ホワイトデーに贈るお返しの意味は?選び方やおすすめのプレゼントも – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

ホワイトデーに贈るお返しの意味は?選び方やおすすめのプレゼントも

ホワイトデーのお返しには、品物によって意味があることをご存じですか?それぞれの意味を知っておけば、花言葉のようにさりげないメッセージを込めることができるでしょう。お返しの意味を踏まえたプレゼントの選び方や、おすすめの品を紹介します。

ホワイトデーの名前の由来や起源

ホワイトデーは、バレンタインデーのお返しに『男性が女性に贈り物をする日』として知られています。そんなホワイトデーの由来と各国の特徴を見ていきましょう。

純愛をイメージさせるホワイト

バレンタインデーは、バレンタイン司祭という人物に由来しています。

バレンタイン司祭はローマ時代に結婚を禁じられた兵士たちを哀れみ、兵士とその恋人の結婚を手助けした罪で、2月14日に処刑されました。その死を悼んだローマのカップルたちが、3月14日に永遠の愛を誓い合ったという説が由来となっているようです。

また、1980年頃に日本のさまざまなお菓子メーカーがバレンタインデーのお返しとしてキャンペーンを行ったのがきっかけとする説もあります。ホワイトデーという名前は、そのキャンペーンの際に『純愛』や『10代の若者のさわやかな愛』をイメージして付けられたそうです。

ホワイトデーは日本が発祥

ホワイトデーの習慣は日本のお菓子業界から広まったという話ですが、どの店が最初に始めたかにも諸説あります。

まず、マシュマロ菓子で有名な石村萬盛堂が1978年の3月14日から始めた『マシュマロデー』が始まりという説があります。また同年6月に、全国飴菓子業協同組合がホワイトデーを3月14日に定め『キャンデーの日』とした説も有力です。

不二家が由来という説もあります。マシュマロを作っていたエイワと組んで、不二家がバレンタインデーのお返しにマシュマロを贈る『メルシーバレンタインキャンペーン』を3月14日企画販売したのがきっかけだそうです。

アジアに広まったホワイトデー

日本から始まったホワイトデーは欧米ではあまり一般的ではないものの、中国や韓国・台湾などの国には広まっているそうです。

韓国のホワイトデーは、日本と同じように男性が女性にバレンタインデーのお返しをする日とされています。独特なのは、プレゼントを『大きくて派手なバスケットに詰めること』です。

中国のホワイトデーは『白色情人節』ともいわれ、相手は恋人や妻など特別なパートナー限定で、一緒に食事やデートを楽しむカップルも多いといいます。

台湾のホワイトデーは、恋人同士でプレゼントし合う日として若者の間に流行り始めたそうで、中高年の認知度はあまり高くないようです。

お返しするプレゼント選びのポイント

(出典) pexels.com

「お返しはどのくらいの金額なら失礼にならないんだろう」「何を贈ればいいのか分からない」と困っていませんか?プレゼント選びは楽しさもありますが、悩みの種にもなってしまうものです。ここではお返しとして適切な価格と内容をお伝えします。

相手との関係に合った金額設定にする

お返し用プレゼントの金額は、気持ちよく受け取ってもらえる金額に設定することが大切です。友人や職場への義理なら、もらったのと同じか少し高いくらいの金額が適切とされています。

恋人やパートナーへのお返しは、バレンタインにもらった品の2~3倍が相場といわれていますが、目安としては5000円ぐらいが標準のようです。あまり高額だと逆に相手を困らせてしまうので注意しましょう。

相手の好きなものを贈る

バリエーションの多いホワイトデーの贈り物ですが、基本的にどんな関係性でも相手の好みに合ったプレゼントなら喜ばれます。友達や義理のお返しならば形に残らない方がお互いに気楽です。

定番は年齢に関係なく女性に好まれやすいお菓子、消費系のアロマや保湿クリーム、入浴剤なども素敵な商品がたくさんあります。人によっては苦手な食べ物やアレルギーがあるのでチェックしておきたいポイントです。

