おうちカフェタイムに♪「パンケーキアート」の簡単レシピ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

おうちカフェタイムに♪「パンケーキアート」の簡単レシピ

家族&友達としたい!簡単パンケーキアートアイデアをご紹介

子供も大人も大好きなパンケーキ。おうちでフライパンやホットプレートを使って作る人も多いですよね。毎回ただ焼くだけじゃつまらないと思っている人は、パンケーキアートにトライしてみませんか?難しい工程やアイテムを使ったやり方ではなく、誰でもすぐできる簡単なやり方だけをピックアップ。今度の休日は家族でパンケーキアートに挑戦してみましょう♪

【パンケーキアート】基本のやり方

1. ソースボトルにパンケーキのタネを入れる

ソースボトルは100均のものでOK!パンケーキのタネは少し固めに作るとこの後の工程が楽になりますよ。

2. 熱する前のフライパンにソースボトルで絵を描く

フライパンを熱する前に、パンケーキのモチーフになる絵を描きます。フライパンを熱する前に描くことで、モチーフやデザインが失敗したときも拭き取って修正しやすくなります。

3. 加熱し、モチーフ部分に火が通ったらパンケーキのタネを流し入れて焼く

モチーフが描けたら、フライパンを熱します。火が通ったら、その上にパンケーキのタネを流し入れ、通常通りパンケーキを焼いて完成♪ 基本のやり方もとってもシンプルなので、初めての人も失敗なく作れそうですね。

ここからはオンネラがオススメする、簡単なパンケーキアートアイデアをご紹介していきます!

【パンケーキアート】アルミホイルを使う方法

1. 好きな形に切ったアルミホイルを用意する

先ほどの基本のパンケーキアートでは、固めに作ったパンケーキのタネでモチーフを作りました。この簡易版では、アルミホイルでモチーフやデザインを作ります。

2. フライパンの上にカットしたアルミホイルをのせ、タネを流し入れる

フライパンにお好きな形にカットしたアルミホイルをのせたら、その上にパンケーキのタネを流し入れます。このときフライパンは加熱していて大丈夫です。

3. 両面焼き、冷めたらアルミホイルを剥がす

パンケーキを両面焼き上げ、冷めたらアルミホイルを剥がします。アルミホイルは剥が残しがないように気をつけてくださいね。

4. 盛り付けて完成♪

基本のやり方のようにタネをベースにモチーフを作らない分、簡単にできる方法です。ただし、熱したアルミニウムはとても熱いので火傷に十分注意しましょう。

【パンケーキアート】形を変えたいときの作り方

1. 細長くカットした牛乳パックで好きな形を作る

今度は牛乳パックを使います。牛乳パックを細長くカットし、パンケーキの型を作ります。ハートや星、スクエア型などがオススメです。ここではハート型を作ります。

2. 牛乳パックのモチーフにアルミホイルを巻き、その内側に油を塗る

牛乳パックで作ったハート型にアルミホイルを巻き、その内側に油を塗ります。アルミホイルはキツく巻くと、パンケーキの形がキレイにできますよ。

3. フライパンに牛乳パックをのせ、そこにパンケーキのタネを流し込む

フライパンにアルミを巻きつけた牛乳パックをのせ、パンケーキのタネを流し込みます。

4. 両面焼いて冷めたら牛乳パックを剥がす

パンケーキの両面を焼いたら、お皿に取り出し、ある程度冷めたら牛乳パックを外します。

5. 盛り付けて完成♪

型の大きさによって、こんなぽってり厚みあるパンケーキも作れちゃいますよ。火の通りを見ながら作ってみましょう。

簡単パンケーキアートなら絵が苦手でもOK!

パンケーキアートは、絵や工作がうまくないとできない気がしてしまいますが、この記事で紹介したやり方なら苦手でも大丈夫!アルミホイルや牛乳パックといった、普段からおうちにあるものを使って簡単にできます。今度のお休みは、家族やお友達と一緒にパンケーキアートでおしゃれにアレンジしたパンケーキでランチしてみませんか?

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
うちカフェをワンランクアップ! 正しいコーヒーの淹れ方
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手