酸素系漂白剤の正しい使い方。使用時の注意点やおすすめ商品を紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

酸素系漂白剤の正しい使い方。使用時の注意点やおすすめ商品を紹介

酸素系漂白剤の正しい使い方をご存知でしょうか?衣類だけでなく食器・洗濯槽・お風呂場の洗浄もできるのでとても便利ですが、塩素系漂白剤とは絶対に混ぜないように使うことがポイントです。粉末・液体それぞれのタイプのおすすめ商品も紹介します。

酸素系漂白剤とは

 

酸素系漂白剤とは何か、およその特徴を把握しましょう。漂白剤には塩素系もあるので、両者の違いについても解説します。それぞれの特徴を押さえて、使い分けましょう。

色柄モノ衣類の汚れに使われる漂白剤

酸素系漂白剤は、酸素の力で汚れを落とす洗剤です。成分としては、過炭酸ナトリウムや過酸化水素が使われています。

塩素系漂白剤のような臭いのクセはなく、漂白・消臭・除菌など、さまざまな用途で使えます。洗浄のメカニズムは、活性酸素を出して酸化力・発泡力で色素を分解し、汚れを漂白する仕組みです。

色柄モノの洗濯はもちろん、洗濯機・キッチン・排水溝の掃除などにも応用することができ、幅広く使える点がポイントです。

塩素系漂白剤との違い

塩素系漂白剤の主成分は、強い臭いと殺菌力のある次亜塩素酸ナトリウムです。塩素系は効果が強いので、繊維を傷めるリスクがあることに加え、色が抜けてしまうので色柄モノには使えません。

その点酸素系漂白剤は、色柄モノにも使える漂白剤であるのがうれしいポイントです。また臭いもなく体への刺激も少ないのが特徴です。塩素系漂白剤のデメリットや懸念点を、およそ払拭してくれる洗剤といえるでしょう。

着色や黄ばみなどを落としたいときに有効ですので、頑固なシミや汚れを落としたいときや、普段の洗濯に少し足すなど必要に応じて使用してみましょう。

酸素系漂白剤の選び方

酸素系漂白剤の選び方を解説します。大きく粉末タイプと液体タイプに分けられるので、それぞれの特徴を押さえましょう。また、界面活性剤などの補助成分に着目して選ぶと、特定の汚れに効果的な商品を選ぶことができます。

タイプで選ぶ

酸素系漂白剤には大きく分けて、『粉末タイプ』と『液体タイプ』の二つがあります。

頑固な汚れを落としたい場合には、粉末タイプが効果的でしょう。水に溶かして浸け置きもできますし、洗濯機に入れて洗濯槽の掃除用洗剤として使っても大丈夫です。

またシルクなどのデリケートな素材の衣服を洗濯する場合には、液体タイプを使いましょう。効果は粉末タイプよりも弱いですが、その分衣類の繊維を傷めにくいメリットがあります。

迷った場合は、まず液体タイプから試してみると、素材の傷みや色落ちのリスクを軽減できるでしょう。

配合成分を確認する

補助成分を確認することで、より効果を発揮してくれるタイプの洗剤を選ぶことができます。

界面活性剤が入っている場合は、水性・油性いずれの汚れにも効果的です。衣類などの表面に付着している汚れをしっかり分解してくれるので、その分しっかりと漂白効果が出やすくなります。

また酵素は特定のタンパク質の分解に優れているので、血液・ミルク・汗ジミなどのタンパク質系の汚れが気になる場合におすすめです。ただし酵素は洗濯物の表面に残りやすいため、肌が弱い人や赤ちゃんがいる家庭にはおすすめできません。

酸素系漂白剤の使い方

酸素系漂白剤で衣類以外を洗う方法もいくつか紹介します。洗濯機・食器・浴槽などにも手軽に応用できるので、それぞれの方法をチェックしてみましょう。

洗濯時の使い方

衣類の洗濯に使う際には、普段の洗濯をするときと同じように、洗剤に混ぜて使いましょう。洗濯機を回すだけで漂白効果をプラスすることができる、とても手軽な方法です。全体的にバランスよく漂白しながら洗浄してくれます。

また部分的に気になるシミや汚れ、襟元の汗ジミなどがある場合には、浸け置き洗いが有効です。

40℃以下のお湯を洗面器などに入れて、漂白剤を混ぜましょう。その中に洗いたい衣類を入れて、1時間ほどを目安に浸け置きします。その後、浸け置きした液体と一緒に洗濯機に入れて、普通に洗濯するのがおすすめです。

洗濯槽の掃除方法

洗濯槽にまず40〜50℃くらいのお湯をためます。漂白剤をお湯10lに対して100gを目安に入れ、この状態で5分くらい洗濯機を回しましょう。回し終わったらそのまま30分ほど放置します。

このセットを3回ほど繰り返し、終わったら湯を捨てずに一晩放置しましょう。朝になったらカビなどが浮いてきているはずなので、それらを取り除いて洗濯機を5分ほど回します。最後にすすいで脱水して完了です。

浮いてきた汚れやゴミをそのままにしておくと、排水溝が詰まる可能性があるので、必ず取り除くのがポイントです。すすいでもきれいにならない場合は数回繰り返しましょう。

食器や水筒の掃除方法

コップの中のぬめりやタンブラーのゴム部分に付いた汚れ、茶渋などの汚れなども、酸素系漂白剤ですっきり落とせます。

シンクや大きめの洗面器などに、漂白剤大さじ1を2lくらいのお湯に溶かし、洗いたい食器や水筒を浸け置きしましょう。

しばらく置いておくと、汚れが剥げ落ちて浮いてきます。様子を見ながら、汚れが落ちたタイミングで洗い流して完了です。鍋の焦げ落としにも使える方法ですので、応用してみましょう。

風呂釜の掃除方法

お風呂に入った後の残り湯を、循環口の5cmくらい上まで残し、酸素系漂白剤を200〜300gほど入れます。そのまま追い焚きをしてお湯を40〜50℃に温め、3時間ほど放置しましょう。

その後再度10分ほど追い焚きをし、終わったら水を捨て、浴槽をシャワーで洗い流します。

そして再度、循環口の5cmほど上の辺りまで水をためて追い焚きをしましょう。循環口の奥にたまった汚れも浮いてきます。

浴槽の中の水を洗い流したら、いつも通りに掃除をして完了です。また洗面器などを一緒に入れていた場合は、使う前にシャワーなどで洗い流してから使いましょう。

酸素系漂白剤の注意点

酸素系漂白剤を使用する際の注意点を、2点解説します。酸素系漂白剤はほぼ全ての素材に使えますが、中には使用できない素材もあるので、知っておきましょう。

また特に『まぜるな危険』の記載は絶対に守りましょう。塩素系と酸素系を混ぜるのはどのような状況でもNGです。

使えない素材がある

酸素系漂白剤の粉末タイプは、シルクやウールなどのデリケートな素材に使うのは避けましょう。

また粉末・液体タイプいずれも、そもそも水洗いできないものに使うのはNGです。例えば、金属製のボタンやファスナーが付いている衣類、金属由来の染料が使ってあるものです。

使えない素材に誤って使ってしまうと、変色や傷みの原因になってしまいます。

さらに衣類などの素材表示ラベルや、洗濯ラベルの表記を必ず確認してから使用しましょう。使う前には衣類側だけでなく、洗剤のパッケージ表記も確認すると、誤って不適切な素材に使ってしまうのを防ぐことができます。

塩素系漂白剤と混ぜてはいけない

塩素系・酸素系の洗剤は絶対に混ぜて使ってはいけません。毒性の高い塩素ガスが発生して大変危険です。洗剤の表記で『まぜるな危険』と目立つように書かれているのは、このリスクを避けるためです。

また直接混ぜるのを避けるのはもちろんのこと、排水溝に残っているような場合にも気を付けましょう。塩素系漂白剤を使った後に、酸素系漂白剤を流したりするのも、混ぜるのと同じことです。

酸素系漂白剤を使う際には、その場だけでなく、その前後のプロセスまで確認したうえで使用しましょう。

粉末タイプのおすすめ酸素系漂白剤

粉末タイプの酸素系漂白剤を3点紹介します。いずれも、通常の洗濯とも合わせて使える商品です。ワイシャツの襟元の汗ジミや子どもの食べこぼしなどが気になる場合は、ぜひ普段の洗濯に取り入れてみましょう。

グラフィコ「オキシクリーン OX 1500g」

汚れや臭いをしっかりと落としてくれる酸素系漂白剤です。衣類はもちろん、キッチン・浴室・リビング・玄関の掃除にも応用可能です。無香料タイプなので、香りが苦手な人にもおすすめです。

メーカーから、いつもの洗濯に一杯足す『オキシ足し』という使用法も提案されている商品で、日常使いも推奨されています。液体タイプも販売されているので、ニーズに合わせてチェックしてみましょう。

グラフィコ『オキシクリーン OX 1500g』

税込1110円

※2021年03月30日時点

楽天で詳細を見る

 

シャボン玉石けん「酸素系漂白剤 750g 2225」

洗濯やシミ抜きだけではなく、食器や台所用品、ベビー用品の漂白・消臭・除菌などマルチに使用が可能です。塩素系漂白剤では洗うことができないステンレス水筒の茶渋や、コーヒー渋などの汚れ落としにも使えます。

30〜50℃のお湯に溶かして使用すると、より効果を高めることが可能です。いつもの洗剤に足して使うこともできるので、普段から漂白しながら洗濯することができます。

シャボン玉石けん『酸素系漂白剤 750g 2225』

税込437円

※2021年03月30日時点

楽天で詳細を見る

 

ニチガ「酸素系漂白剤 3kg 過炭酸ナトリウム ATANNSANN3K」

シルクとウール以外の繊維には全て使うことができるうえに、樹脂加工品の洗浄にも使用可能です。洗濯機のカビ取り・台所用品のシミ取りなどにも応用可能で、漂白・消臭・除菌効果が期待できるでしょう。

また重曹と一緒に使うと、皮脂汚れにより効果を発揮してくれる商品でもあります。無臭なので、食器などを洗う時にも使いやすいでしょう。

ニチガ『酸素系漂白剤 3kg 過炭酸ナトリウム ATANNSANN3K』

税込1660円

※2021年03月30日時点

Amazonで詳細を見る

 

液体タイプのおすすめ酸素系漂白剤

液体タイプの酸素系漂白剤を3点紹介します。詰め替えパック商品があるものは、お得に使い続けられるのがうれしいポイントでしょう。また赤ちゃんのおむつなどに使える安心な洗剤もあります。

液体タイプは粉末タイプより使える範囲が広いので、家に常備しておくと便利です。

ライオン「ブライトW 漂白パワージェル 600ml」

襟や袖の黒ずみなどの頑固な汚れも、ハイパワーで落とせる洗剤です。汚れを落とした後、次に付いた汚れも落ちやすくしてくれる『クリア漂白』機能は、日々の洗濯を楽にしてくれる心強い味方でしょう。

またすっきりとしたミントグリーンの香りが、爽やかに仕上げてくれます。複数回詰め替えられる大容量のパウチも販売されているので、1度使い始めれば、お得に使い続けることができるのもおすすめのポイントです。

ライオン『ブライトW 漂白パワージェル 600ml』

税込780円

※2021年03月30日時点

楽天で詳細を見る

 

花王「ワイドハイター EXパワー 600ml」

いつもの洗濯をしながら、漂白・消臭・除菌・抗菌効果も叶えてくれる洗剤です。爽やかな花の香りが、洗い上がりをさらに心地よく仕上げてくれます。

詰め替え用も販売されているので、1度使い切ってもお得に使い続けることができるでしょう。赤ちゃんの衣料にも使える安心な洗剤でありながら、臭いの元などもすっきりディープクレンジングしてくれます。

花王『ワイドハイター EXパワー 600ml』

税込268円

※2021年03月30日時点

楽天で詳細を見る

 

チュチュベビー「液体漂白剤 400ml」

布おむつなど、赤ちゃんの肌着にも使える安心な洗剤です。おむつに付いてしまう、便や尿といった黄ばみや臭いにも効果を発揮してくれます。

洗いながらしっかり除臭してくれるうえ、除菌効果もあるので、ベビー用品の手入れに悩む人には特にうれしいポイントでしょう。

また哺乳瓶を含む、プラスチックなどの漂白にも応用できます。界面活性剤が配合されており、安全でありながらも汚れをしっかり落としてくれる漂白剤です。

チュチュベビー『液体漂白剤 400ml』

税込595円

※2021年03月30日時点

Amazonで詳細を見る

 

酸素系漂白剤で頑固な汚れを落とそう

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤よりも刺激が少なく、パワーはやや劣るものの十分に汚れを漂白できるメリットがあります。色や柄モノにも使えるなど、基本的には幅広い素材に対して有効な洗剤です。

粉末タイプの場合は、シルクやウールといったデリケートな素材には使用を避けるなど、例外をしっかりと押さえておけば安心でしょう。

また酸素系漂白剤は衣類の洗濯だけではなく、食器・浴槽・洗濯槽の洗浄などにも有効なので、家中のあらゆる場所の掃除にも役立ちます。ただし塩素系漂白剤とは、絶対に混ぜないように注意が必要です。

使いやすいタイプを見つけ、ぜひ常備しておきましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手