?

木造二階建ての解体費用相場【費用の内訳や工事の流れを知って安く済ませよう】

この人に聞きました菊地重信

一級建築士、一級建築施工管理技士他様々な建築系資格を取得。ゼネコンで様々な業務を経験しながら一級建築士試験で苦労した経験を活かし、一級建築士試験を攻略するブログを運営。建設を学ぶ専門サイトの立ち上げ経験もあり。サッカーとお笑いが好き。フットサルとギターを嗜む。著書「学び直しの一級建築士」

 

木造二階建ての解体を考えている方にとって、解体費用は大きな関心事の一つです。一般的な相場は100万円から200万円の範囲内ですが、実際の費用は解体する建物の立地条件、構造、必要な作業の範囲によって大きく変動します。

この記事では、解体工事の費用の内訳を詳しく解説し、工事の流れや費用を抑えるためのポイントをご紹介します。効率的な準備と適切な知識を武器に、予算内で安全かつスムーズに解体工事を進めるためのヒントを得てください。

木造二階建ての解体費用相場100~200万円

木造二階建ての住宅を解体する際には、多くの要素が費用に影響を与えます。一般的に、このタイプの建物の解体費用相場は100万円から200万円の範囲内になることが多いです。

しかし、この金額はあくまで平均的なケースを基にした目安であり、実際の解体費用は物件の位置、規模、解体作業の難易度、廃材の処理方法など、様々な条件によって大きく変動する可能性があります。

木造の解体坪単価は3万円~5万円程度が多く、延床面積が40坪であれば4万円×40坪で160万円程度です。解体工事の全体費用は、この解体費用に仮設工事や付帯工事、諸経費などが含まれて、約200万円となるでしょう。

解体費用の内訳

解体費用の内訳を理解することは、解体工事の計画と予算編成において非常に重要です。一般的な解体工事では、以下のような項目が費用の内訳として挙げられます。

  • 仮設工事
  • 解体工事
  • 付帯工事
  • 廃棄物
  • 整地
  • 諸経費

それぞれについて、内容を見ていきましょう。

仮設工事

解体作業を始める前に、安全な作業環境を確保するための準備が必要です。

これには

  • 仮囲いの設置
  • 仮設トイレや事務所の設置
  • 安全措置のための標識やバリケードの配置
  • 足場の組立て
  • 水道や電気の仮設設備
  • 騒音・塵埃対策

が含まれます。

仮囲いの設置

仮囲いは、解体作業中に周囲の環境や通行人を保護するためと、解体現場への不正な侵入を防ぐために設置されます。仮囲いの材質、高さ、設置する範囲によって費用が変動します。

仮設トイレや事務所の設置

解体作業に従事する作業員のために、仮設トイレや事務所を設置することが一般的です。設置する仮設トイレの数や事務所の広さや質、レンタル期間が費用変動の要因になります。

安全措置のための標識やバリケードの配置

安全標識、バリケード、警告灯などを作業区域の周囲に設置することで、安全な作業環境を確保し事故防止につながります。必要な安全措置の量や種類、設置する標識やバリケードの大きさや材質によって費用が異なります。

足場の組立て

建物や構造物の高所での作業が必要な場合、安全な作業のために足場を組み立てます。足場の規模、使用する材料、設置と撤去にかかる時間などが費用を左右します。

水道や電気の仮設設備

作業現場での機械類の使用・清掃作業などのため、必要に応じて水道や電気の仮設設備を設置することもあります。必要な設備の量と種類、設置場所までの距離、利用期間によって費用が変わります。

騒音・塵埃対策

周辺環境への影響を考慮し、騒音対策や塵埃対策を施すこともあります。使用する防音・防塵材料の種類と量、設置範囲が費用変動の要因になります。

解体工事

建物の解体に必要な費用のうち大部分を占めるのが、解体工事費用です。

これには、建物や構造物を安全に分解、撤去するための

  • 労力
  • 機械の使用料
  • 技術の適用

などが含まれます。

また、解体費用は

  • 建物のサイズと構造
  • 有害物質の除去の有無

によっても変動します。

労力

解体作業は、特に手作業が必要な場合や複雑な構造物を扱う際には、多くの労働力を必要とします。作業員の技術レベルや必要な人数、作業にかかる時間などが費用が変動する要因です。

機械の使用料

ブルドーザー、クレーン、解体用バックホーなどの使用には、レンタル費用や維持費がかかります。使用する機械の種類と使用期間が、この費用を決定します。

技術の適用

解体工事では、建物の構造や立地条件に応じてさまざまな技術が適用されます。たとえば、狭い場所での解体や特定の材料を扱う場合には、特殊な技術や手法が必要になり、これらの技術の適用は費用に反映されます。

建物のサイズと構造

解体対象の建物の大きさと構造は、解体費用に大きな影響を与えます。大規模な建物や複雑な構造の建物は、より多くの労力と時間、機械の使用が必要になり、それに伴い費用が増加します。

有害物質の除去の有無

建物にアスベストやPCBなどの有害物質が含まれている場合、これらの物質の安全な除去と処理には特別な手順と費用が必要です。

有害物質の除去は法律で厳しく規制されており、専門の業者に依頼する必要があります。このため、有害物質の処理に関わる費用は、解体費用の内訳の中で特に注意を要する部分です。

付帯工事

解体工事と並行して、付帯工事が必要になる場合があります。

これには、

  • 交通管理
  • 隣接する建物への補強工事
  • 電力や水道などのライフラインの切断や移設
  • 環境保護措置に関わる費用
  • 法令や規制の遵守に関わる費用

があります。

交通管理

解体作業に伴う車両や重機の出入りが周辺の交通に影響を与えないようにするためには、適切な交通管理が必要です。交通誘導員の人数、作業期間、設置する交通管理用の標識や装置の数などによって費用が変動します。

隣接建物への補強工事

解体作業によって隣接する建物に影響が出ないように、必要に応じて補強工事を行います。補強が必要な隣接建物の数、補強の範囲と方法、使用する材料と技術により費用が変動します。

ライフラインの切断や移設

解体対象の建物に接続されている電気、ガス、水道などのライフラインは、安全に解体作業を行うために切断または移設する必要があります。切断や移設が必要なライフラインの種類と数、作業の複雑さ、関連する許可申請や手続きの費用などによって変動します。

環境保護措置に関わる費用

解体作業による環境への影響を最小限に抑えるための措置にも費用がかかります。これには、騒音や振動の軽減、塵や有害物質の飛散防止、周辺の自然環境や水源の保護などが含まれます。必要な環境保護措置の種類と規模、使用する装置や材料の費用などによって費用が異なります。

法令や規制の遵守に関わる費用

地方自治体の条例や国の法律に従うため、必要な許可の取得、報告書の提出、監査や検査への対応が必要です。適用される法令や規制の種類、必要な許可や手続きの数、専門家やコンサルタントへの相談費用などによって費用が変動します。

廃棄物

解体に伴い発生する廃棄物の処理費用も、解体費用の大きな割合を占めます。

  • 廃棄物の種類
  • 処理方法

などによって費用が変動します。

廃棄物の種類

  • 建築廃材: 解体工事で最も一般的に発生するのが、木材、コンクリート、レンガ、金属、ガラスなどの建築廃材です。これらの材料は再利用やリサイクルが可能な場合もありますが、処理には適切な分別が必要です。
  • 有害廃棄物: アスベスト、鉛塗料、PCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む材料など、特別な取り扱いが必要な有害廃棄物も発生することがあります。これらの物質は人の健康や環境に害を及ぼす可能性があるため、専門の業者による処理が必須です。
  • 一般廃棄物: 家具、家電、カーペット、壁紙など、建築材料以外の一般的な廃棄物も多量に発生します。これらの廃棄物の処理には、通常の廃棄物処理施設への搬出が必要です。

処理方法と費用

  • 再利用とリサイクル: 再利用可能な建築材料や金属などは、適切な処理を経て再利用やリサイクルが行われます。これにより廃棄物処理費用を削減できる可能性がありますが、分別や運搬にかかるコストは考慮する必要があります。
  • 専門的な処理: アスベストやPCBなどの有害廃棄物の処理には、専門的な知識、技術、設備が必要であり、これらの処理費用は一般的な廃棄物処理よりも高額になりがちです。また、適切な処理を行うための法的な要件を満たすことが必須です。
  • 搬出と処分: 廃棄物の量に応じて、運搬費用が大きな要因となります。大量の廃棄物を処分場まで運搬するには、トラックやコンテナのレンタルが必要になるため、これらのコストも考慮が必要です。

費用削減のポイント

  • 事前の分別: 解体作業の初期段階で、廃棄物を適切に分別することで、処理費用を削減できる場合があります。再利用やリサイクルが可能な材料を選別することで、廃棄物処理費用を抑えることができます。
  • 複数の業者から見積もりを取る: 廃棄物処理を専門とする業者から複数の見積もりを取ることで、最もコスト効率の良い処理方法を選択できます。

整地

建物の解体後、次のステップに進むためには整地作業が必要です。

これには、

  • 残土の撤去
  • 地盤の平準化
  • 地盤改良
  • 排水対策
  • 緑化

などが含まれます。

残骸の撤去

解体工事後に残された建築廃材、がれき、その他の残骸は、安全かつ迅速に敷地からの撤去が必要です。この作業には、適切な機械やトラックが用いられ、撤去された材料は適切に処理またはリサイクルされます。

地盤の平準化

ブルドーザーやグレーダーなどの重機を使用し、解体作業によって生じた凹凸を除去し、敷地を平らに整える作業を行います。

地盤改良

敷地の地盤が不安定な場合や、特定の建築要件を満たす必要がある場合は、地盤改良が必要になることがあります。これには、砕石の敷設、圧縮、または特定の材料による地盤の安定化が含まれます。

排水対策

敷地内の適切な排水を確保するための措置も整地作業の一環です。適切な排水路の設置や地形の調整を行い、将来の水害や土砂災害を防ぐための予防措置を講じます。

緑化

敷地の一部を緑地として再生する場合は、緑化作業が整地作業の一環として実施が必要です。これには、草の種まき、樹木の植樹、その他の景観工事が含まれる場合があります。

諸経費

解体工事全体の管理費用、許認可や手数料、保険料など、直接的な解体作業以外にも様々な諸経費が発生します。これらの費用も工事全体の予算を立てる際には考慮する必要があります。

解体工事の流れ

解体工事は、きちんと計画を立てて段階的に進める必要がある作業です。正確な見積もりから始まり、信頼できる業者の選定、事前準備、実際の解体作業、廃棄物の適切な処理、そして最終的な整地まで、一連のステップを経る必要があります。

以下に、各ステップについて詳しく説明します。

見積もり

解体工事を開始する前に、複数の解体業者から見積もりを取得します。この段階では、解体対象の建物のサイズ、構造、建材、所在地などの詳細情報を業者に提供し、正確な見積もりを得ることが重要です。

見積もりには、作業の範囲、必要な機材や人員、時間枠、そして廃棄物処理の費用が含まれます。

業者選び

見積もりをもとに、経験、実績、コスト、対応の速さ、安全管理体制などを総合的に評価し、最適な解体業者を選定します。

信頼できる業者の選択は、解体工事の成功に直結しますので、過去のクライアントからの口コミや、関連する資格・認証を有しているかどうかも確認すると良いでしょう。

事前準備

解体工事に入る前に、周辺環境への影響を最小限に抑えるための事前準備が必要です。これには先述した仮囲いの設置、隣接建物への通知、ライフラインの切断、必要な許可の取得などが含まれます。また、安全計画の策定と作業員への安全教育もこの段階で行います。

解体工事

実際の解体作業は計画に従って段階的に行います。解体方法は建物の構造や材質、立地条件などによって異なりますが、一般的には上部から順に解体することが主流です。この過程では重機を使用した大規模な作業から、手作業による細かな作業まで、様々な方法が用いられます。

産業廃棄物の処理

解体によって生じる廃棄物は、適切に分類し、処理が必要です。再利用可能な材料はリサイクルされ、残りの廃棄物は適切に処分されます。産業廃棄物の処理は環境保護規制に従って厳格に行われます。

整地

解体作業が完了した後、最終的に敷地を整地します。これには、残骸の撤去、地面の平準化、必要に応じての地盤改良などが含まれます。整地は、敷地を次の建設プロジェクトや他の用途に備えるための重要なステップです。

解体費用が変動する要因

解体費用は様々な要因によって大きく変動します。これらの要因を理解することは、予算計画を立てる際に非常に重要です。

主な要因としては、建物の立地条件、建物の大きさ、そしてアスベスト撤去などの特殊な工事の有無が挙げられます。

以下に、これらの要因が解体費用にどのように影響するかを詳しく説明します。

建物の立地条件

建物が立地している環境は、解体費用に大きな影響を与えます。都市部の狭い敷地内にある建物の場合、隣接する建物への影響を最小限に抑えるためにより慎重な作業が必要となり、労力がかかるためコストが上昇するでしょう。

また、アクセスが困難な場所にある建物では、機材や材料の運搬コストが高くなることもあります。逆に、広い敷地に立地しており、周囲に障害物が少ない場合は作業がスムーズに進み、コストが低く抑えられるでしょう。

建物の大きさ

解体対象となる建物の大きさも、費用を左右する重要な要因です。一般的に、建物が大きくて階数が多いほど、解体に必要な時間、労力、機材の使用量が増えるため、コストが高くなります。

また、建物の構造によっても、解体方法や必要な機械が変わり、それに伴い費用が変動します。たとえば、鉄筋コンクリート構造の建物は、木造建築物よりも解体が困難で、コストが高くなる傾向があります。

アスベスト撤去など特殊な工事がある

建物にアスベストや有害物質が含まれている場合、これらの撤去には特別な手順が必要となり、追加のコストが発生します。

アスベスト撤去作業は、作業員や周囲の環境を守るために、厳格な安全基準に従うことが必要です。これには、専門的な技術と装備が必要であり、作業の難易度に応じて費用が大きく変動します。

また、その他の特殊な工事が必要な場合も、解体費用に影響を与えるでしょう。

解体費用を安く抑えるコツ

解体工事は予想外に費用がかかることがありますが、いくつかの工夫をすることで、これらのコストを抑えることが可能です。

費用を節約するための主要な方法として、補助金の活用、ローンの利用、不要品の自己処分、相見積もりの取得などがあります。以下に、これらのコツを詳しく説明します。

補助金を使う

一部の地方自治体では、建物の解体に際して補助金を提供している場合があります。これらの補助金は、環境に配慮した解体方法を採用する場合などに利用できることが多いです。

自治体の補助金制度について確認し、申請条件を満たしている場合は、積極的に活用すると良いでしょう。

ローンを使う

解体費用を一括で支払うことが難しい場合は、ローンを利用する選択肢もあります。一部の金融機関では、住宅の解体や建替えを目的とした専用のローンを提供しています。

低金利で利用できるローンを選ぶことで、負担を軽減することが可能です。

家具を自分で処分する

解体前に家具や家財道具を自分で処分することで、解体作業の範囲を狭め、費用を抑えることができます。不用品はリサイクルショップに売却したり、インターネットのフリーマーケットサービスを利用して売却することも検討しましょう。

家具の自己処分には時間と労力がかかりますが、解体業者に処分を依頼するよりもコストを抑えることが可能です。また、家具の処分を通じて、新たな使用者に役立ててもらうことで、環境への負担も軽減できます。

売却

まだ使用可能な状態の良い家具は、リサイクルショップやオンラインのフリーマーケット、オークションサイトで売却することができます。この方法であれば、家具を処分しつつ少しの収入を得ることも可能です。

寄付

使用可能な家具を必要としている団体や個人に寄付することも一つの選択肢です。地域の福祉団体、学校、教会など、寄付を受け付けている組織を探してみましょう。

リサイクル

リサイクルが可能な材質で作られた家具は、専門のリサイクル業者に引き取ってもらうことができます。木材や金属など、リサイクル可能な素材を含む家具は、適切に処理され新しい製品の原材料として再利用される可能性があります。

廃棄

売却、寄付、リサイクルが難しい場合は、最終的に廃棄を検討します。大型の家具や家電製品の処分には、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用するか、専門の廃棄物処理業者に依頼する必要があります。どちらの場合も、事前に手続きや費用について確認しておくことが大切です。

植物を事前に処分する

敷地内の植物や庭木も、解体費用に影響を与える要素です。可能であれば、解体工事前に自分で植物を処分することで、作業範囲を縮小し、費用を削減できます。特に、大きな木や根が深い植物は、解体作業の障害となり得るため、事前に処分しておくことが望ましいです。

以下に、植物を効率的に処分するための手順とポイントを説明します。

植物の種類と状況の評価

解体作業に先立ち、敷地内の植物の種類、サイズ、状況を把握します。大きな木、庭の植え込み、鉢植えなど、処分が必要な植物を特定します。特に大木や根が深い植物は、解体作業に影響を与えるため、特に注意が必要です。

植物の移植または寄付

まだ生育に問題がなく、価値のある植物の場合、移植や寄付を検討することができます。庭木や鉢植えの植物は、新しい場所で再び育てることができる可能性があります。地域の公園、学校、または知人に寄付することで、植物を有効活用できるかもしれません。

自分での処分

小さな植物や庭の植え込みなど、自分で処理できる範囲の植物は、個人で処分することが可能です。適切な道具を使用して植物を掘り起こし、自治体のガーデン廃棄物回収サービスを利用するか、コンポスト化するなどの方法で処理します。

専門業者による処分

大木や根が深く抜きにくい植物の処分は、専門の業者に依頼することが適切です。これらの業者は、植物を安全に除去し、適切に処理するための知識と機器を持っています。費用はかかりますが、解体作業における追加の負担やリスクを回避できます。

敷地の清掃と準備

植物の処分後は、敷地を清掃し、解体作業がスムーズに行えるように準備してください。根や残りの植物の破片を徹底的に除去し、場合によっては地面を平らに整地することが必要です。

相見積もりを行う

複数の解体業者から見積もりを取ることで、最もコストパフォーマンスの良い業者を選択できます。

見積もりを比較する際には、価格だけでなく、サービスの内容、実績、安全管理体制なども総合的に評価することが重要です。また、見積もりの際には、可能な限り詳細な情報を提供し、正確な見積もりを依頼しましょう。

HDC神戸には複数のリフォーム業者が入居しています。お近くにお住まいの方は、一度見積もりの相談に行ってみてはいかがでしょうか?

木造二階建ての解体費用相場は100~200万円

木造二階建ての解体費用相場は、多くの要因によって左右されます。一般的には100万円から200万円の範囲が相場とされていますが、これはあくまで基本的なケースであり、立地条件、建物の構造、有害物質の除去など、解体作業の複雑さによって費用は大きく変動します。

安く済ませるためには、解体工事の流れを理解し、費用の内訳を把握することが重要です。

解体工事は、まず見積もりと業者選定から始まります。信頼できる業者選びは、コストパフォーマンスだけでなく、安全性や作業の質を確保する上でも重要です。

事前準備として、仮設工事や有害物質の調査が行われ、実際の解体作業が進められます。作業が終了した後は、廃棄物の適切な処理と敷地の整地が行われ、次のステップへの準備が必要です。

費用を節約するコツとしては、補助金の活用、不要品の自己処分、植物の事前除去、そして複数の業者から相見積もりを取ることが挙げられます。

これらのアプローチにより、不必要なコストを削減し、解体費用を抑えることが可能です。また、解体工事のプロセスを事前に把握し、計画的に進めることで、予期せぬ費用の発生を避けることができます。

木造二階建ての解体に際しては、専門家との相談のもと、費用と安全性、環境への配慮を考慮した上で、最適な計画を立てることが求められます。適切な準備と知識に基づいたアプローチにより、コストを抑えつつ、スムーズで安全な解体工事を実現することができるでしょう。

こちらの記事もお役立てください

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集