こんなの待ってた!観葉植物を上手に育てる便利グッズ3選 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

こんなの待ってた!観葉植物を上手に育てる便利グッズ3選

これで安心!観葉植物のお悩み解消グッズ

おうち時間を気持ちよく過ごすため、お部屋に観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。観葉植物はお部屋にいながら自然が楽しめる癒しアイテムになりますよ。

そんな観葉植物ですが、枯らしてしまいそうで心配という方も多いと思います。そこで今回は、初心者でも安心のお悩み解消グッズをご紹介。育てるのが楽しくなるはずです。

1. 水やりのタイミングが分からないときは

サスティ―「水やりチェッカー」

水はあげすぎても枯れてしまい、あげるタイミングも分からない。そんなお悩みには、SUSTEE( サスティー)の「水やりチェッカ―」がおすすめ。

使い方はとっても簡単。植木鉢に刺すだけです。

水やり後、数十分で白色から青色に変化します。その青色が再び白色に変わったら水やりのサインですよ。

水やりのタイミングを色が知らせてくれるから、水のあげすぎ、あげ忘れを防ぐことができますね。初めて観葉植物を育てるという方も、これなら安心です。シンプルなデザインなので、どんな鉢植えにも合わせやすいのも嬉しいポイント。

2. コバエがわいてしまったら

アースガーデン「土からわいたコバエ退治」

お部屋の中に置いておく観葉植物にコバエがわいてしまったら大変です。そんなときは「アースガーデン」の「土からわいたコバエ退治」がおすすめ。

コバエがわく原因は植物ではなく土なんですね。こちらの商品は土に刺すだけでコバエを捕獲。コバエの好きな緑色の葉っぱ型でコバエをおびき寄せて粘着してしまうというものです。

水がかかっても大丈夫。匂いもしないからお部屋の中でも安心して使うことができます。

3. 日の当たる場所がないおうちでは

イケア「ヴィクセル 栽培用LED電球」

植物を日に当てたいけどいい場所がない。そんなお悩みにはイケアで販売されている栽培用LED電球「ヴィクセル」がおすすめ。

26口金タイプなので、おうちにある一般的な電気スタンドに使うことができます。青色や赤色の波長がたくさん含まれているので、植物が健康に育つというわけなんですね。

これさえあれば日の当たらない玄関やトイレなどでも植物が育てられますね。

観葉植物でおうち時間を和やかに

お部屋に緑があるだけで、誰もが心和む時間を送ることができるのではないでしょうか。ご紹介した便利グッズはこれまで観葉植物を育てたことがない初心者にぴったりのものばかり。間近で観察してみると、微妙に違う葉の色や形に気付いたり、植物の元気具合に一喜一憂したりするかも。新しい発見に心が豊かになること間違いなしですよ。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手