恋人なら普段の言動や身に着けているものから好みを予測することもできます。記念になるようなものや、特別な思いが感じられるプレゼントも嬉しくなるプレゼントです。

ホワイトデーのお菓子の意味

(出典) pexels.com

バレンタインデーのお返しとして一番メジャーなのはお菓子です。クッキーやキャンデーなど、珍しくないお菓子にも意外な意味があってびっくりするかもしれません。それではお菓子ごとに込められたメッセージを説明していきます。

クッキー

クッキーの意味は「お友達でいよう」です。サクサクした軽いお菓子だから軽い関係、恋愛感情のようにしっとりしていないからあっさりした関係と、食感が由来になっています。

たくさんの中の一つだから特別な感情はないとか、どこにでも売っていて無難なお菓子なので、プレゼント選びに悩まない気軽な関係というイメージもあるようです。

本命チョコを送ってきた相手へのお返しなら、やんわりと断るニュアンスを持たせられます。友達相手なら「これからも仲良くしてね」というメッセージになります。

マカロン

マカロンの意味は「あなたは特別」です。恋愛的なことに限らず、特に仲の良い友達や信頼できる同僚として大切に思っているという意味にもなります。

今でこそメジャーになってきましたが、元はパティスリーで売っている特別なお菓子であり、他のお菓子に比べて値段が高めなのが由来です。

渡す際には、相手との関係性を踏まえた上で誤解が生じないように注意しましょう。以前から好きだった相手に贈るなら、関係が一歩前進するきっかけになるかもしれません。

キャンデー

キャンデーの意味は「あなたが好き」です。マカロン以上のストレートな好意を伝えるメッセージになります。

なめるのに時間がかかり、味が残りやすいことから「長続きする愛」が連想されるようです。固い性質から「関係が壊れにくい」という意味合いもあります。

本命に向けて遠回しに好意を伝えたいときや、パートナーに改めて好意を示すために贈るのならうってつけです。味ごとに細かい意味があるものの、悪い意味はありません。

キャラメル

キャラメルの意味は「あなたの側は安心できる」です。キャラメル特有のミルキーな優しい甘さや、ゆっくり溶けていく様子が安心感を連想させるようです。

特に高いお菓子ではありませんが、たとえばホワイトデー限定の商品や、個包装のものにかわいいラッピングをすれば喜ばれるでしょう。生クリームが多めの生キャラメルは、普通のキャラメルより口どけがよく、ちょっと高級感があるのでおすすめです。

恋愛感情というより軽いニュアンスの好意になるので、親しい女友達などに贈るのが向いています。

お返しのプレゼントの意味も紹介

(出典) pexels.com

もし高級でおしゃれだからという理由だけで香水やアクセサリーを選ぼうとしているなら、ちょっと考え直した方がよさそうです。香水やアクセサリーにはセクシュアルな意味が強いので贈る相手を選ぶからです。お菓子以外のプレゼントの意味を紹介します。

ソックス

ソックスの意味は「あなたは心許せる相手」です。身に着けるものを贈るのは束縛を暗示するといわれますが、靴下は日用品であることと価格的にも相手の負担にならないことから、もっと軽めの意味になります。

靴下の仲間であるストッキングは、セクシュアルな意味合いをもっているので恋愛感情のない相手に贈ると誤解の元になりかねません。また「踏みつける」「見下す」という意味もあるとされるので、目上の人に贈るのは避けた方がいいでしょう。

香水

香水の意味はズバリ「あなたと親密な関係になりたい」です。香水をプレゼントする行為は、フランス文化において「あなたを独占したい」という意味になるそうです。

単に身に着けるだけでなく体臭と混ざり合うことから、かなりセクシュアルなイメージが強く刺激的な贈り物になります。

マンネリを解消したいカップルや、なかなか進展しない恋愛関係に悩んでいる人ならぴったりのチョイスです。相手の香りの好みをリサーチできるとベストですが、無理なら人気のある定番の香りを選びましょう。

ネックレス

ネックレスの意味は「いつも側にいたい」です。首から胸元に着けられることから首輪のイメージとも重なり「あなたを束縛したい」という独占欲のこもった意味合いになるそうです。

結婚を連想させる指輪で有名なように、アクセサリーのプレゼントは全般に重いニュアンスがあります。義理で贈る人はあまり多くありませんが、恋人未満の人にあげると引かれてしまう可能性があります。

奥さんや付き合っている女性以外に贈るのは慎重になった方がよさそうです。

ホワイトデーにNGのお返しとは?

(出典) pexels.com

楽しみながら日ごろの感謝や好意を伝えられるホワイトデーですが、プレゼントによっては相手との関係を悪化させてしまいかねません。相手が意味を知らなければ問題ないとはいえ、変な誤解を避けたいならNGのお返しを覚えておくと役に立ちます。

マシュマロ

マシュマロの意味は「あなたが嫌い」です。口に入れるとすぐに溶けてなくなることから、「すぐに忘れたい人」「付き合っても長続きしない人」と関連付けられたそうです。

ホワイトデーの由来の一つとされるマシュマロデーには、バレンタインデーにもらったチョコレートをマシュマロの優しさで包んで返す、というコンセプトがありました。それが今では「好意をやんわりお断りする」という方向に転じてしまった説もあります。

ホワイトデーのキャンペーンにはマシュマロもたくさん並んでいるので、知らずに贈る人もいるでしょう。ホワイトデーでは気を付けたいプレゼントです。

靴やハンカチ

ハンカチの意味は「あなたと別れたい」です。ハンカチは漢字で手巾(てぎれ)と書くため「手切れ」を連想させるからです。涙をぬぐうイメージからも別れを表すとして、昔から贈り物には避けられてきました。

最近では気軽にハンカチをプレゼントする人も増えましたが、バレンタインデーのお返しにはやめた方がいいといえます。

靴の意味は「私の下を去って」で、暗に別れを告げる意味を持っています。相手が意味を知っていたら余計なもめごとの元なので、靴も避けた方がいい贈り物です。

ホワイトデーでお返しをする際の注意点

(出典) pexels.com

ホワイトデーでお返しをするなら、渡すタイミングや、まとめてお返しする場合は誰に渡すのかにも気を配る必要があります。プレゼントがお菓子なら、分量や賞味期限はチェックしましたか?相手に気持ちよく受け取ってもらうためのポイントを見ていきます。

渡すタイミングに気を付けよう

渡すタイミングは相手が忙しくなく、仕事などの邪魔にならないタイミングが向いています。

職場の場合は朝一番の仕事が始まる前が基本で、学校なら昼休みや放課後でも大丈夫です。朝にいない人に対してはメッセージを添えてデスクに置いておけば、自然に渡すことができます。

男性が職場の女性全員に贈りたいなら、女性の中のまとめ役的な人物に、お礼と皆の分だという一言を添えて渡すと無難です。恋人や夫婦なら当日のデートや、家でくつろいでいるときに贈れます。

あまり遅い時間帯や当日以降に渡そうとするとお返しを忘れてしまったと思われかねないので気を付けたいところです。

サイズや賞味期限も確認を

お返しの前提として、相手に負担を掛けないという意識が大切です。たとえばお菓子なら切り分けが必要、あるいは調理しないと食べられない品は嫌がられる傾向にあります。食べきれないほどの量や日持ちのしないものも相手を困らせてしまいます。

もしダイエットしている女性なら高カロリーの甘いものもNGですが、基本的に仕事の合間にちょっとつまめるようなお菓子で、見た目のかわいいものは喜ばれます。

ギフトのマナーとして個包装のものを選び、複数のお菓子を贈るならさらにラッピングでまとめるのがおすすめです。

ホワイトデーに感謝を伝えて

(出典) pexels.com

最近ではホワイトデーも夫婦や恋人だけのイベントではなくなってきました。いつもお世話になっている職場の上司や同僚、仲良くしている友達に感謝を伝える絶好の機会でもあります。

普段は気恥ずかしくて伝えにくい内容も、プレゼントの意味に託したメッセージなら届けやすいはずです。ホワイトデーで適切なお返しの選び方と注意点を知って、相手にうまく気持ちを伝えましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア