天板は面取りで印象が変わる! ディテールまでこだわって選ぶダイニングテーブル – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

天板は面取りで印象が変わる! ディテールまでこだわって選ぶダイニングテーブル

提供:ヤクモ家具製作所

機械加工後に材料の角部分を落とす加工のことを「面取り」といいます。実は普段何気なく使っている日用品や家具、家電から住宅まで、様々な製品には鋭利な角がなく、触れても痛くないように、丁寧な面取り加工が施されています。これらはまず第一に怪我を防止することを目的としていますが、加工の仕方によって様々なデザイン(装飾)を生み出すこともできます。

今回は、面取りによって印象が変わるテーブル天板をご紹介します。テーブルをお探し中の方は、自分好みのインテリアやデザインと照らし合わせながら参考にしてみてください。

面取り加工はなぜ必要?

面取り加工とは、厚み部分を除いた”辺”の部分に対して施す加工です。

家具や建具などで、一見平らでまっすぐにしか見えない部分でも、手が触れたり目に見える箇所には、小さくても面取り加工が施されています。

上の写真は切りっぱなしの木材ですが、この状態では端部が尖っているため、触り方によっては怪我をしてしまう危険性があります。

面取り加工はそのような危険を防ぐために、角を落としたり丸めたりすることで、安全な状態にするという役割を担っています。

また、カットの仕方や加工方法によっては、装飾のデザイン性を高められるのも魅力。シンプルな印象のものから、華やかさや個性を感じられるものまで、見た目の印象を大きく変えることが可能です。

面取りのバリエーション 糸面加工

端部を1~2mm程度斜めに落とすだけの最もシンプルな加工で、当店テーブル製品の天板では標準の仕上げとなります。

前述の「切りっぱなし」の状態と比べると、尖った部分がなくなっているのが分かります。面取りが装飾として目立たないため、自然で素朴な印象に仕上がります。

こんな方におすすめ!

☑ 天板の厚みや全体の重厚感をしっかりと見せたい方
☑ 装飾を加えない、シンプルな形状がお好みの方

コーナーR加工

側面(厚み部分)は真っ直ぐのまま、天板コーナー(四隅)のみを丸く加工します。

角を丸く加工するときは、Rという単位で大きさを表現します。Rは円の半径(=radius)を指し、例えば10Rの場合は半径10mmの円をイメージしたときの丸みになります。

身近なもので例えると、

・3R…免許証やクレジットカードの角
・5R…単四乾電池
・10R…1円玉
・20R…トイレットペーパーの芯

などになります。このように、Rの数値を変えることでも全体の印象が大きく変わります。

こんな方におすすめ!

☑ 角にあたっても痛くない程度の丸みがほしい方
☑ 合わせる椅子が丸みを帯びたデザインであるなど、他の家具との統一性を持たせたい方

丸面加工

坊主面加工とも呼ばれ、厚みに対して中心から丸く削り、横からみたときにカマボコの形になるよう丸く削る加工です。天板を真上からみたときに、コーナー(四隅)部分も全て角がないように仕上げます。

見た目も手触りも柔らかく、安全面から小さなお子様のいるご家庭にもおすすめです。

こんな方におすすめ!

☑ 小さなお子様がおられるご家庭など、安全性を重視されたい方
☑ やさしく柔らかい見た目がお好みの方

船底面加工

天板側面を下に向かって斜めに削り、その名の通り、船の底のような形状に仕上げます。

ヤクモ家具製作所では上面から1cm程度まっすぐな部分を残してから加工するため、天板は薄めに感じられ、すっきりとシャープで洗練された印象を演出します。

こんな方におすすめ!

☑ シャープでスタイリッシュなデザインがお好みの方
☑ スッキリとしたインテリアを作りたい方

コーナーR+船底面加工

コーナーRと船底面を合わせた仕上げです。

角はつくらない、かつ柔らかすぎず、シャープなデザインに仕上げることができます。

こんな方におすすめ!

☑ 安全性とシャープなデザインの両立をご希望の方

面取り以外の定番テーブルオプション。テーブル周りをスッキリ整頓してくれる「便利な引出し」

幕板(天板下の脚と脚をつなぐ補強材)のある構造のシンプルテーブルには、天板下に引出しを設置することができます。

大きさや数は天板サイズにもよりますが、4人掛け(150×80cm)サイズであれば両面2杯ずつ(計4杯)の設置も可能。ランチョンマットやカトラリーなどのキッチンツールや、文具や本などの勉強・作業道具などの収納にも便利です。テーブル周りやテーブル上をいつもスッキリ整えることができます。

シンプルテーブル ※サイズオーダー可(オーク/チェリー/ウォールナット)

シンプルテーブルの詳細はこちら 

脚も好みのカタチを選択

ヤクモ家具製作所のテーブル脚形状は、最大4種類※からお選びいただけます。
(左から角脚ストレート/角脚テーパー/円柱/円錐)

(※)テーブルの種類によってご選択いただける脚形状が異なります。

天板端部の面取りや合わせる椅子のデザインも考慮すると、より統一感のあるインテリアをつくることができます。


シンプルテーブル+[plus] ※サイズオーダー可(オーク/チェリー/ウォールナット)

シンプルテーブル+[plus]の詳細はこちら 

テーブルの面取りは個性をプラスできる大切なポイント

端部の面取り加工は安全面において欠かせないものであると同時に、デザイン面においても大きな役割を担っています。天板の形状(長方形、円形、楕円形など)だけでなく、面取り加工までこだわって探してみると、より理想的なテーブルが見つかるかもしれません。

ヤクモ家具製作所では、過去の製作実績(お客様の部屋)もご紹介しています。テーブルの仕上がりイメージやインテリアの参考などにお役立てください。

製作実績はこちら

ヤクモ家具製作所では1cm単位のサイズオーダーに加えて、面取りなどのオプションもご用意しております。ご希望のサイズや仕様をお知らせいただけましたら図面付きでお見積をご案内させていただきますので、ぜひご利用くださいませ。

お見積依頼フォームはこちら

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア