ネックレスのサビ取りは簡単!サビる原因や正しい保管方法も紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

ネックレスのサビ取りは簡単!サビる原因や正しい保管方法も紹介

「久しぶりにネックレスを着けようとしたら、サビて黒ずんでいる!」という経験をしたことがある人は多いでしょう。ネックレスのサビ取りは身近なものを使って、自分で簡単に行うことができます。サビを取る方法からサビる原因や正しい保管方法も紹介します。

ネックレスがサビるのはなぜ?

 

ネックレスがサビる原因は、ネックレスに付いた物質が硫化したり、酸化したりすることです。サビの原因となる物質は、汗や皮脂、さらには空気中にも含まれているものなので、ネックレスはどうしてもサビやすくなります。

汗・皮脂・化粧品などが原因

ネックレスのサビの多くは、硫化によって起こります。

ネックレスを着けると必ず素肌に触れるため、硫黄水素の含まれた汗・皮脂がどうしても付くものです。場合によっては、さまざまな化学物質が含まれた化粧品や、ヘアースプレーが付着することもあるでしょう。

これらの硫黄成分が、ネックレスの金属と結びついて黒いサビになるのです。

また、空気中にも硫化水素が、微量ながら含まれていますので、ネックレスを着けずに置いているだけでもサビる可能性があります。

さらに、温泉や入浴剤にも硫黄成分は含まれていますから、ネックレスを着けたまま入浴すると、サビてしまうこともあるでしょう。

ネックレスのサビを取る方法

ネックレスのサビを取る方法はいくつかあります。ここでは、塩や炭酸水、中性洗剤など、身近にあるものを使って簡単にできる方法をご紹介します。

塩を使ったサビ取り

塩を使えば、ネックレスに付着したサビを取り除くことができ、元のきれいな色に戻せます。塩を使ったサビ取りをするのに用意するものは、下記の通りです。

  • 深めの皿や容器
  • アルミホイル
  • 塩(約50g)
  • お湯
  • 柔らかい布

準備ができたら、以下の手順でやってみましょう。

  1. 深めの皿にアルミホイルを敷きます
  2. 続いて塩を入れ、お湯を注ぎます
  3. ネックレスをつけ、1分ほど放置します
  4. 柔らかい布で、水分を拭き取って乾燥させれば完了です

炭酸水を使ったサビ取り

炭酸水によっても黒いサビを取り除くことができます。やり方はとても簡単で、ネックレスを炭酸水の中に一晩つけておくだけです。

使用する炭酸水は、コーラやサイダーなど糖分やほかの成分が含まれた炭酸飲料ではなく、純粋な炭酸水を使用するようにしましょう。

炭酸水に含まれる炭酸ガスが、細工の細かいところにも入り込み、すみずみまできれいにしてくれます。

中性洗剤を使ったサビ取り

ゴールドのネックレスは、中性洗剤を使った方法がおすすめです。用意するものは、下記の通りです。

  • 中性洗剤
  • ぬるま湯
  • 深めの容器
  • 柔らかい布

準備ができたら、下記の手順でお手入れします。

  1. ぬるま湯を入れた容器に、中性洗剤を1~2滴入れます。
  2. ネックレスを入れて、3~5分ほどつけ置きします。
  3. ぬるま湯ですすぎます。
  4. 汚れが落ちていない場合は、柔らかいブラシなどでそっとブラッシングし、もう1度ぬるま湯ですすぎます。
  5. 柔らかい布で水分を拭き取り、乾燥させます。

特に宝石や天然石が付いている場合は、熱湯を使用すると割れてしまうことがあるので、必ずぬるま湯を使うようにしましょう。

重曹を使ったサビ取り

重曹を使ってもネックレスに付いたサビを取り除くことができます。準備するものは下記の通りです。

  • 重曹(大さじ1)
  • アルミホイル
  • 耐熱容器
  • 熱湯
  • 柔らかい布

用意できたら、以下の手順で行いましょう。

  1. 耐熱容器にアルミホイルを敷きます。
  2. 熱湯を注ぎ、さらに重曹も入れて溶かします。
  3. ネックレスを入れて、5~10分つけ置きます。
  4. 柔らかい布で水分を拭き取り、乾燥させれば完了です。

アルミホイルと重曹にお湯を注ぐことで発生した水素が、ネックレスの表面に付いた成分と結びつくことで、元のきれいな状態に戻すことができるのです。

ネックレスのサビを防ぐ方法

ネックレスはサビやすいものです。きれいな状態に保つためには、小まめな日々のケアと正しい方法で保管することが大切です。

使用後にクロスや洗剤でケアする

サビの原因のうち、特に汗や皮脂は、ネックレスを着けるたびに付着してしまうものです。

サビを予防するためには、小まめなケアが欠かせません。最も望ましいのは、使用後に毎回中性洗剤を使って洗うことです。

しかし、時間がなくそこまで手間をかけられない場合は、クロスで拭くだけでも効果的です。特に、汚れが気になるときは、ぬるま湯で軽くすすぐだけでも違うでしょう。

ネックレスのサビを防止するためには、できるだけ日常的にケアをすることが大切です。

正しい保管方法で空気から守る

ネックレスは、空気中に含まれる硫黄や酸素によってもサビがつきます。

そのため、保管の際には、ネックレススタンドを使って全体を空気に触れさせるよりは、小さなファスナー付きの袋に収納するのがおすすすめです。

ファスナー付きの袋は、100円ショップなどでさまざまなサイズのものが販売されています。チェーンの長さや太さ、デザインに合わせたサイズを選ぶと便利でしょう。

また、チェーンの絡まり防止のためには、薄紙などでネックレスを包んでから袋に入れるのがおすすめです。

ネックレスのサビを取っておしゃれしよう

ネックレスは顔に近い首元に着けるものだけに、着けると着けないでは随分印象が異なるものです。

そのネックレスがサビで汚いと、せっかくのおしゃれが台無しになってしまうこともあるでしょう。

ネックレスのサビは、身近にあるものを使って、自分で簡単に取り除くことができます。元通り美しくなったネックレスでおしゃれを楽しみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手