?

ヌックとは?後悔せずにうまく取り入れるポイントをメリット・デメリットとともに紹介

この人に聞きました菊地重信

一級建築士、一級建築施工管理技士他様々な建築系資格を取得。ゼネコンで様々な業務を経験しながら一級建築士試験で苦労した経験を活かし、一級建築士試験を攻略するブログを運営。建設を学ぶ専門サイトの立ち上げ経験もあり。サッカーとお笑いが好き。フットサルとギターを嗜む。著書「学び直しの一級建築士」

 

家の中に小さなくつろぎのスペースを作る「ヌック」は、個人の趣味や作業にぴったりな場所です。この特別なスペースを家に取り入れることで、毎日の生活がもっと快適に、楽しくなります。しかし、ヌックを設置する際には、いくつか注意すべき点もあります。

この記事では、ヌックの基本的な概念から、そのメリットとデメリット、そして後悔しないためのポイントまでをわかりやすく解説します。ヌックを上手に取り入れて、家の中のお気に入りの場所を作りましょう。

ヌックとは

ヌックとは「居心地のいいこじんまりとした場所」という意味を持ち、家の中にある小さなスペースや隅のことを指します。この言葉は、特に家の中の少し隔離された、プライベートな場所を作り出すために使われます。

たとえば、読書をしたり、勉強をしたりするための小さなコーナーや、寝転んでリラックスできるような窓際のスペースなどがヌックにあたります。

ヌックと小上がりの違い

ヌックと小上がりはどちらも家の中の特定のスペースですが、その使い方や形が異なります。小上がりは床が周囲よりも少し高くなっている場所を指し、主に日本の戸建て住宅で見られます。畳を敷いた和室の一角で、リビングエリアよりも少し高い位置に設けられることが多いです。

一方ヌックは、先ほど述べたとおり特定の活動をするための小さな隅やスペースのことですので、高さは関係ありません。ヌックは、家の設計においてリラックスしたり集中したりするための、プライベートな空間を提供することが目的です。

つまり、小上がりは高さに特徴があり、ヌックは隔離された空間に特徴があります。どちらも家の中で大切な役割を果たし、住み心地を良くするために利用されます。

他にも、ヌックと似たような言葉にDEN(デン)や書斎があります。

DENは家の中で趣味や娯楽、時には仕事をするための部屋のことを言います。英語圏の家庭でよく見られるこのスペースは、テレビゲームをしたり、映画を見たり、音楽を楽しんだりするために使われます。また、家庭内のオフィスとしても機能することが多く、デスクや書類棚などが置かれる場合もあります。

書斎は主に仕事や勉強をするために使われる部屋です。デスクや書棚があり、文房具や書籍、パソコンなどが整然と配置されています。書斎は集中して作業をするための空間であり、通常は家の中でも静かな場所に設けられます。

ヌックの使い方

ヌックの設置は、家の中の小さな隅やデッドスペースを活用する素晴らしい方法です。ここでは、異なるタイプのヌックとその使い方を紹介します。

読書スペース・リーディングヌック

読書スペース・リーディングヌックは、本を読むために特別に設計された快適な場所です。このスペースには、柔らかい座り心地のいい椅子やクッション、足を伸ばすためのオットマン(足乗せ用ソファ)があります。

読書灯や小さな棚を設けて、読みたい本をすぐ手に取れるようにすると便利です。窓際に設けると自然光を利用でき、さらに心地よい読書タイムを過ごせます。

オフィススペース・書斎ヌック

オフィススペースや書斎ヌックは、家での仕事や勉強に最適な場所です。必要なのは、快適な椅子と適切な大きさのデスク、そして十分な照明です。壁には掲示板や棚を設置して、大事なメモや資料を整理しやすくします。

コンパクトながらも機能的なこのスペースは、限られた場所でも集中して作業を進めるのに役立ちます。

リラックスエリア・ベンチヌック

リラックスエリアやベンチヌックは、家の中でのんびりとリラックスするためのスペースです。柔らかいクッションが置かれた長いベンチや、小さなテーブルが特徴です。

ここでは、一日の終わりにコーヒーやお茶を飲みながらくつろぐことができます。窓際に設ければ、外の景色を楽しみながらリフレッシュもできます。

趣味のゾーン・多目的ヌック

趣味のゾーンや多目的ヌックは、特定の趣味や活動に専念するためのスペースです。手芸、絵画、模型作りなど、どんな趣味にも対応できるように作業台や収納スペースを備えるとベストです。

このヌックがあれば、創造力やインスピレーションが湧き、趣味を思い切り楽しむことができるでしょう。

お子さんの居場所・キッズヌック

お子さんの居場所やキッズヌックは、子どもたちが安全で楽しく過ごせるようにデザインされたスペースです。

子どものサイズに合わせた家具や、おもちゃや絵本を収納できる棚が必要です。色彩豊かで刺激的なデザインを取り入れることで、子供たちの想像力や創造力を育むことができます。

キッズヌックは、子供たちが自分だけの特別な場所として大切にすることでしょう。

ヌックのメリット

ヌックを設けることにはいくつかの大きなメリットがあります。これらは家の中のスペースをより効果的に使う方法として、また、居心地の良い生活環境を作り出すために役立ちます。

デッドスペースを活用できて空間効率が上がる

ヌックは通常、使われていない小さなスペースや隅を活用することで、家全体の空間効率を向上させます

たとえば、階段の下や廊下の終わりなど、普段は何も置かれていないような場所にヌックを作ることができます。これにより、それまで無駄に思えたスペースが、有効に使われるようになります。

用途が限定されることでメリハリのある空間になる

ヌックは特定の活動に特化して設計されることが多いため、家の中に明確な機能を持った区画を生み出します。

たとえば、リーディングヌックは読書専用の場所として、またオフィスヌックは仕事に集中するための空間として使われます。これにより、それぞれの活動に最適な環境が提供され、家全体にメリハリのある使い分けが可能です。

手軽にプライベートな空間を実現できる

家族が多い家庭では、個々のプライバシーを確保することが難しい場合がありますが、ヌックを作ることで手軽にプライベートな空間を作り出すことができます。

ヌックは小さなスペースであっても、カーテン一つで仕切ることができるため、個人の落ち着ける場所を確保できます。これにより、自分だけの時間を大切にすることが可能です。

ヌックを設置するデメリット

ヌックは多くのメリットを提供しますが、それを設置する際にはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。ここでは、ヌックを設置する際の主なデメリットを説明します。

ヌックを設置するのに費用がかかる

ヌックを設計して作るためには、費用が発生します。特に、壁を建てたり、床を高くしたり、照明や家具を追加したりする必要がある場合、そのコストは高くなることがあるでしょう。また、専門の職人に依頼する場合、その工賃もプラスされます。

費用は、ヌックのサイズやデザイン、使用する材料によって大きく異なるため、ヌックの設置を考え始める時に、予算をしっかりと考えることが大切です。

他のスペースを圧迫して狭くなる

ヌックを設けるためには、既存のスペースの一部を利用することが必要です。これが原因で、他の部屋やエリアが狭く感じられることがあります。特に小さな住宅では、一つのヌックを作るだけで全体の居住空間に影響が出ることが考えられます。

利用できるスペースが限られている場合には、ヌックを設置することで全体の快適さが損なわれる可能性があるため、設計時にはスペースの使い方を慎重に検討する必要があります。

ヌックを設置して後悔したことと後悔しないためのポイント

ヌックを家に取り入れるときには、その便利さや魅力に惹かれがちですが、計画不足や設計ミスにより後悔することもあります。以下にいくつかの一般的な後悔例と、それを防ぐためのポイントを紹介します。

エアコンのないところにヌックを設置して使わなくなった

快適に過ごすためには、温度管理が重要です。エアコンがない場所にヌックを設置すると、夏は暑すぎて、冬は寒すぎて使いたくなくなることがあります。

後悔しないためには、ヌックを設置する場所が年間を通じて快適に過ごせるかどうかを事前に考慮することが重要です。

なぜ温度管理が重要なのか

人は温度が快適でない場所ではリラックスすることが難しく、長時間過ごすことを避けがちです。特に読書や勉強、仕事などの集中を要する活動には、適切な室温が必要です。

また、エアコンや適切な暖房がないと、季節によっては特に夏の暑い時期や冬の寒い時期にヌックを利用するのが難しくなります。これにより、設置したにもかかわらず一年の大部分で使用されない可能性があります。

夏と冬は特に注意が必要

エアコンのない場所では、夏場に室温が非常に高くなることがあります。特に窓際や日当たりの良い場所にヌックを設置した場合、温度が上昇しやすく、過ごすには不になります。

冬場は、暖房がない場所では室温が低く、寒さが厳しく感じられます。特に書斎やリーディングヌックなど静かでじっとしている活動の場合、寒さが集中力や快適性を大きく低下させる原因となります。

解決策

ヌックを設置する際には、既存のエアコンシステムを拡張するか、小型のエアコンや暖房器具を設置することを検討してください。

また、窓や壁に断熱材を追加することで、夏は冷気を保ち、冬は暖かい空気を逃がさないようにすることができます。直射日光を避けるために、遮光カーテンやブラインドを利用することも効果的です。

仕切りすぎで狭くて圧迫感が強くなった

ヌックを設ける際に、細かくエリアを区切りすぎると狭いスペースとなってしまい、圧迫感を感じる場合があります。空間を有効活用するためには、仕切りを最小限に留め、開放感を保つことが大切です。

仕切れば良いという話ではない

多くの仕切りを設けると、実際のスペース以上に狭く感じられる場合があります。特に小さな家やマンションでは、限られた空間内での仕切りが余計に場所を取り、動きにくくなることがあるでしょう。

高い仕切りや壁が多いと、視覚的に圧迫感を感じるようになります。これは特に天井が低い場合に顕著で、閉塞感を感じさせる原因となります。また、仕切りが多いと空気の流れが妨げられ、換気が不十分になりがちです。これは、特に暑い日や湿度が高い日に不快感を増す原因となります。

緩やかに仕切る

全てのスペースを完全に仕切るのではなく、必要な部分だけに仕切りを設けることを検討してください。たとえば、低い家具やガラスのパーティションを使用すると、空間を分けつつも開放感を保てます。

透明または半透明の素材を使用したり、開けたまま固定できるような仕切りを選ぶことで、視覚的な広がりを保ちつつ、目的の区分けができます。また、明るい色や適切な照明を用いることで、圧迫感を軽減できます

広くしすぎて開放感がありすぎた

逆に、ヌックが広すぎると、その特有の「おこもり感」が失われ、目的とする集中力やリラックス感が得られないことがあります。ヌックのサイズは用途に応じて適切に設計することが必要です。

プライバシーが確保しにくいと集中力が低下する

ヌックの目的はプライベートな空間を提供することにありますが、スペースが広すぎると周囲から見えやすくなり、プライバシーが確保しにくくなります。ヌックが開放的すぎると、周囲の雑音や活動に気が散りやすくなり、作業や読書などに集中するのが難しくなるでしょう。

用途に合わせてサイズを決めて仕切る

ヌックのサイズはその用途に合わせて決めることが重要です。たとえば、リーディングヌックであれば快適な椅子と小さなテーブルが収まる程度の広さが理想的です。必要以上に広いスペースは避け、その活動に必要な要素だけを含むようにします。

広いスペースをもとにヌックを作る場合は、パーティションやカーテンを利用して視覚的にも物理的にも区分を設けることが有効です。これにより、必要なプライバシーを提供しつつ、空間を適切に仕切れます。

デザインの確認不足でおこもり感が減った

ヌックの魅力の一つは、プライベートで落ち着ける空間を提供することです。

デザインが周囲と調和していない、またはあまりにもシンプルすぎる場合、期待した快適さやプライバシーが確保できないことがあります。デザインを事前にしっかりと計画し、仕上がりをイメージしておくことが大切です。

色や素材、照明が居心地の良さを作る

色は空間の雰囲気に大きく影響します。明るすぎる色やあまりにも冷たい色は、温かみのあるおこもり感を損なう場合があります。また、合成素材や冷たく感じる金属など、柔らかさや温かみが不足している材料を使うと、居心地の良い感じが減少するでしょう。

適切な照明はおこもり感を作り出す上で重要です。明るすぎると落ち着きがなく、暗すぎると不便で使いづらくなります。ヌックのデザインが周囲の空間と調和していない場合、切り離されて不自然に感じられることがあります。

温かみのある色調で統一し、柔らかい素材を選ぶ

ヌックには温かみのある色調を選び、柔らかな感触の壁紙や塗装を適用することを検討してください。アースカラー(茶色、ベージュ、暗い緑や青など)が特に効果的です。

木材や布地、柔らかい素材の家具を選ぶことで、温もりと居心地の良さを高められます。ラグやクッションもおこもり感を強化します。また、間接照明や調光可能なライトを使用することで、空間の雰囲気を柔らかくし、適度な明るさを保てます。読書灯や壁掛けの照明も良い選択です。

休んでいる時間がなくて使わなかった

忙しい日常の中でヌックを活用する時間が確保できない場合、せっかくのスペースが無駄になることがあります。ヌックを設置する前に、実際にどの程度使用するかを考え、必要なスペースかどうかを検討することが重要です。

ライフスタイルとの不一致は問題

ヌックを設けたものの、日常生活が忙しくてそこで時間を過ごす余裕がない場合、ヌックはほとんど使用されなくなります。特に、仕事や家庭の責任が重い人々にとっては、自宅でリラックスするための特別な場所が必要だと感じていても、実際にはヌックを利用する時間がほとんどありません。

ヌックが日常的に使われない場合、そのスペースはただの飾りや無駄な部分となりがちです。これは家全体の効率を下げ、場合によってはそのスペースを他の目的に再利用するべきかという疑問を引き起こします。

まずはライフスタイルを分析する

ヌックを設計する前に、自分のライフスタイルをしっかりと分析し、実際にどれだけの時間をその空間で過ごせるかを考えることが重要です。これにより、ヌックが日々の生活に実際に役立つかどうかを検討できます。

ライフスタイルに組み込めばヌックが使いやすくなる

ヌックを多目的に使用できるように設計することで、その利用機会を増やすことができます。たとえば、リーディングヌック兼テレワークスペースとして使用するなど、複数の目的に合った使い方を計画することが有効です。

ヌックを使うための時間を意識的にスケジュールに組み込むことも有効です。たとえば、週に一度、特定の時間を「ヌックタイム」として設定し、その時間は何があってもそのスペースで過ごすようにします。

ヌックの位置を家の中でよりアクセスしやすい、または自然と人が集まる場所に設定することで、使用頻度を増やすことが可能です。

ヌックを取り入れるなら目的をしっかり決める

後悔を避けるために最も重要なのは、ヌックを設置する目的を明確にすることです。リーディングスペース、作業スペース、リラックススペースなど、具体的な用途を決めておくことで、設計や装飾をその目的に合わせて行うことができます。

明確な目的があれば、ヌックを最大限に活用することができ、日々の生活に役立つようになります。

なぜ目的を明確にすることが重要か

目的に合わせてヌックを設計することで、必要な家具やアクセサリーを選びやすくなります。たとえば、読書スペースであれば、快適な座り心地の椅子や十分な照明、本を置くための棚が必要です。

目的に基づいてヌックの大きさや形状を計画することで、スペースを無駄なく利用可能です。これにより、家全体の空間効率も向上します。また、目的が明確であれば、不必要な装飾や機能にお金を使うことなく、最も重要な部分に予算を集中できます

誰がいつ使用するのかによって位置も形も変わる

家族全員のニーズを考慮して、どのような目的でヌックを使用するかを決めます。子供がいれば遊び場や学習スペースとして、大人であれば仕事や趣味の場所としての使用が考えられます。

ヌックの位置も目的によって最適な場所が変わってきます。たとえば、静かな読書スペースであれば家の隅の静かな場所、家族で映画を楽しむためのスペースであればリビングルームの近くが適しているかもしれません。

ヌックをどれくらいの頻度で、どの時間帯に主に使用するかを考えることも重要です。これにより、照明や断熱材の必要性を判断できます。

目的を明確にできない場合は変更できるようにしておく

ヌックの目的を決める際には、将来的にその目的が変更される可能性も考慮に入れると良いでしょう。多目的に使える設計を心掛けることで、長期的にそのスペースを活用することができます。

まとめ

ヌックは、家の中の小さなスペースを特別な用途に使うために設ける場所です。たとえば、読書や趣味、リラックスするためのコーナーや、勉強や仕事のための小さなオフィススペースとして利用されます。

このようなヌックは、家の中で自分だけの特別な場所を持つことができ、日常生活に彩りと機能性を加えることができます

メリット

  • 空間効率の向上:使っていない隅やスペースを有効活用することで、部屋全体の使い勝手が良くなります。
  • プライベート空間の確保:自分だけのプライベートな時間を過ごせる小さな隠れ家を持てます。
  • 機能的な分離:趣味や勉強など、特定の活動専用の場所を作ることで、他の生活空間とメリハリをつけられます。

デメリット

  • コスト:ヌックを作るためには、建築費用や内装費用がかかります。
  • スペースの圧迫:間違った計画では、部屋が狭く感じられることがあります。

後悔しないためのポイント

  • 明確な目的を持つ:ヌックを設置する前に、その目的をはっきりさせましょう。何に使うかを考えて、必要な家具や設備を整えます。
  • 適切な場所選び:家の中でどの場所が最適かを慎重に選び、日光が得られる場所や静かな場所を選ぶことが大切です。
  • 予算の管理:費用を抑えるためにも、シンプルな設計で始めてみることも一つの方法です。

ヌックをうまく取り入れることで、毎日の生活がより快適で充実したものになります。計画をしっかり立てて、自分のライフスタイルに合ったヌックを実現しましょう。

こちらの記事もお役立てください

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集