60万円程度です。

たとえば、基本的な手動操作のオーニングは30万円前後から設置できます。しかし、電動式のオーニングや、風や光のセンサーが付いた自動開閉機能付きのものは、より高額になります。高品質な布地やデザイン性の高いフレームを選ぶと、費用がさらに上がるでしょう。

また、オーニングは設置場所や取り付け方法によっても費用が変わります。壁に直接取り付けるタイプや、独立したフレームを使って設置するタイプなど、さまざまな選択肢があります。さらに、設置の際には専門の業者に依頼することが一般的です。その施工費用も考慮する必要があります。

オーニングは、機能性が高く、使用しない時にはコンパクトに収納できるため、使い勝手が良いのが特徴です。また、デザインや色のバリエーションも豊富で、ウッドデッキの雰囲気に合わせて選べます。

日よけタープ・シェードは10万円~20万円

日よけタープやシェードは、布製のシートを使って日差しをさえぎる簡易的な屋根です。これらは比較的手頃な価格で設置できるため、多くの家庭で利用されています。費用相場は10万円から20万円程度です。

たとえば、基本的な日よけタープは10万円前後で購入・設置が可能です。タープは軽量で設置が簡単なため、自分で取り付けもできます。しかし、耐久性やデザイン性を求める場合には、専門業者に依頼することが多く、その場合の費用は20万円程度になります。

日よけシェードも同様に、手軽に設置できるのが特徴です。シェードはデッキの柱や壁にロープやフックで固定するだけで簡単に設置できます。シェードの素材や大きさ、デザインによって価格が異なり、特にUVカット機能や防水性能が高いものは、やや高額です。

日よけタープやシェードは、簡単に取り外しや収納ができるため、季節や天候に応じて柔軟に使用できます。また、デザインや色のバリエーションが豊富で、デッキのインテリアに合わせて選べる点も魅力です。

まとめ

ウッドデッキに屋根をつけると、日差しや雨を避けて快適に過ごせる空間が生まれます。夏の強い日差しから守り、雨の日でもアウトドアを楽しめるため、家族や友人との時間が充実します。

しかし、屋根を追加するには初期費用やメンテナンスコストがかかる点を理解しておく必要があります。また、視界や通風が制限される場合もあるため、自分たちの生活スタイルに合った設計を検討することが重要です。

デメリットと費用をしっかり把握し、快適なウッドデッキライフを楽しみましょう。

こちらの記事もお役立てください

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集