?

平屋の間取り成功例!老後も見すえた住みやすい平屋のつくり方

この人に聞きました菊地重信

一級建築士、一級建築施工管理技士他様々な建築系資格を取得。ゼネコンで様々な業務を経験しながら一級建築士試験で苦労した経験を活かし、一級建築士試験を攻略するブログを運営。建設を学ぶ専門サイトの立ち上げ経験もあり。サッカーとお笑いが好き。フットサルとギターを嗜む。著書「学び直しの一級建築士」

平屋の家は、バリアフリー性が高く、老後も安心して住むことができる住まいとして人気があります。

この記事では、実際に成功した平屋の間取り例を紹介しながら、老後も見すえた住みやすい平屋のつくり方を詳しく解説します。

家族が快適に過ごせる工夫や、将来の生活を考慮した設計のポイントを押さえて、理想の平屋を実現しましょう。

平屋間取りの成功例

間取りは、何も考えずに作ってしまえば失敗してしまいます。ただおしゃれにするのではなく、家族構成やライフスタイルに合わせて、住みやすさを重視した間取りにすることが大切です。それを実現できている間取りの成功例を紹介します

成功例1:明るく開放的な平屋で過ごすシンプルな間取り【3LDK】

【Before】

  

【After】

  

 

施工会社 住友不動産のリフォーム
築年数 41年

住むなら平屋にしたいと思っていた施主。ですが、平屋を新築すると広い土地が必要となり、費用が高くなります。そんなときに思いついたのが、中古の平屋を買ってリフォームする方法です。

既存の構造を活かしてリフォームすれば、建替えよりも費用は安くなる傾向があります。購入前に中古戸建ての調査をして、構造体が健全なことを確かめてから買い付けてリフォームしました。

大きく間取り変更をし、3LDKの明るく開放的な平屋へと変身しました。トイレなどもバリアフリーに配慮してあるので、老後も住みやすく安心です。

新築を考えている人は、あらかじめこのリフォーム事例のようにバリアフリー対応にしておけば、長く住めて安心です。

成功例2:愛着ある自宅を平屋へ減築リフォーム【2LDK】

【Before】

  

【After】

  

施工会社 住友不動産のリフォーム
築年数 35年

長年過ごしていればライフスタイルも変わります。長年住んで愛着のわいた戸建住宅を、使わなくなったからと解体するのは簡単ですが、心情を考えると中々難しいのも事実です。

そこでご家族が取った選択肢は、2階建てから平屋への減築リフォームです。減築することで構造体から見直すことができ、耐震補強もできました。

断熱性能も高められて安全性も高く、新しいライフスタイルにも対応した平屋の間取りを作るのに成功しました。

新築を考えている人は、あらかじめこのリフォーム事例のように断熱性能と耐震性能を高めにしておけば、長く住めて安心です。

成功例3:基本の間取りは変えずに平屋へ【3LDK】

【Before】

  

【After】

  

施工会社 住友不動産のリフォーム
築年数 34年

2階建てだった住戸を、基本の間取りを変えずに減築リフォームした事例です。使わなくなったガレージをつぶして和室とし、既存の和室は2つの洋室へと間取り変更をしました。

水回りのリフォームを行うことで、老朽化した水回りも一新して使いやすくなりました。減築した分、収納が減っているので、キッチンにはパントリーを設けています

新築を考えている人は、あらかじめこのリフォーム事例のように収納スペースに注意しておけば、平屋に長く住めるでしょう。

成功例4:空き家をリフォームして光あふれる平屋暮らし【3LDK】

【Before】

  

【After】

  

施工会社 ナサホーム
築年数 40年

娘さんのご結婚にともない、空き家となっていたこの家をリフォームして終の棲家として住むことになりました。

以前は暗くて風通しが悪いこの家にお悩みのようでしたが、ダイニングや各所室の間仕切り壁を撤去し、間取り変更をすることで風が抜けて光が通る明るい平屋へと生まれ変わりました。

家事動線とバリアフリーにも配慮した間取りなので、老後も過ごしやすくて安心です。

新築を考えている人は、あらかじめこのリフォーム事例のように開放的な間取りにしておけば、光が通って明るい平屋となり、明るい家に住めるでしょう。

成功例5:大きく間取り変更した動線重視の平屋【3LDK】

【Before】

【After】

 

施工会社 ナサホーム
施工金額 1450万円
築年数 35年

以前は廊下からのアクセスがメインでしたが、一番長く過ごすリビングからのアクセスを重視した間取りに変更しました。

廊下が無くなることで空間が広くなり、大きく間取り変更をすることで広々としたリビングを作ることに成功しました。各部屋へのアクセスも短くなったので快適に生活できます。

新築を考えている人は、あらかじめこのリフォーム事例のようにどの空間で一番長く過ごすかを考えて間取りを考えておけば、過ごしやすくなるでしょう。

平屋のメリット

平屋には以下のようにメリットがたくさんあります。

  • バリアフリー性が高い
  • 耐震性が高い
  • 空間の自由度が高い
  • 生活動線がシンプル
  • 屋外に出やすい

バリアフリー性が高い

平屋の大きなメリットの一つは、バリアフリー性が高いことです。これは、建物の中に段差や階段が少ない、またはまったくないため、移動がとても簡単で安全であることを意味します。

階段がなく高齢者に優しい

平屋は高齢者にとって非常に住みやすい間取りです。階段がないため、足腰に負担をかけずに家の中を移動できます。これにより、転倒のリスクが大幅に減少します。

また、平屋では廊下や部屋の入口の幅を広くすることが容易で、歩行補助具や車いすの使用がしやすいです。

小さな子どもにも安全

小さな子どもがいる家庭にとっても平屋は安心です。階段がないため、子どもが階段から落ちる危険がありません。

また、段差が少ないため、つまずいて転ぶリスクも減ります。さらに、家の中で子どもを見守りやすく、どこにいても目が届きやすい設計が可能です。

介護がしやすい

家族に介護が必要な人がいる場合、平屋は非常に便利です。介護者が階段を上り下りする必要がなく、負担が軽減されます。

また、広いスペースを確保しやすく、ベッドや車いすの移動もスムーズです。バリアフリー設計のバスルームやトイレを設置することも簡単です。

耐震性が高い

平屋の大きなメリットの二つ目は、耐震性の高さです。地震が多い地域に住む人々にとって、この特性は非常に重要です。平屋が地震に強い理由と、その具体的な利点について詳しく説明します。

建物の重心が低い

平屋は一階建ての建物なので、建物全体の重心が低くなります。重心が低い建物は地震の揺れに対して安定しやすく、倒壊しにくくなります。高層建築に比べて建物全体の揺れが少なく、建物が地震に耐えやすいです。

構造がシンプルで建物全体の連結が強固

平屋の構造は一般的にシンプルです。階数が少ないため、複雑な構造体や重い材料を使用する必要がありません。このシンプルな構造は、地震の際に揺れを分散しやすく、建物全体で揺れに耐えられます。

また、平屋はすべての部屋が同じフロアにあり、建物全体が一体化しています。これにより、地震の際に各部屋がバラバラに動くことなく、全体として揺れを吸収できます。建物全体が強固に連なっているため、倒壊や部分的な崩壊のリスクは低いです。

さらに、平屋は壁や基礎にかかる負荷が均等に分散されやすい設計です。二階建てや三階建ての建物では、上階の重さが下階に集中するため、下階の壁や基礎に大きな負荷がかかります。しかし、平屋ではそのような集中負荷が少なく、全体的に安定した構造になります。

地震対策の設計がしやすい

平屋は、地震対策をほどこすのが比較的容易です。基礎を強固にしたり、耐震補強材を使用したりすることで、地震に対する耐性を高められます。また、建物のレイアウトや材料の選択など、設計段階から地震に強い家を計画できます

地震が発生した後も、平屋は比較的安全です。階段がないため、逃げ道が確保されやすく、建物からの避難が素早く行えます。また、建物の一部が損傷しても、二階建てや三階建てのように上階からの落下物が少ないため、安全性が高まります。

空間の自由度が高い

平屋の魅力の一つは、空間の自由度が高い点です。このメリットは、家の設計や生活の快適さに大きな影響を与えます。平屋が提供する空間の自由度について、詳しく説明します。

柔軟な間取り設計

平屋は一階建てであるため、階段や上階の制約がありません。これにより、部屋の配置や広さを自由に決められます

たとえば、リビングやダイニングを広く取ったり、オープンプランを採用したり、一つの大きな空間を作り出すことが容易です。この部屋の配置の柔軟性は、家族のライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能になります。

また、平屋の設計では、部屋の用途も柔軟に変更するのが簡単です。

たとえば、子どもが成長して独立した後は、子ども部屋を趣味の部屋や書斎に転用できます。また、家族のライフステージに合わせて、必要に応じて部屋のレイアウトを変更できるため、長く住み続けることが可能です。

開放感のある空間

平屋では、天井を高くしたり、大きな窓を設置して、開放感のある空間にできます。吹き抜けのリビングルームや、ガラス張りの壁を取り入れると、自然光をたっぷり取り入れ、明るく広々とした空間を実現できるでしょう。

また、室内と庭をシームレスに繋げるデザインも可能で、内外の一体感を楽しめます。

室内の統一感

平屋は一つのフロアで完結するため、インテリアデザインに統一感を持たせやすいです。壁や床の素材、色調を揃えることで、家全体が一体感のあるスタイリッシュな空間になります。

また、オープンプランを採用すると、家全体の視線が広がり、どの部屋からも家族の様子が見やすくなります。

上下の移動がないため生活動線がシンプル

今まで挙げてきた平屋のメリット以外にも、魅力はたくさんあります。たとえば、上下の移動がないため生活動線がシンプルなことです。

この特性は、日常生活の快適さや効率性に大きく影響します。以下に、平屋の生活動線がシンプルであることの具体的な利点を詳しく説明します。

移動が楽で効率的、家事もしやすい

平屋では、動線をシンプルに設計しやすいです。たとえば、玄関からリビング、キッチン、寝室への動線が一直線で、スムーズに移動できるように配置すると、日常生活の効率が上がります。動線がシンプルであるほど家の中での無駄な動きが減り、生活が快適になります。

シンプルな動線に設計された平屋は、家の中での移動が非常に楽です。階段を使う必要がないため、キッチン、リビング、寝室、バスルームなど、どこに行くにもスムーズに移動できます。

たとえば、間仕切りの少ない間取りにすれば、料理中にリビングで遊んでいる子どもの様子を見守りやすく、家事をしながら家族とのコミュニケーションも取りやすいです。

掃除機やモップを持って階段を上り下りする必要がないため、掃除が楽になります。洗濯物を干すために上下階を移動する手間もなく、家事が効率的です。また、掃除道具や家事用品を一か所にまとめておくと、家事動線が短くなり、時間の節約にもなります。

安全性の向上

先述しましたが、階段がないことで、転倒や落下のリスクが大幅に減少します。これは、小さな子どもや高齢者がいる家庭にとって大きなメリットです。夜中にトイレに行く際や、足元が見えにくい状況でも、平屋なら安心して移動できます。

また、緊急時に迅速に避難できるという安全面でも優れています。

コミュニケーションが取りやすい

平屋では、家族全員が同じフロアで生活するため、自然と顔を合わせる機会が増えます。これにより、家族間のコミュニケーションが活発になり、絆が深まるでしょう。リビングやダイニングを家の中心に配置することで、家族が集まりやすく、団らんの時間が増えます。

屋外に出やすい

平屋のもう一つのメリットは、屋外に出やすい点です。この特性は、家の中と外の生活を自然に結びつけ、快適で便利な生活につながります。以下に、平屋が屋外に出やすいことの具体的な利点を詳しく説明します。

庭やテラスに簡単にアクセスできる

平屋は一階建てのため、すべての部屋が地面に近く、庭やテラスへのアクセスが非常に簡単です。

たとえば、リビングから直接庭に出られるので、家の中と外を自由に行き来できます。これにより、家族が庭で遊んだり、植物の世話をしたりする時間が増えます。

アウトドアライフを楽しめる

平屋では、庭やテラスでのアウトドアライフを楽しむ機会が増えます。バーベキューやガーデニング、子どもたちの遊び場として、屋外スペースを有効に活用できるでしょう。

また、リビングやダイニングから直接テラスに出られるため、友人や家族とのパーティーやピクニックがしやすくなります。

ペットを飼っている家庭にとっても、平屋は理想的です。ペットが自由に家の中と庭を行き来できるよう、ドアや窓を工夫すると、ペットのストレスが軽減されます。庭で遊んだり、リラックスしたりするスペースを作ることで、ペットにとって快適な環境を実現できます。

自然との調和を楽しめる

平屋は地面に近いため、自然との一体感が生まれやすいです。大きな窓やガラスドアを使って、外の景色や自然光を取り入れることで、室内が明るく開放的になります。これにより、四季の変化を感じながら生活でき、自然との調和を楽しめます。

平屋では、室内と屋外のデザインを一体化させることが容易です。たとえば、リビングからテラスに続くフローリングや、ガラスの引き戸を使って内外の境界を曖昧にすると、広がりのある空間を作り出せます。これにより、家全体が開放的で居心地の良い場所になります。

平屋は地面に近いため、自然な換気がしやすく、室内温度の調整が簡単です。大きな窓やドアを開けることで、風通しを良くし、夏は涼しく過ごすことができます。また、冬は日光を取り入れて室内を暖かく保てるため、エネルギー効率が高まります。

平屋のデメリット

平屋には以下のようなデメリットも存在します。

  • 土地が狭いと平屋にできない
  • 建築コストが割高
  • 周辺環境の影響を強く受ける

土地が狭いと平屋にできない

平屋は一階建てなので、同じ面積の家を建てる場合、二階建てや三階建てよりも広い土地が必要です。土地が狭い場所では、必要な部屋数や広さを確保するのが難しい場合があります。

たとえば、都市部では土地が高価で広さも限られているため、平屋を建てるのが難しい場合があります。結果的に、庭や駐車スペースなど、他の使い道のためのスペースが不足してしまう事例もあります。

建築コストが割高

平屋は一階建てなので、基礎や屋根の面積が広いです。そのため、建築に必要な材料や工事の費用が高くなる可能性があります。二階建てや三階建てと比べると、同じ広さの家を建てるのにかかるコストが高くなる傾向があります。

たとえば、基礎工事や屋根工事にかかる費用が大きくなるため、全体の建築コストが割高になります。

また、土地の購入費用も含めると、平屋の建築には多くの初期費用が必要です。そのため、予算に限りがある場合は、二階建てや三階建ての方が経済的な選択肢となる場合もあります。

周辺環境の影響を強く受ける

平屋は地面に近いため、周辺の環境からの影響を受けやすいです。たとえば、近くに大きな建物があると、日当たりや風通しが悪くなる可能性があります。

また、道路に面している場合、交通の音やほこりが直接家の中に入りやすくなります。これらの環境要因は、住み心地に影響を与えるかもしれません。

さらに、自然災害の影響も考慮が必要です。たとえば、洪水や土砂崩れが発生するリスクがある地域では、平屋は水害や土砂の影響を受けやすいです。これに対して、二階建てや三階建ての場合は、上の階に避難することで被害を軽減できます。

また、プライバシーの問題もあります。周囲の家や道路から直接見えやすいため、窓や庭での活動が外から見られやすくなります。これを防ぐためには、フェンスや植栽を使って視線を遮る工夫が必要です。

平屋で間取りを作るポイント

平屋でも快適で使いやすい間取りを作るポイントは以下の通りです。

  • 自然光を取り入れる
  • 通風を確保する
  • 収納を確保する
  • 動線に配慮する

自然光を取り入れる

平屋の設計では、自然光をたっぷり取り入れることが大切です。大きな窓やガラスドアを使うと、部屋の中が明るくなり、快適な空間を作れます。リビングやキッチンなど、家族が集まる場所には特に大きな窓を設けると良いでしょう。

また、天窓を設置することで、上からも光を取り入れることができ、さらに明るくなります。

さらに、家の向きを考慮することも重要です。南向きの窓が多いと、一日中自然光が入りやすくなります。これにより、電気代の節約にもなり、エコな生活が送れます。

通風を確保する

平屋では、通風を良さも大切です。家の中に新鮮な空気を取り入れると、快適で健康的な生活が送れます。窓を対角線上に配置すると、風が家の中をスムーズに通り抜けやすくなります。

たとえば、リビングの南側の窓と、北側の窓を開けると、風の通り道を作れます。

また、通風のために通気口や換気システムの設置も有効です。特にキッチンやバスルームなど、湿気がこもりやすい場所には、換気扇を設置して空気を循環させると良いでしょう。

収納を確保する

平屋では、限られたスペースを有効に使うために、収納をしっかり確保することが大切です。収納スペースが不足すると、部屋が散らかりやすくなります。クローゼットや棚を上手に配置して、収納スペースを確保しましょう。

たとえば、ベッドの下に引き出しを設置したり、階段下のスペースを収納に活用したりできます。

さらに、壁面収納を取り入れると、床のスペースを有効に使えます。本棚やキャビネットを壁に取り付けると、スペースを節約しつつ、必要なものをすっきりと収納できます。

動線に配慮する

平屋の間取りを考える際には、家の中で人が移動する経路への配慮が重要です。動線がスムーズであれば、日常生活が楽になります。キッチン、リビング、寝室、バスルームなど、頻繁に使う場所が近くに配置されていると、移動が簡単になります。

たとえば、キッチンとダイニングが隣接していると、料理や食事の準備が楽です。また、玄関からリビングまでの道がまっすぐで障害物がないと、買い物から帰ってきたときに便利です。

さらに、子どもや高齢者が安全に移動できるよう、階段や段差が少ない設計にすることも大切です。

平屋を建てるポイント

平屋を建てるポイントは、ご自身の願望を明確にしておき、プロに形にしてもらうことです。具体的には以下のようなことを明確にしておきましょう。

  • ライフステージに合わせて使い勝手を検討する
  • 土地の大きさに合わせて部屋の大きさを絞る

HDC神戸には、住宅の新築について相談できる窓口が複数あります。お近くにお住まいの方は、一度平屋の相談に行ってみてはいかがでしょうか?

ライフステージに合わせて使い勝手を検討する

家を建てる際には、家族の人数や年齢、将来の変化に合わせた設計が重要です。

たとえば、小さな子どもがいる家庭では、広いリビングや遊び場を設けると便利です。子どもが成長するにつれて、プライベートな空間が必要になりますので、それを見越して部屋を配置することが大切です。

また、将来的に両親と同居する可能性がある場合には、バリアフリー設計を考慮しましょう。お年寄りが安心して過ごせるよう、段差をなくしたり、手すりを設置したりすることが求められます。

さらに、将来的に家族が増える場合や、子どもが独立する場合など、さまざまなライフステージに対応できる柔軟な間取りを考えると良いでしょう。

たとえば、リビングを中心にして各部屋がアクセスしやすい配置にすると、家族全員が快適に過ごせます。また、子ども部屋を一時的にプレイルームとして使用し、将来的に寝室や書斎に変更するなど、用途を変えられる設計もおすすめです。

土地の大きさに合わせて部屋の大きさを絞る

平屋を建てる際には、土地の広さに合わせて部屋の大きさや配置を計画することが重要です。広い土地を持っている場合は、大きなリビングや複数の寝室を設けられます。

しかし、限られた土地の場合は、必要最低限の部屋数やスペースを効率的に配置する工夫が必要です。

まず、家族がどのように生活するかを考え、必要な部屋の数や広さを決めましょう。たとえば、リビングを大きくして家族が集まるスペースを広げる一方で、寝室や書斎をコンパクトにすると、全体のバランスを取ることができます。

また、収納スペースを工夫して、無駄なスペースをなくすのも重要です。

土地が狭い場合、吹き抜けやロフトを設けると、視覚的な広がりを持たせることができて効果的です。さらに、窓を大きくすることで自然光を取り入れ、明るく開放感のある空間を実現できます。

このように、土地の特性に合わせた設計をすると、快適な平屋を作れます。

平屋が得意な工務店、リフォーム会社に相談する

平屋を建てる際には、経験豊富な専門家への相談が成功の鍵となります。平屋に特化した工務店やリフォーム会社は、適切なアドバイスや最新のアイデアを提供してくれます。専門家は平屋の設計や施工に慣れており、具体的なニーズに応じた最適なプランを提案してくれるでしょう。

専門家に相談することで、建築のプロセスがスムーズに進みます。

たとえば、土地の選び方や建築資材の選定、コスト管理など、細かい部分までサポートしてくれるでしょう。また、最新の建築トレンドや技術を取り入れると、より快適で機能的な平屋を実現できます。

平屋の施工に関する実績や口コミを確認し、信頼できる工務店やリフォーム会社を選びましょう。事前に複数の業者に相談して比較検討することも大切です。これにより、自分の理想に最も近い家を建てられます。

最後に、設計や施工の過程で気になる点や疑問があれば、遠慮せずに専門家に質問しましょう。納得いくまで相談することで、満足のいく平屋を建てられます。

HDC神戸には、住宅の新築について相談できる窓口が複数あり、一度に相見積もりが取れて便利です。HDC神戸、HDC大阪には住宅設備を取り扱う業者も複数あるため、お近くにお住まいの方は、一度相談に行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

平屋の間取りは、バリアフリー性と機能性が重要です。

この記事で紹介した成功例では、段差のない設計や広い廊下など、老後も安心して暮らせる工夫が随所に見られました。

また、自然光を取り入れた明るいリビングや、風通しの良い間取りが、快適な生活空間を作り出しています。収納スペースも充実させることで、整理整頓がしやすく、日常のストレスを軽減します。

さらに、動線をシンプルにすることで、家の中の移動が楽になり、掃除や家事の負担も軽減されます。

これらのポイントを押さえた平屋は、老後の生活を見すえた理想的な住まいと言えるでしょう。これから平屋を建てる際には、ぜひこの記事を参考にして、長く快適に暮らせる家づくりを目指してください。

こちらの記事もお役立てください

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集