?

意外と困る…『帽子の収納』型崩れせず片付けられるナイスアイデア12個をご紹介!


この人に聞きましたmashley

インテリア家具コンシェルジュ 最適な家具を提案する家具コンシェルジュでさまざまな媒体にインテリア・ライフスタイル記事を寄稿するライター。ブログ「北欧ミッドセンチュリーの家づくり」ではデザインの小話や家づくり・暮らしに役立つ情報を発信中。椅子コレクターで、現在26脚の椅子とともに楽しく暮らす。最近空き家付きの山林を購入し、セルフリノベーションやアウトドアも満喫中。

帽子は意外と収納に悩むアイテムですが、ポイントをおさえることで型崩れせず綺麗に収納できます。本記事では、帽子の基本的な収納方法や型崩れしない収納のポイント、便利でおしゃれな収納アイデアまでたっぷりと紹介します。帽子収納を見直したい方はぜひ参考にしてくださいね。

帽子の収納が難しいのはなぜ?

家の中には洋服やタオルなど収納すべきアイテムが数多くありますが、なぜ帽子収納が難しく感じるのでしょうか。

帽子のサイズや形状がさまざまでスペースを圧迫する

帽子には、キャップやバケットハット、ハンチング、ニット帽などさまざまな種類があり、形やサイズがアイテムによって違います。所有する帽子の種類が多いほどコンパクトにまとめることが困難で、クローゼットの中や部屋の収納スペースを圧迫してしまいます。

収納方法次第で簡単に型崩れする

型崩れ防止を考えなくてはいけないことも、帽子収納が難しい理由になります。複数の帽子を重ねると収納スペースを効率よく使えますが、ハットやキャップなど形状が違う帽子を1箇所に重ねて保管すると、簡単に型崩れして着用したいときに困ってしまうでしょう。

帽子の基本的な収納方法

帽子の基本的な収納方法は、大まかに分けると4つです。ここからは、帽子の具体的な収納方法とどのような場合に役立つ収納なのかを紹介します。

方法①かける収納

投稿者:asasa0509

かける収納は壁面に引っかける部分を作っておき、そこに収納する方法です。帽子を重ねずに収納できるため、型崩れを防げます。また、帽子のかけ方を工夫すると、おしゃれな見せる収納になる点もメリットです。ただし、帽子を大量にかけると使いにくくなるので注意しましょう。

かける収納方法がおすすめのパターン

かける収納は取り出しやすいことがメリットで、基本的に普段使いの帽子の収納におすすめです。子どもの帽子収納にもぴったりで、簡単に位置を把握できるため片付けやすくなりますよ。かける帽子の種類は、形が不安定なニット帽よりもハットやキャップなどが向いているでしょう。

方法②吊り下げ収納

投稿者:rinko5511

吊り下げ収納はかける収納とはことなり、クリップやS字フックなどの便利アイテムを活用してぶら下げる方法です。かける収納と似ていますが、壁面ではなくバーや紐などに下げて収納します。画像のように突っ張り棒を活用すると、帽子収納を好きな場所へ簡単に設置可能です。

吊り下げ収納方法がおすすめのパターン

吊り下げ収納は、玄関のディスプレイ収納からクローゼットの保管収納まで、幅広いパターンで活用できます。おすすめの帽子の種類はキャップです。ニット帽やハットも収納できますが、吊るす場合は一部に力がかかるため長期間そのままにすると型崩れする恐れがあるので注意しましょう。

方法③置く収納

設置スペースによって役割が変わるのが、置く収納です。棚の上に置くとおしゃれな飾りになり、クローゼットに複数の帽子を重ねて置くと効率的な収納になります。ただし、帽子の数が多いと見栄えが悪くなり、大量に重ねると型崩れしやすいので気をつけましょう。

置く収納方法がおすすめのパターン

見える位置に置く場合は、スペースに余裕があってインテリアのアクセントが欲しいときにおすすめです。部屋に合うデザインの帽子を飾ると、統一感を出せますよ。クローゼットの棚に重ね置きする際は、型崩れを防ぐためにできるだけ同じ種類の帽子を重ねましょう。

方法④しまう収納

しまう収納とは、ケースや帽子箱、かごなどのアイテムを使って帽子を保管する収納方法です。蓋付きの帽子箱やケースを活用すると、型崩れだけでなくホコリも防げます。

ただし、箱やケースに入れるとスペースが圧迫されるのでクローゼットなどで、しまう収納をする際は帽子の種類を限定するとよいでしょう。

しまう収納方法がおすすめのパターン

箱やケースに入れてクローゼットにしまい込むため、基本的にはシーズンオフの帽子の保管におすすめです。購入時にいただいた専用帽子ケースがある場合は、そちらを活用しましょう。

かごに収納する場合は、普段使いの帽子収納も可能で、折り畳めるタイプの帽子を入れて玄関などに設置できます。

 

 

型崩れせず綺麗に片付く帽子収納のポイント

ここからは、帽子収納が難しい理由や基本的な帽子収納の方法を踏まえて、型崩れせず清潔で綺麗に片付く収納のポイントを見ていきましょう。2つのポイントと注意点や収納を成功させるヒントをまとめたので、参考にしてください。

ポイント①普段使いとシーズンオフの収納方法を区別する

まず、普段使いの帽子とシーズンオフの帽子を、明確に区別して収納するのがポイントです。たくさんの帽子が表に出ているとスペースをとってしまいます。

普段使いの帽子は、かける収納で見えやすいところに収納し、シーズンオフの帽子はしまっておくなど使用頻度別に分けて定位置収納を作りましょう。

箱やケースに収納する前はお手入れをお忘れなく

シーズンオフの帽子は、ケースに入れる前にお手入れをしましょう。汗汚れや泥汚れの放置は、シミや害虫発生の原因となります。帽子のタグや購入したお店でお手入れ方法を確認し、綺麗な状態にしてからケースに保管しましょう。必要であれば、クリーニングの利用もおすすめです。

プラスチックケースに収納する時の注意点

投稿者:sacchan00home

プラスチック製のケースは、形状が安定して帽子の型崩れを防ぐのに便利です。ただし、通気性が悪いため、帽子収納に使う場合は風通しをよくしましょう。例えば、画像のようにケースの左右や上に隙間を設けておくと、通気性を確保できてキャップの出し入れにも便利です。

ポイント②帽子の形状に合わせて収納方法を工夫する

型崩れを防ぐためには、帽子の形状に合った収納が大切です。例えば、画像の右の棚の上から2段目には、ベレー帽とハットを分けて収納しています。ベレー帽は崩れやすい形状をしているため、ハットの上にベレー帽を重ねるとベレー帽が型崩れする可能性があります。このように帽子の形状に合わせて正しい収納方法を考えて、種類分けすることで形を保つことが大切なのです。

ハットのケース保管は厚紙×詰め物を活用しよう

ハットのケース保管に、厚紙×詰め物を活用して型崩れを防ぎましょう。まず、上の画像のように厚紙を筒状にしてホチキスで留め、帽子を入れます。厚紙がない場合、空き箱を解体して代用してください。その後、新聞紙や薄紙などを丸めて帽子の中に詰め、ケースにセットしましょう。

キャップは通気性を確保して保管しよう

キャップは、他の帽子に比べて型崩れしにくく、扱いが簡単で普段使いに便利です。しかし、着用頻度が多くなるほど汗が溜まって不衛生になります。そのため、普段使いするキャップは風通しのよいスペースに収納し、長期保管する場合もお手入れ後にしっかりと湿気を飛ばしましょう。

 

 

場所別に見る帽子収納の12のアイデア

ここからは、秀逸な帽子収納アイデアを実例で見ていきましょう。スペースを有効活用したり便利アイテムを使用したりと、おしゃれなアイデアをたっぷりと紹介します。収納場所を玄関・クローゼット・居室に分けているので、ぜひ参考にして取り入れてみてくださいね。

玄関の帽子収納アイデア4選

まず、玄関の帽子収納アイデアです。玄関では、出し入れに便利なかける収納や吊り下げ収納、置く収納を活用して普段使いの帽子を収納しましょう。玄関の帽子収納はディスプレイにもなるため、インテリアとの相性や飾り方を意識して収納するとおしゃれになります。

①インテリアに調和するおしゃれなかける収納アイデア

投稿者:0302hiromi

こちらは、木製のウォールハンガーを使用したかける収納アイデアです。ハンギングプランツを帽子と一緒に飾ることで、インテリア性を高めています。帽子のカラーがシャビーなナチュラルインテリアとマッチし、ディスプレイとしておしゃれな収納方法になっていますね。

②壁面シェルフにお出かけアイテムをまとめるアイデア

投稿者:ehami123

こちらの玄関では、帽子やバッグ、コートをまとめて収納できる便利な壁面シェルフをDIYしています。お出かけアイテムがまとまっていると、外出の準備や帰宅時の片付けが簡単です。また、帽子の数を絞って重ねずに収納しているため、さっと取り出せるようになっています。

③大型有孔ボードを活用して収納するアイデア

投稿者:ma.home___

帽子以外のアイテムもまとめて収納する場合は、画像のように大型有孔ボードを使うのもおすすめです。ヘルメットやコート、バッグ、時計などをまとめて壁に収納することで、玄関スペースを有効活用できます。フックの位置を変えると収納レイアウトを変更できるのも便利です。

④流木でDIYしたおしゃれな吊り下げ収納アイデア

投稿者:punmaiko

帽子の吊り下げ収納には、バーや突っ張り棒などのアイテムを活用しますが、工夫すると他のアイテムも使えます。例えば、こちらの玄関のように流木とロープを組み合わせてキャップの吊り下げ収納をDIYすると、玄関におしゃれなディスプレイスペースができますよ。

クローゼットの帽子収納アイデア4選

クローゼットの帽子収納は、基本的に保管目的です。長期保管の場合、先述したように箱やケースを使う収納がおすすめですが、ここでは気軽に収納できてスペースを圧迫しない4つのアイデアを紹介します。

①壁面フック収納でスペースを効率よく使うアイデア

投稿者:sea_green_sky

クローゼットのハンガーパイプや棚に帽子収納用のスペースがない場合は、壁面を活用しましょう。こちらのクローゼットでは、フックを使って壁に帽子の縦並び収納を設置し、空間を有効活用しています。1つずつかける収納にすることでハットが重ならず、型崩れを防げて便利です。

②クリップ型フックを活用して吊り下げるアイデア

投稿者:yukaaaaa0515

クローゼット内で通気性を確保しながらキャップを収納したい場合、画像のようなクリップ型フックを使ってみましょう。帽子をはさんでバーに吊り下げると、風通しをよくしながら収納できます。また、多くの帽子を省スペースで収納できる点も便利です。

③吊り下げ収納グッズを活用するアイデア

投稿者:usagi.works

異なる形状の帽子を型崩れしないように収納したい場合、画像のような吊り下げ収納アイテムをおすすめします。クローゼットのハンガーパイプやハンガーラックなどに取り付けると、棚に帽子を1つずつ置いたりケースに入れたりするよりも省スペースで収納できて便利です。

④扉のワイヤーネット収納で空間を有効活用するアイデア

投稿者:_cocoti_

クローゼットの棚や壁に帽子用の収納スペースを設置するのが難しい場合、クローゼットの扉を利用しましょう。実例のように、ワイヤーネットを設置すると帽子のかける収納が完成します。型崩れを防げるだけでなく、クローゼット内の空間を有効活用できて便利です。

リビングや子ども部屋の帽子収納アイデア4選

リビングや子ども部屋に帽子収納を設置すると、部屋のアクセントとして楽しめます。この場合、インテリアとの調和やディスプレイ方法を意識して収納しましょう。ここからは、思わず真似したくなるほどおしゃれな4つの帽子収納アイデアを紹介します。

①ラダーラックに吊るすおしゃれな収納アイデア

投稿者:tomooo.25

壁に立てかけるだけで吊り下げ収納になるラダーラックは、インテリア性の高いおしゃれな収納アイテムです。リビングや子ども部屋に設置して帽子を収納すると、部屋のアクセントになります。ディスプレイが綺麗に見えるように、収納する帽子を厳選して少なくするのがポイントです。

②ラダーラックを活用したショップ風の収納アイデア

投稿者:asamiiimasa

ラダーラックは、壁に立てかけるだけでなく吊り下げて使うことも可能です。天井から吊って上に帽子を置くと、ショップのようにおしゃれな収納が完成します。ラダーラックと他の家具のデザインや質感を揃えると、調和のとれたインテリアになりますよ。

③ワイヤーシェルフを活用したおしゃれな収納アイデア

投稿者:marukooo29

帽子好きな方には、リビングの目立つ位置に飾る収納方法がおすすめです。例えば、このリビングではテレビの上にワイヤーシェルフを設置し、フックを取り付けて複数の帽子を吊るしています。スポーティーな帽子がアウトドア用品や植物と調和した、おしゃれなインテリアです。

④帽子と小物をまとめて有孔ボードに飾るアイデア

投稿者:xsayo.x

実例のように、カメラや時計などお気に入りのアイテムと一緒に飾り、おしゃれなインテリアを楽しみましょう。有孔ボードであれば気分に合わせて位置を変えられるので、模様替えにも便利です。

収納方法を工夫してお気に入りの帽子を長持ちさせよう

帽子は収納が難しいアイテムですが、形状や使用頻度を考慮して工夫すると便利で型崩れしない収納が作れます。適切に収納することで、お気に入りの帽子を長持ちさせられるでしょう。収納見直しの際は、ぜひ今回紹介したアイデアを参考にしてくださいね。 

 

 

 

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集