栓抜きを忘れた?!アウトドアごはんのピンチを脱する便利技を紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

栓抜きを忘れた?!アウトドアごはんのピンチを脱する便利技を紹介

楽しいアウトドア、でも「忘れ物」をしがち

お花見やキャンプが楽しい季節がやってきました。

屋外で食べるご飯は楽しく、一味違う気がするもの。ですが、慣れない屋外調理では「忘れ物」をしやすいです。栓抜きやウロコ取りはその筆頭です。

でも、このテクニックを覚えておけば大丈夫!ピンチを脱する便利な小技を紹介します。

栓抜きを忘れた!

奮発してお高いビールを買って行ったのに、栓抜きを入れ忘れた!

そんな時は落ち着いて代わりになるものを探しましょう。ベルトのバックルがあれば大丈夫。

普通の栓抜きと同様に使うだけ。これで美味しいビールが楽しめます。

ちなみにワインオープナーを忘れた時は、以下の記事を見てみてくださいね。
初心者でも失敗なし。ワインオープナーがないときの裏ワザ

魚のウロコ取りがない!

海キャンプで大物が釣れた!でもウロコ取りを忘れてしまった!

そんな時はペットボトルのキャップが役立ちます。

ペットボトルのキャップを、魚の尻尾側から頭側に向かってこすりつけるだけ。鱗がきれいに取れます。

ちなみにこの方法、「ピーラーを忘れた!」という時にも役立ちます。魚のウロコと同様にキャップをこすりつけるだけで、にんじんの皮などを剥けますよ。

ポテチの袋が倒れる…

みんなでお菓子を持ち寄ってピクニック!そんな時、ポテトチップスの袋をを映画館のポップコーンのように立てて置けたら便利です。

まずは袋を普通に開け、袋の下から1/3程度の部分を両手の親指と人差し指でつまみます。

中指・薬指・小指で袋の下部分を中に押し込みます。

形を整えたら、ポテトチップスの袋が自立するようになります!レジャーシートの上でも食べやすくて便利。

調味料を1回使い切りサイズで持っていきたい

山キャンプや自転車旅などたくさんの荷物が必要になるシーンでは、なるべく荷物をコンパクトに軽くしたいもの。調味料の大きいボトルを持っていくのは面倒です。

そんなときはタピオカ用ストローを使って、1回使い切りの調味料ケースを作ってみましょう。

タピオカ用ストローの端をペンチなどではさみ、着火ライターで端をあぶります。

※火を使うので、火傷には十分注意してください。

端が溶けて固まったら中身を詰め、ストローの余分を切り落とします。反対側の端をペンチではさみ、着火ライターであぶってふさげば完成です。

調味料のほか、化粧水や乳液のパッケージングにも使えます。

アウトドア、大体のことは十徳ナイフがあれば解決します

VICTORINOX(ビクトリノックス) ナイフ 防災グッズ ハントマン 【日本正規品 保証書付】1.3713

税込4070円

※2022年03月31日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

栓抜き、魚のうろこ取り、野菜の皮むき、缶切り…。紹介した以外にも、アウトドアごはんで忘れがちなものはたくさんあります。でも、十徳ナイフがあれば大体のことは大丈夫。お守り代わりに1本持っておくと役立ちます。

「ひと工夫」でアウトドア楽しく便利に

「奮発して買ってきた瓶のビールが飲めない」「釣った大物のウロコがついたまま」そんなことになっては、楽しいアウトドアごはんの思い出が台無しです。ちょっとしたテクニックで解消できるので、ぜひ試してみてください。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア