シャキッと新鮮に!野菜の鮮度を保つ「保存テク」とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

シャキッと新鮮に!野菜の鮮度を保つ「保存テク」とは?

野菜を新鮮に保つアイデア集

せっかくまとめ買いしてきた野菜が、しなびたりカビがはえたりしては、もったいないですよね。定番の野菜をできるだけ長く、新鮮に保つアイデアをご紹介します。素材の食感を損なうことなく、おいしく味わうためのヒントがいっぱい♪ ぜひお試しください。

「バナナ」の保存方法

バナナを房のまま保存するときは、根元の部分をラップで包んで、日が当たらない風通しの良い場所で保存しましょう。房から1本ずつ切り離して、ポリ袋に入れて野菜室に保管すればさらに鮮度が長持ちしますよ。

「じゃがいも」の保存方法

じゃがいもは玉ねぎと一緒にすると発芽しやすくなるので、要注意!りんごと一緒に保存すれば、発芽を抑制できます。

「キャベツやレタス」の保存方法

キャベツやレタスを保存するときは、まず芯の部分をスプーンなどでくり抜きます。そこに水で濡らしたキッチンペーパーを入れてください。

大きめのジッパー式保存袋に入れて野菜室で保存すれば、みずみずしさを保てますよ。

「マッシュルーム」の保存方法

マッシュルームはパックから出して、紙袋に入れ替えましょう。キノコ類は水分が大敵。紙袋に入れておけば余分な水分を適度に吸ってくれます。

「ブロッコリーやセロリ」の保存方法

ブロッコリーやセロリは茎と葉の部分を切り分けて、別々にアルミホイルで包みましょう。長持ちするだけでなく、食感もキープできますよ。

「水洗いした葉物野菜」の保存方法

水洗いしたレタスなどの葉は、保存容器に入れてキッチンペーパーで水分を拭き取ってください。蓋をして冷蔵庫に入れておけば、乾燥してしなびることもなく鮮度が保てます。

「イチゴ」の保存方法

イチゴはお酢と水にさらしておくと、カビが生えにくくなってみずみずしさを保てます。

「アスパラ、ネギ、ミツバ」などの保存方法

アスパラガスやネギ、ミツバなどは根元を切り落として、水を入れた瓶に立てて保存しましょう。毎日こまめに水を入れ替えておけば、新鮮な状態が保てます。

かしこく保存すれば、節約にも!

それぞれの野菜に合った方法でかしこく保存すれば、鮮度を保ったまま野菜のおいしさが長続きします。また、買ってきた野菜を無駄なく使いきることで、食費の節約にもつながって一石二鳥!安心してまとめ買いできるので、買い物が楽しくなりそうですね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手