消しゴムカバーの作り方を解説。つける意味や切るときの注意点も – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

消しゴムカバーの作り方を解説。つける意味や切るときの注意点も

消しゴムカバーは自分で作ったり購入したりすることが可能です。では、消しゴムカバーを使う目的にはどのようなものがあるのでしょうか。消しゴムカバーをつける意味を確認して、用途にあったカバーを装着しましょう。

消しゴムカバーをつける意味

消しゴムにカバーをつけることには、いくつかの目的があります。消しゴムカバーをつける意味を確認しましょう。

消しゴムを美しく見せる

消しゴムは使えば使うほど小さくなっていくものです。最初からカバーが付属している消しゴムも、やがてはサイズが合わなくなってしまいます。

小さくなった消しゴムをカバーから外してペンケースに入れると、汚れが付いたり欠けてしまったりするかもしれません。

ケースをつけることで消しゴムに汚れが付きにくく、欠けてしまうことも防げます。ボロボロにならずに持ち運べるため、美しい見た目を保つことができるでしょう。

他のプラスチックに貼り付くのを防ぐ

消しゴムは、塩化ビニル樹脂というプラスチックに可塑剤(かそざい)を含ませて作られたものです。適度に消しカスが出るように、可塑剤で柔らかくしています。

可塑剤は消しゴム本体だけでなく、他のプラスチック製品も柔らかくしてしまうので注意が必要です。例えばプラスチック製のペンケースや定規、机の中の収納トレイなどを消しゴムに長時間触れさせると、消しゴムが少し溶けるような形で貼り付いてしまいます。

紙や可塑剤で柔らかくならない素材のカバーをつけておくことで、周囲のプラスチック製品への貼り付きを防止できます。

消しゴムカバーを切る理由は?

(出典) photo-ac.com

消しゴムカバーを切ることで、消しゴムを長く使用できるようになります。その理由や切り方を見ていきましょう。

消しゴムが割れにくくなる

消しゴムカバーの角を切ることで、消しゴム本体が割れにくくなります。

消しゴムで文字を消す際には、消しゴム本体とカバーとの間に強い力が働きます。何度も消していることで消しゴム本体の角がカバーに食い込んでしまい、欠けたり割れたりする原因になってしまうのです。

これを防ぐために、元々装着されている紙製カバーの四隅にはV字やU字型の切れ込みが入っています。カバーに切れ込みが入っていなかった場合でも、自分でカットすることで欠けや割れを防ぐことができます。

消しゴムカバーの主な切り方

消しゴムを使っている内にサイズが小さくなった際には、消しゴムカバーを切りましょう。

消しゴムカバーを切る際には、消しゴムのお尻側から切ります。消しゴムカバーの先の方には、四隅にV字型の切れ込みが入っていることがあります。先の方から切ってしまうとV字型の切れ込みがなくなり、欠けや割れの原因になりかねません。

切れ込みが入っている部分を切ってしまわないよう、カバーのお尻の部分から切るようにしましょう。

消しゴムカバーの作り方

(出典) photo-ac.com

消しゴムカバーは、自分で手作りすることが可能です。身近なものを使用した消しゴムカバーの作り方を確認しましょう。

マスキングテープを使った作り方

お気に入りのマスキングテープと厚紙を用意して、消しゴムカバーを簡単に作ることができます。

<準備するもの>

  • カバーをつけたい消しゴム
  • 好きなデザインのマスキングテープ
  • 厚紙
  • テープのり、もしくは両面テープ
  • カッターかハサミ
  • 定規

<マスキングテープで消しゴムカバーを作る方法>

  1. 厚紙を消しゴムに巻く
  2. 消しゴムに合わせて、厚紙をおおよそのサイズに切る
    (のりしろ部分も考慮して切断する)
  3. 厚紙にマスキングテープを貼る
  4. 余ったマスキングテープは内側に折り込む
  5. 定規で折り目をつける
  6. のりしろを接着する
  7. カバーの四隅をV字にカットする

好きな柄やキャラクターのテープを使えば、カラフルで見栄えもよくなります。見た目も華やかで、使うのが楽しくなるでしょう。

スマホやパソコンを活用する

スマホやパソコンで消しゴムカバーに使いたい画像を用意し印刷すれば、オリジナルのカバーが作成できます。

<準備するもの>

  • カバーをつけたい消しゴム
  • 写真用紙(L判、ハガキサイズなど)
  • テープのり、もしくは両面テープ
  • 透明のテープ(梱包用など幅が太めのもの)
  • カッターかハサミ
  • 定規
  • パソコン(スマートフォンやタブレットなどでも可能)
  • プリンター

<スマホやパソコンで消しゴムケースを作る方法>

  1. パソコンなどで好きな画像を用意する
  2. 画像を印刷する
    (のりしろ部分も考慮して印刷する)
  3. 透明テープを貼り、表面を保護する
  4. 余分な部分をカットする
  5. 定規で折り目をつける
  6. 消しゴムに装着しながらのりしろ部分を貼る
  7. カバーの四隅をV字にカットする

画像を印刷・カットする際には、のりしろの部分に余白を取っておくことで、きれいな仕上がりになります。またカバーの四隅を切っておくことで、折れにくくなり長く使用できるでしょう。

市販品の消しゴムカバーもチェック

(出典) photo-ac.com

消しゴムカバーを購入すれば、手軽に消しゴムを保護できます。市販品の消しゴムカバーをご紹介します。

ライフ MONO消しゴム専用ケース 101974

ライフから、定番のMONO消しゴム専用の木製ケースです。

殺風景になりがちな文房具を、おしゃれに飾ってくれる消しゴムカバーです。木製なので手にもなじみやすく、見た目にも温かみがあります。

MONO消しゴム本体もついており、購入後すぐに使用できます。おしゃれな見た目だけでなく、機能性も兼ね備えた商品です。

ライフ MONO消しゴム専用ケース 101974

税込880円

※2021年09月27日時点

Amazonで詳細を見る

 

KAKURA 消しゴムカバー

レザー素材で高級感がある見た目の、KAKURAの消しゴムカバーです。

素材には、牛革とプラスチックを使用しています。プラスチックには再生プラスチックを使用しており、環境負荷についても考えられた商品です。

カラーは、ブラック・レッド・アンティークブラウンの3色から選べます。好みのカラーのカバーをつけていることで、消しゴムが転がったり失くなったりすることを防げます。

KAKURA 消しゴムカバー

税込770円

※2021年09月27日時点

Amazonで詳細を見る

 

消しゴムカバーを変えてみよう

(出典) photo-ac.com

消しゴムカバーをつけることで消しゴムの見た目がよくなる上、他のものへの貼り付きなどを予防できます。カバーに切れ込みを入れておけば、割れなどの損傷を防ぐことも可能です。

お気に入りの画像やテープを使って手作りしたり、購入したりすることで一味違う消しゴムになります。カバーを適切に使って、消しゴムを長く愛用しましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
うちカフェをワンランクアップ! 正しいコーヒーの淹れ方
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手