狭いキッチンも収納次第で広く使える。収納のコツやテクニックを紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

狭いキッチンも収納次第で広く使える。収納のコツやテクニックを紹介

キッチンが狭いと調理道具や小物がごちゃごちゃしてしまい、調理効率が下がってしまいます。物の数を減らして収納を工夫すればキッチンがスッキリし、広く使うことが可能です。狭いキッチンを広く使うための方法と、収納のコツを紹介します。

狭いキッチンを広々使うには

キッチンが狭いと物が収納しきれず、作業スペースに物を置くことが増えます。物をどけたり戻したりしながら作業することになるため、効率が落ちてしまうでしょう。狭いキッチンで作業スペースを確保するための方法を解説します。

必要な物の量を見直す

キッチンが狭い場合、収納の工夫をする前に必要な物を見直す必要があります。収納場所に対して物の量が多いと、整理整頓をしても物があふれてしまうためです。収納してある物をいったん全て出し、自分で基準を決めて取捨選択をし、必要な物だけを残すようにしましょう。

欠けてしまったため使わなくなった食器や買いそろえているうちに増えてしまったプラスチック製密閉容器など、使わない物を思い切って処分すると収納スペースが増えます。頂き物のカトラリーやカップなどは、お気に入りでよく使う物だけ残すとよいでしょう。

収納を工夫する

キッチンにある使わない物や多すぎるストックを処分したら、収納をどう工夫するか考えましょう。キッチンがスッキリして見えても、頻繁に使う物が取りづらい場所にあると不便なため、キッチンでの動線を考えて収納場所を決める必要があります。

包丁やまな板はシンク下に、フライパンや鍋はコンロ下に収納すれば、動線に無駄がなくなり快適です。シンク中央の引き出しには計量スプーンや菜箸などの細かい物を収納すると、サッと取り出すことができます。

物を棚や引き出しにそのまましまうと、ごちゃごちゃするため、収納アイテムを活用することがおすすめです。ホームセンターや100円ショップでいろいろなキッチン収納アイテムを売っているため、収納場所やアイテムに合ったものを見つけることができます。

キッチンを広く使うための収納のコツ

(出典) photo-ac.com

限られたスペースのキッチンでも、収納のコツを掴めば広く使うことができます。調理や洗い物がしやすい快適なキッチンにするためには、スペースの確保と工夫が必要です。

作業台に置く物は最小限が鉄則

作業スペースに物が多いと、食材を切ったり料理をよそったりするときに狭く感じてしまいます。作業スペースが狭いと非常に不便で、調理のストレスになってしまうでしょう。そのため、作業台に調味料や調理器具をなるべく置かないように工夫する必要があります。

料理をするときに毎回使う調味料以外は、作業台に置かず収納して作業スペースを確保しましょう。シンクに付いている収納スペースを活用することはもちろん、後述する壁面やデッドスペースを収納場所にすることで作業台に置く物を減らすことができます。

壁やウォール収納を上手に使う

キッチンの壁を工夫すると、収納スペースとして活用できます。作業スペースやシンク上の壁には調理器具やスポンジなど、すぐに使いたい物を引っ掛けておくと、取り出しやすく非常に便利です。

ウォール収納や吊り戸棚がある場合は、収納方法を見直すことで収納スペースが増えることがあります。下から積み上げているだけで棚の上に空間があるときは、収納グッズを使って収納を増やすことが可能です。

改めて壁やウォール収納の状況を確認し、可能な場所に収納場所を増やしましょう。

デッドスペースを活用

狭いと感じているキッチンでも、探してみると隙間やスペースが見つかります。例えば冷蔵庫とシンクの間や、冷蔵庫と食器棚の間などのちょっとした隙間でも、工夫すれば収納場所にすることができるのです。

隙間の幅によってスリムなワゴンやゴミ箱を設置したり、マグネットやフックを使ったりと、さまざまな活用方法があります。家事効率を上げるために隙間の近くで何を使うか、何をしまったら便利かを考えて収納する物を決めるとよいでしょう。

狭いキッチンの収納テクニック

(出典) photo-ac.com

壁やデッドスペースをどのように活用するか、具体的な方法を解説します。キッチン用収納グッズや、100円ショップで購入できるオフィス用品を使った方法を見ていきましょう。

突っ張り棒やポールラックを使う

100円ショップやホームセンターにある『突っ張り棒』や『ワイヤーラック』と『フック』を使えば、壁の空いているスペースを収納場所にすることができます。おたまやフライ返しを引っ掛けたり、ワイヤーラック用のかごを引っ掛けたりすることで、計量スプーンや計量カップなどをまとめることができて、便利です。

作業台に余裕がある場合は、上下に突っ張るタイプの『ポールラック』がよいでしょう。キッチンに棚を増やすことができるため、調味料や食器などを置くことができます。

仕切りを使って収納スペースを無駄なく使う

棚や引き出しの中を整理すると、収納スペースを増やすことができます。フライパンやお皿などに使う『キッチン用の仕切り』や、100円ショップでも購入できる『ファイルボックス』で仕切ることで、無駄な隙間がなくなります。

備え付けの吊り戸棚は、『ふた付きボックス』を使えば重ねて収納できるようになり、『ファイルボックス』を使えば奥行きを活用しながら見やすく収納できます。

仕切りを使えば収納スペースが増えるだけでなく、調理器具や食器が見やすくなり必要なときにサッと取り出せるため、おすすめです。

スリムワゴンで隙間を有効利用

ホームセンターや通販では、キッチンの隙間を有効活用するための『スリムワゴン』が販売されています。冷蔵庫とシンクの間のような細い隙間に入る大きさで、ハンドル付きのものを選べば出し入れが楽で便利です。

ワゴン上部がフラット天板になっているものを選べば、出し入れできる収納スペースとしてだけではなく、作業台として使うことができます。

他にもこんなところを工夫しよう

(出典) photo-ac.com

壁やウォール収納、デッドスペースを活用して収納を増やす他にも、工夫できるポイントはあります。ゴミ箱の置き場所で困っている人や、小物の収納で悩んでいる人におすすめです。

ゴミ箱は空きスペースに置く

分別が必要なためゴミ箱は複数用意する必要があり、キッチンが狭いとどこに置くか悩んでしまいます。収納ラックやスチールラック収納エリアの下、シンク下などの空きスペースにゴミ箱を置くと、邪魔にならないためおすすめです。

ペットボトルや空き缶などは、洗ってこまめに捨てれば臭いが気にならないので、フックに袋を引っ掛けてゴミ箱代わりにしてもよいでしょう。臭いが気になる生ゴミは、空きスペースにフィットするふた付きのゴミ箱がおすすめです。

空きスペースに余裕がある場合は、3段になっているスリムなゴミ箱を設置すれば、狭い場所でも分別ゴミ箱を置くことができます。

冷蔵庫の側面も収納に使える

マグネット式の収納グッズを使えば、冷蔵庫の側面を収納に使うことができます。ホームセンターや100円ショップで売っている、『ロールペーパーホルダー』や『ラップホルダー』が便利です。

レシピのメモやハサミなど、ちょっとした小物を収納したい場合は『マグネット収納ポケット』のようなボックスタイプがおすすめです。フック付きのホルダーやポケットもあるので、収納したい物に合わせて探しましょう。

表面がガラス製の冷蔵庫にはマグネットが付かないため、注意が必要です。その場合は吸着タイプのフックを使えば、キッチンツールやタオルなどを引っ掛けることができます。

収納を工夫してキッチンを広く使おう

(出典) photo-ac.com

狭いキッチンを広々と快適に使うために、まずは必要な物の量を見直しましょう。物を収納場所に対して適切な量にしないと、いくら収納をがんばっても収納場所に入りきらないためです。

調理効率のために壁やデッドスペースを活用して、作業台に置く物を必要最低限にしましょう。狭いと思っているキッチンでも、探してみると収納に使える隙間は意外と見つかるものです。

突っ張り棒やポールラックを使って壁を有効活用したり、仕切りを使って収納スペースを無駄なく使ったりすることで、収納スペースを増やすことができます。気分よく料理をするためにも、整理整頓された使いやすいキッチンを目指しましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア