携帯ラジオのおすすめ商品を紹介!種類や機能、選び方も解説 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

携帯ラジオのおすすめ商品を紹介!種類や機能、選び方も解説

防災ラジオは、災害時やアウトドアなどで大活躍してくれます。ラジオで情報収集ができるだけではなく、ライト機能や携帯の充電機能が搭載されているなど、非常時のことを考えた設計がなされています。具体的な製品も紹介しているので、検討してみましょう。

携帯ラジオが活躍するのはどんなシーン?

携帯ラジオは、主に防災アイテムとしての需要が高い製品です。インターネットやWiFiが使えない環境でも、ラジオであれば電波を受信できることが多く、良質な情報を小まめにキャッチできます。そのため、アウトドアで活用されることも増えています。

防災アイテムとしての高い需要

ラジオには、災害時に役立つ『防災ラジオ』があります。通常のラジオとは異なり、防水機能・ライトなどが搭載されているタイプの製品もあり、コンパクトな作りになっているのが一般的です。

ラジオは、WiFiなどのネット環境や電話回線などを必要とせず、受信機を通して電波をキャッチすれば無料で聴くことができます。

災害時には、スマートフォンは主に連絡手段としての用途が優先されるため、バッテリーの消耗も避けたい状況にあることが考えられるでしょう。

またインターネットの情報は、すぐに入手できる分デマなども多く含まれます。防災ラジオがあれば、信頼性の高い有益な情報を得ることが可能です。

アウトドア用途で人気

アウトドアで、山・海などの自然豊かな場所に行くと、電波が入らないケースもあります。しかしラジオであれば、環境に左右されずに比較的電波を受信しやすいので、天候の変化などの情報をリアルタイムでキャッチすることが可能です。

また、ラジオで音を出すことによって、熊避けの鈴代わりに使う人もいます。身の安全のためにも、アウトドアにラジオがあると心強いでしょう。

さらに音楽などを流しながら、気分転換をすることもできます。比較的コンパクトで携帯しやすいサイズのものが多く、ポケットなどに入れて運べるので便利です。

携帯ラジオの選び方

災害時やアウトドア用に携帯ラジオを選ぶ際に、注目すべきポイントを4点紹介します。『AM』『FM』『ワイドFM』全てに対応し、付加機能が充実しているか、また手回し充電機能があり、防水性が高いかどうかを確認しておきましょう。

AM・FM・ワイドFMに対応しているか

災害時には、とにかく情報を得ることが重要になります。そのため防災ラジオを選ぶ際には、対応周波数がなるべく多いラジオを選ぶのがポイントです。

可能であれば、周波数の異なるAM・FM・ワイドFM全てに対応している製品を選ぶのをおすすめします。それぞれ、特徴が異なるので押さえておきましょう。

種類 特徴
AM 周波数が526.5〜1605.5kHzと広め。山などの障害物に強いが建物の中では弱い。音質が悪く、災害時にはやや弱い。
FM 周波数が76.1〜94.9MHzと狭いが、建物の中でも聴こえやすい。山などの障害物には弱いが、『コミュニティ放送』で地域の情報をキャッチできるなど、災害時に強い。
ワイドFM  周波数90.0〜94.9MHz。AMラジオが聴こえづらい場合にも、FMラジオを通してAMラジオを聴くことができるため、災害時に役立つ。

付加機能が充実しているか

防災ラジオには、停電時に使えるライトや、スマートフォン・携帯の充電機能が搭載されているものも多いです。

ほかにも、居場所を知らせることができるサイレンや、テレビを見ることができるワンセグなど、さまざまな機能が搭載されている製品もあります。購入時に、搭載されている機能をチェックしましょう。

ただし、スマートフォンや携帯の充電機能を使う場合には、接続端子が手持ちの機種に対応している必要があります。購入時には、その点も確認しておくと安心です。

手回し充電が可能かどうか

防災ラジオは、一般的には乾電池で動きます。しかし、災害現場では電池が切れてしまうことも想定されるでしょう。

そのような場合に備えて『手回し充電』可能なラジオがあります。本体にハンドルが付いており、充電したいときにハンドルを回せば充電可能です。スマートフォンも、この手回し機能で充電できるケースもあります。

しかし、手回し機能があるからといって、乾電池が不要なわけではありません。手回しでの充電はどうしても時間がかかってしまいますし、労力もかかります。あくまでもサブ機能であるとの認識で備えておきましょう。

防水性のスペックにも注目

雨などにぬれてしまうケースも想定して、防水タイプのラジオを選んでおくことをおすすめします。水没させても壊れない『完全防水』のラジオはあまりないですが、雨などには耐え得るものは多いです。

防水ラジオの場合、具体的な防水レベルはIPX4のものが一般的には1番多く、四方八方から飛んでくる水しぶきには耐え得るという意味になります。

1段防水レベルが下がるIPX3タイプのものでも、雨には十分に対応できる防水レベルを満たしています。購入時には、どの程度の水に耐えられるのかもチェックしておきましょう。

携帯ラジオのチューニング方法

携帯ラジオには、自動でチューニングして聴きたい局に合わせてくれる『シンセチューニング方式』と、手動で普段から聴いている局などをチューニングをして選局する『アナログチューニング方式』の二つがあります。

それぞれの特徴を押さえ、自分が使いやすいものを選びましょう。初心者にはシンセチューニング方式がおすすめです。

シンセチューニング方式

シンセチューニング方式のラジオは、電源を入れると自動で選局してくれます。普段はラジオを聴く習慣がなく、どの局に合わせたらよいのか分からないという人には、このシンセチューニング方式がおすすめです。

周波数は液晶画面にデジタル式で表示されることが多いので、聴きたい局が決まっている場合は、画面を見ながら調整するとよいでしょう。

しかし、微調整が難しいというデメリットがあるので、FMなどの短波局を聴きたい場合には不向きです。

アナログチューニング方式

アナログチューニング方式のラジオは、自分でダイヤルボタンを調整しながら選局します。普段からラジオを使い慣れている人におすすめのタイプです。

感覚を手掛かりに選局しなければならない難しさはありますが、環境やエリアによっては、遠くのラジオ局ともつなげることができます。広範囲から情報を得たい人にも最適です。

ただし、温度変化が激しい場所で使う場合は、周波数がずれやすくなり、聴きたい局に合わせるまでに時間がかかる可能性があります。

現代的なスペックを持つ携帯ラジオ

携帯ラジオはサイズがコンパクトであるだけではなく、さまざまな機能が充実している製品が増えています。Bluetoothで接続できたり、レコーダー機能も付いていたりと、防災用に限らず、普段の生活でも1台あると便利です。

BGMを流せるスピーカー機能付き

携帯ラジオには、スピーカー機能が搭載されているタイプの製品があります。スピーカーが搭載されていると、大人数で聴くことができるので、災害時には周囲の人たちと一緒に情報を共有することが可能です。

また、山登りなどのアウトドアで使う際には、登山のお供に音楽やニュースを流すなど、BGMとして使うこともできます。

普段使いの場合でもスピーカー機能があれば、料理しながらなど何か別のことをしつつ音楽や語学、ニュースといったコンテンツを楽しむことができます。

利便性に優れるBluetooth機能付き

Bluetoothスピーカーが搭載されているラジオは、スマートフォンと簡単に接続でき、音楽を大音量で楽しむことができます。コンパクトなサイズのものであれば、野外や車内にも持ち込みやすいでしょう。

野外やキッチン、お風呂場などで使う場合は、さらに防水機能が搭載されているタイプを選んでおくのがおすすめです。

また音質にこだわっている製品もあるので、購入時には自分が重視したいポイントを考慮の上、検討してみましょう。

レコーダー機能を持つラジオレコーダー

ラジオには、録音機能を搭載しているタイプの製品もあります。中には、設定しておけば自動で番組を録音してくれる『予約機能』が付いているものもあります。

時間・曜日などを設定できるので、仕事中や、早朝・深夜などの時間の番組でも録り逃すことがありません。

20件ほどの番組を予約設定できる製品もあり、録りためた番組を外出先でも楽しめます。また、ICレコーダータイプの製品であれば、会議の録音などにも大活躍するでしょう。

アウトドアに最適!厳選おすすめ携帯ラジオ

アウトドアなどに最適なラジオには、どのようなものがあるのでしょうか?荷物を少なくしたいシーンで活躍してくれる、携帯タイプのラジオを3点紹介します。

東芝 ワイドFM・AMポケットラジオ TY-SPR4-W

名刺サイズで、ポケットにも入る携帯ラジオです。持ち運びの際にスペースを取らないので、防災グッズやアウトドアのお供としてもぴったりでしょう。

AM・FM・ワイドFM全ての受信に対応しています。シンセチューニング方式なので、AM・FMから各10局の選局を自動でしてくれるのもポイントです。そのため、ラジオ操作に慣れていなくても楽に使えるでしょう。

また、LEDライト・デジタル時計・目覚ましなどの便利な機能も搭載されています。ほかにも、バッグの中での誤作動を防いでくれるホールド機能付きです。

東芝 ワイドFM・AMポケットラジオ TY-SPR4-W

税込3312円

※2021年04月26日時点

Amazonで詳細を見る

 

東芝 ワイドFM・AMラジオポケットラジオ TY-APR4-K

AM・FM・ワイドFM全ての受信に対応している、ポケットタイプの携帯ラジオです。アナログチューニング方式なので、自分で聴きたい局を選びながら使えます。

デジタルチューナーが搭載されているので、局をピタッと選べて、スムーズに操作できるラジオです。ランプを見れば、ラジオの受信レベルをすぐに確認できます。

内蔵スピーカー使用時は、単4乾電池2本でAM受信が約45時間、FM受信は約40時間使用可能です。

東芝 ワイドFM・AMラジオポケットラジオ TY-APR4-K

税込2030円

※2021年04月26日時点

Amazonで詳細を見る

 

オーム電機 携帯ラジオ RAD-P2229S

感度のよい局を、AM・FMそれぞれ20局から自動選局してくれるシンセチューニング方式の携帯ラジオです。ワイドFMにも対応しているので、防災用・アウトドア用にもおすすめです。

誤作動防止のロック機能が付いているので、カバンやポケットの中で勝手に作動することがありません。

また、スピーカー・時計・アラームなどの機能も搭載されているので、利便性も高いです。液晶には照明が付いているので、暗い場所でも画面を見やすい設計になっています。

オーム電機 携帯ラジオ RAD-P2229S

税込1642円

※2021年04月26日時点

楽天で詳細を見る

 

防災用に重宝!厳選おすすめ携帯ラジオ

防災用に重宝する携帯ラジオを3点紹介します。手回しハンドルやソーラーなど、電源がなくても充電できる機能が搭載されていたり、携帯の充電やライト機能が搭載されていたりと、防災用に用意しておくと心強い製品ばかりです。

ソニー FM・AMポータブルラジオ ICF-B09

AM・FM・ワイドFM全ての受信に対応しているラジオです。乾電池が切れてしまっても、手回し充電できるハンドルが付いていたり、iPhoneなどのスマートフォンや携帯電話を充電できたりするので、災害時にも役立ちます。

また、LEDライト・ソフトライト機能を搭載しているので、夜間や停電のときにも備えられるほか、懐中電灯のようにも使用可能です。加えて、IPX4相当の防水機能も搭載されており、少量の雨であれば問題ない仕様になっています。

ソニー FM・AMポータブルラジオ ICF-B09

税込6182円

※2021年04月26日時点

Amazonで詳細を見る

 

ソニー FM・AMハンディーポータブルラジオ ICF-51

手のひらサイズでありながらも、FM受信用のロッドアンテナが付いており、AM・FM・ワイドFM全ての受信に対応できるラジオです。

アナログチューニング方式を採用しており、チューニングインジケーターによって、選局の際もスムーズに合わせられます。

AM放送が入りにくい場所でも音質はクリアなので、普段使いはもちろん、災害時にもぴったりでしょう。

単4乾電池2本の電池駆動式のため、災害時に使う場合は、普段から電池をストックしておくと安心です。カラーは、ホワイト・レッドの2色展開です。

ソニー FM・AMハンディーポータブルラジオ ICF-51

税込1951円

※2021年04月26日時点

Amazonで詳細を見る

 

アイリスオーヤマ 手回し充電機能付き 防災ラジオ JTL-29

手回し充電・ソーラー充電・USB充電と、3種類の充電機能が搭載されています。電源を確保できなくても充電することができるので、いざというときにも頼りになるでしょう。

また、AM・FM・ワイドFM全ての受信に対応しています。LEDライト・SOSアラームなど、ほかの機能も充実しているため、これ一つで明かり・電源・情報が確保できる心強いラジオです。

加えて、雨粒や水滴などにも耐えるIPX3の防水設計になっています。

アイリスオーヤマ 手回し充電機能付き 防災ラジオ JTL-29

税込4780円

※2021年04月26日時点

Amazonで詳細を見る

 

用途に合わせた携帯ラジオを選ぼう!

災害時やアウトドアなどのシーンでは、防災ラジオがあると心強いです。信用できる情報の収集がスムーズになるだけではなく、スマートフォン・携帯電話の充電にも役立ってくれます。

また、手動で充電できるものであれば、いざというときに電池が切れても安心です。災害時だけではなく、普段使いできる製品も多いので、日頃から手元に準備しておくのがおすすめです。

コンパクトな名刺サイズのものもあるので、自分に合ったラジオを選んでみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手