? ?ロングヘアが邪魔なときの便利ワザ!すぐできるゴムなしの結び方も紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。 ?

ロングヘアが邪魔なときの便利ワザ!すぐできるゴムなしの結び方も紹介

ロングヘアって、かわいいけどたまに邪魔

よく手入れされた長い髪は女性の憧れ!でも、仕事やスポーツをするとき邪魔になったり、ファスナー付きの服を着るときにうっかり挟んでしまったり、首や肩のあたりがじっとり蒸れてしまったり…。ロングヘアは往々にして邪魔になってしまいがちです。

ロングヘアさん限定、「髪が邪魔!」と感じたときに使えるライフハックを3つ集めました。

道具を使わず髪を束ねる方法

とっさに髪ゴムが見つからないけれど、髪が邪魔でしょうがない…。そんなときは「ゴムなし くるりんぱ」をしてみましょう。

通常のくるりんぱはゴムで髪を結んでから行いますが、肩甲骨にかかる長さの髪であれば、ゴムを使わない応急バージョンが使えます!

まずは右手で髪を束ね、その上に左手の親指と人差し指を刺して穴を作ります。

左手で作った穴に、右手で持っていた毛束を通します。

左手の親指と人差し指で髪の束をつかみ、引き抜きます。

髪を束ねることができました!

ただ、髪があまり長くない方や、髪がツヤツヤの方はすぐ取れてしまうことも…。あくまで応急的な方法ですが、これでしばらく髪が邪魔になりません。

髪にゴムの跡を残さない結び方

髪についたゴムの跡が気になる場合は、髪を結ぶ時、ゴムを何度かねじってみてください。

ゴムをねじった分、髪へのゴムの圧力が少し弱くなり、跡がつきにくくなります!

左が普通に結んだ髪、右がゴムをねじってから結んだ髪。ゴムの跡がつきにくくなっているのが分かります。

ヘアクリップが落ちてこない留め方

髪留めクリップが何度結んでもすぐ落ちてきちゃう…。そんなときは、髪をねじってから留めると、髪全体が巻き込まれてしっかり固定できるようになります。

まずは手で髪を束ねます。

毛束を右の人差し指に巻きます。

右手の人差し指を少し曲げ、髪を上に引っ張りながらねじります。

その状態でクリップをつけます。

しっかり固定できました。

ロングヘアを早く乾かす方法

ロングヘアの悩みといえば、お風呂上がりのドライヤーにとにかく時間がかかること!

少しの工夫で時短できます。

脱衣所で髪を乾かさない

脱衣所でドライヤーをかける方も多いはず。でも脱衣所で髪を乾かしてしまうと、お風呂場の湿気があるため、髪が乾きにくくなってしまいます。お風呂場から離れた部屋で髪を乾かすと、乾くのが少し早くなります。

タオルを2枚使いする

タオル1枚の吸水力には限りがあります。ロングヘアさんの場合、バスタオル1枚で髪と体を拭こうとすると、どうしても吸水力不足になってしまいがち。一度全体を拭いてから、新しいタオルで髪をもう一度拭くと、しっかり水気が取れて時短になります。

根元から乾かす

特に徹底したいのが、髪の根元から乾かすことです。髪の根元に水分を残してしまうと、頭皮のトラブルにつながりかねません。また髪の水分は時間の経過とともに重力で下に落ちていくため、一番上にある頭頂部の髪の根元から乾かしていくと、乾くスピードも速くなります。

速乾グッズに頼るのもあり

大風量のドライヤーを使う、ロングヘア専用のタオルを使う、速乾スプレーを使うなど、ロングヘアさん専用の速乾グッズも市販されています。髪質やライフスタイルに合わせて使うといいでしょう。

ヘアドライタオル ドライキャップ 【2枚セット】 速乾 髪タオル 長い髪専用 軽量 シャワーキャップ 強い吸水性 お風呂上がり タオルキャップ ふわもこ ヘアターバン ヘアキャップ バス用品(ピンク+水色)

税込999円

※2022年07月15日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

ロングヘアにはお手入れが不可欠!

ロングヘアをツヤツヤに保つためには、きちんとしたお手入れが欠かせません。「ファスナーに髪を挟んでしまった」「髪を乾かすのに長い時間がかかる」など、髪のダメージになるような生活習慣もなるべく避けたいものです。

髪を上手に束ねたり、乾かすことができれば、髪へのダメージを軽減できます。髪を邪魔に感じるシーンも減るので、ぜひ試してみてください。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア