ジャケットの洗濯は自宅で可能?基本の洗濯方法やダウンの洗い方も – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

ジャケットの洗濯は自宅で可能?基本の洗濯方法やダウンの洗い方も

何度も着たジャケットは、すぐに洗いたくなるものです。特に汗をかいた日には気になるでしょう。この記事では、自宅でジャケットを洗う手順と注意点を解説します。ダウンジャケットを洗うコツにも触れているので、参考にしてみましょう。

ジャケットって自分で洗濯できる?

ジャケットは、自分で洗濯することができるのでしょうか?洗えるものと洗えないものがあるので、まずはチェックするところから初めてみましょう。

洗えるかどうか洗濯表示で確認を

まずは、手持ちのジャケットが洗えるとかどうかを、確認しましょう。

同じ素材だったとしても、水洗いの可否は異なることがありますので、洗濯表示のチェックは必須です。『洗濯機で洗える』『手洗いできる』のいずれかのマークがあれば、自宅で洗濯が可能です。

ウールなどのデリケートな素材で『水洗い不可』『ドライクリーニング』の表示がある場合には、クリーニングに出しましょう。無理に洗うと、シワやヨレなどが生じて、きれいに着れなくなってしまう可能性があります。

洗濯できるスーツに注目

購入の際に家で洗濯できるスーツを選んでおくと、洗濯をどうしようかと後で悩む必要がありません。

水で洗ってもシワになりにくい加工が施されていたり、型崩れに強かったりと、さまざまな工夫が盛り込まれた商品も増えています。

素材は、ウールとポリエステルの混紡などになっていることがほとんどです。自宅で洗えるため、クリーニング代が掛かりません。

また、汗や臭いを気にせず快適に着られるなど、着心地の面でもメリットがあります。暑い時期に着用するスーツやジャケットを選ぶ際には、特におすすめです。

ジャケットの洗い方を解説!

(出典) photo-ac.com

ジャケットの洗い方を具体的に解説します。失敗せずに洗うために、手洗いする場合と洗濯機が使える場合、それぞれの注意点をチェックしましょう。

洗剤の選び方と事前準備

ジャケットを洗濯する際には、洗剤の選び方と事前準備が重要です。

まずは、洗濯表示をチェックし、洗剤の指定があるかどうかの確認をします。指定がある場合はその洗剤を、特にない場合には型崩れや色落ちを防いでくれる『おしゃれ着用の洗剤』を用意しましょう。

また、洗い始める前に、汚れ具合をチェックすることも大切です。特に、袖口や襟は汗染みなどが付きやすい場所です。汚れが目立つ場合には、まずは部分洗いを行っておきましょう。

手洗いで洗う際の流れ

ジャケットを手洗いする方法は以下の通りです。注意点にも触れているので、洗う際にはぜひ参考にしてみましょう。

  1. 洗面器やシンクなどに水を張り、洗剤を入れる
  2. ジャケットを軽く畳み、押し洗いしながら汚れを溶かし出す
  3. 泡が出なくなるまで、きれいな水ですすぐ
  4. 洗濯ネットに入れて、10秒ほど洗濯機で脱水
  5. 風通しのよい場所に干して完了

2の手順の際、ゴシゴシこすらないのがポイントです。

また、手洗いした後にねじって絞ると、ジャケットが伸びてしまうので注意しましょう。

洗濯機可のジャケットの洗い方

洗濯機使用可能なジャケットを洗う手順を紹介します。注意点も要チェックです。

  1. 洗濯ネットを用意し、ジャケットを畳んで入れる
  2. 洗濯機を『手洗いコース』などの優しい水流モードに設定し、洗剤を入れて洗う
  3. 直射日光の当たらない、風通しのよい場所に干して完了

ジャケットを洗う際は、型崩れを防ぐためにも洗濯ネットを使用しましょう。ネットに入れるときは、汚れた部分が外側になるように入れます。

また、洗濯機を使用する方法の場合、ジャケットが傷んでしまうのを防ぐためにも、必ず『手洗いコース』や『ドライコース』などで洗濯しましょう。

さらに、ジャケットが変色しないように直射日光を避けるのもポイントです。

ダウンジャケットを洗いたい場合は?

(出典) photo-ac.com

ダウンジャケットを家で洗いたい場合には、どうすればいいのでしょうか?自宅で洗う際のチェックポイントやコツを紹介します。洗うだけでなく、干し方が大きなポイントになるので、しっかりと押さえておきましょう。

ダウンジャケットを洗う際の注意点

ダウンジャケットを洗う場合、まずは洗濯表示をチェックしましょう。洗濯機マークや手洗いマークが付いていれば、安心して洗うことができます。

不可の表示であったとしても、ダウンジャケットに使われている素材はナイロンなどであることが多いです。そのため、工夫すれば洗える場合もありますが、試す場合は自己責任となります。

素材がレザーやフェイクレザーの場合には、必ずクリーニングに出しましょう。

ダウンジャケットは手洗いで優しく

ダウンジャケットを手洗いする際の手順と注意点は以下の通りです。事前にしっかりと押さえておきましょう。

  1. ファスナーを閉め、フードが付いている場合は取り外す
  2. スポンジやタオルに洗剤を染み込ませて、襟や袖口を軽く叩くようにして汚れを集中的に落とす
  3. ぬるま湯を浴槽などにためて洗剤を溶かし、2〜3回くらい優しく押し洗いする。洗いすぎはNG
  4. 絞らずに、タオルなどで水分を吸い取る
  5. 形を整えて陰干しして、ダウンの中までしっかりと乾かす

正しい干し方と中綿の復活ワザ

ダウンジャケットは、表面が乾いてきたら全体を手でほぐして、ダウンが片寄らないようにするのがポイントです。ほぐさずに干すと羽毛同士がくっついてしまい、仕上がりがフワッとせずにぺちゃんこになってしまいます。

もし、ぺちゃんこになってしまったら、まずはもう一度水に浸して、全体をほぐしながら干し直しましょう。

乾燥機がある場合には、低温設定で10分ほど乾かします。表面が乾いてきたタイミングで試すのがおすすめです。

完全に乾かそうとせず、8割程度乾いたら乾燥機をストップしましょう。

正しい手順でジャケットを洗濯してみよう

(出典) photo-ac.com

ジャケットは、正しい手順を守れば自宅で洗濯できます。型崩れしたり、生地が傷んだりしないように、コツをしっかりと押さえて洗いましょう。

中には、洗えるジャケットも増えてきているので、購入の際には洗濯表示をチェックするのもおすすめです。

家で洗濯するコツをしっかりとマスターすれば、汗をかきやすい時期にも、お気に入りのジャケットを快適に着ることができます。クリーニングにわざわざ持っていく手間もコストもなくなるので、ぜひ挑戦してみましょう。


※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手