ゲーミングモニターは選び方が肝心!おすすめモニターも紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

ゲーミングモニターは選び方が肝心!おすすめモニターも紹介

ゲームをする際、通常のモニターでゲームをしても楽しいものですが、ゲーミングモニターを使うとパフォーマンスが違います。ゲームの結果を左右することさえあるでしょう。ゲーミングモニターの種類や選び方、おすすめのモニターを紹介します。

ゲーミングモニターとは?

ゲーミングモニターとは、通常モニターよりもさまざまな処理速度が速いモニターです。一瞬の時間差が命取りともいえる場面も少なくないゲームの世界では、導入するとしないとでは、大きな違いがあるでしょう。

通常モニターとの違い

ゲーミングモニターと通常モニターとの違いは、その映像のなめらかさにあります。特にその違いが際立つのが、アクションゲームやレーシングゲームなどスピード感のあるゲームです。 ゲーミングモニターは残像が残ることが少なく、画面のブレもあまりありません。

またコントローラーやキーボードで操作してから、モニターに伝わるまでの速度も速く、スムーズにコントロールできます。 ゲーミングモニターを導入することで、通常のモニターの人よりアドバンテージをつかみやすくなるでしょう。

ゲーミングモニターを使用するメリット

ゲーミングモニターを使用するメリットは、表示遅延によるミスが減ることです。 表示遅延とは、コントローラーやキーボードを使って指示した内容が、モニター画面に表示されるまでに起こるタイムラグのことを言います。

表示遅延が少ないと『避けたはずなのに、相手の攻撃がヒットしてしまう』といったことを減らせます。 特に格闘ゲームなど、素早くコントロールする必要があるようなゲームでは、ゲーミングモニターを導入するかどうかが勝敗を決することもあるでしょう。

リフレッシュレート、応答速度を解説

表示遅延を起こす要因は、『リフレッシュレート』と『応答速度』の違いにあります。

リフレッシュレートとは、モニターが1秒あたりに画面を更新する回数のことです。更新回数が増えるほど、ゲーム機本体から送られた指示が、画面に反映されるまでの時間が短くなります。 通常のモニターの場合、リフレッシュレートは60Hzで、毎秒60回画面の更新を行っていることになります。対して、ゲーミングモニターのリフレッシュレートは144Hzのものが多く、通常モニターの倍以上も画面の更新を行っていることになるのです。

また応答速度とは、モニターに信号が送られてから、その内容が画面に表示されるまでの時間のことです。 数値が低いほど、画面表示されるまでにかかる時間は短いことになります。応答速度が遅いと、残像や画面ブレの原因になります。

ゲーミングモニターの種類と特徴

ゲーミングモニターは、サイズ・解像度・採用パネルに種類があり、それぞれ特徴があります。自分が快適にゲームを楽しめるスペックのものを選ぶことが重要です。

ゲーミングモニターのサイズ

ゲーミングモニターは、24~27インチ(横約53~60×縦約30~34cm)くらいのサイズがおすすめです。多くのゲーマーに人気のサイズで、種類も豊富にそろっています。 また敵の動きを広く視認できるので、大きいほどよいという人もいるでしょう。しかし、その分予算や設置スペースが必要だったり、視線の移動が多くなり気分が悪くなる人もいたりしますので、よく検討した方がよいです。

なお設置スペースが限られている場合は、21インチ(横約46×縦約26cm)でも十分快適にプレイできます。

美しい映像に重要な解像度

美しい映像でゲームをするために重要となるのが、解像度です。解像度とは、画面の表示領域のことを表し、数値が大きいほど美しくリアルな画像を表示することができます。ゲーミングモニターの一般的な解像度は、以下の3種類です。

  • フルHD(FHD):1920×1080
  • クアッドHD(QHD)・ワイドスクリーン・クアッドHD(WQHD):2560×1440
  • 4KウルトラHD(UHD):3840×2160

現在最も普及しており、おすすめなのはFHDです。より美しさにこだわるなら、QHDやWQHDに対応したものを検討してもよいでしょう。 またUHDのゲームモニターはかなり高価な上、相当性能の高いパソコンも必要になります。そのためよほどのこだわりがない限り、候補から外してよいでしょう。

パネルにも種類がある

パネルにも種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。主な種類は以下の三つです。

  • TNパネル
  • VAパネル
  • IPSパネル

TNパネルはリフレッシュレートが高く、応答時間も短いので、格闘ゲームなどの高速ゲームに適します。比較的安価なものが多いですが、視野角が狭く、角度によっては見づらいことがあるのはデメリットです。

VAパネルはスペックとしては、TNパネルとIPSパネルの中間です。他の種類よりもコントラスト比が高くなり、暗い画面での画質が違います。 IPSパネルは視野角が広く、画質も非常に安定しています。しかし、応答時間は長くかかります。画質にこだわってRPGゲームを楽しみたい場合などによいでしょう。

それぞれ一長一短あるため、パネルを選ぶ際は好みで選ぶのがよいです。 ただし、現在販売されているゲーミングモニターで採用されているパネルは、ほとんどがTNパネルです。TNパネルは、リフレッシュレートや応答速度などゲーマーが重視すべき点が優れているため、ゲーミングモニターとしては無難といえるでしょう。

ゲーミングモニターの選び方を解説

ゲーミングモニターを選ぶ際は、リフレッシュレートと入力端子を必ず確認しましょう。せっかく高性能のものを購入しても、出力側が対応できなければ意味がありません。またプレイするゲームの種類によっても、適するタイプが違います。

接続するゲーム機器で選択

ゲーミングモニターのリフレッシュレートは、接続するゲーム機器に合わせて選びましょう。ゲーム機器によって、対応できるリフレッシュレートの限界が異なるからです。

PS4やニンテンドースイッチは60Hzが限界であるため、144Hzのゲーミングモニターを購入しても対応できません。 またPCゲームの場合は、最低でも120Hzは欲しいところです。

FPSのような動きが激しいゲームをプレイする場合は、144Hz以上のモニターを選びましょう。

入力端子は事前に確認を

現在発売されているほとんどのゲーミングモニターの入力端子は、HDMIとDisplayPortの二つです。 特に問題となるのは、パソコンをつなぎたい場合です。

現在販売されているパソコンは、HDMIかDisplayPortを使うものが主流となっていますが、少し前まで販売されていたモデルでは、DVIが一般的でした。 しかしDVIに対応しているゲーミングモニターは少なく、特にリフレッシュレートの高いものはほとんどありません。 またリフレッシュレートが高いモニターは、DisplayPortでないと対応できないため、少し古いモデルのパソコンは使えないのです。

一方ゲーム機は、必ずHDMI出力となっています。複数のゲーム機を接続したい場合は、HDMI入力端子の数を確認しておくとよいでしょう。

プレイするゲームの種類で選ぶ

ゲーミングモニターを選ぶ際には、プレイするゲームの種類も重要です。

FPSなどのシューティングゲームの場合は、解像度の低いFHDがよいでしょう。解像度が高くなるほど、1秒あたりのコマ数であるフレームレートが下がるため、素早く正確な操作が必要なゲームには不利であるためです。

RPGやレーシングゲームなどを中心にプレイするなら、美しいグラフィックや迫力の映像を楽しめるWQHDなどの高解像度のものがおすすめです。 また、各メーカーで独自の特化機能が付いていることもあるので、プレイしたいゲームに合わせて選びましょう。

PS4、ニンテンドースイッチ向けモニター

PS4やニンテンドースイッチに対応できるのは、リフレッシュレートが60Hzのものに限ります。ここでは、リフレッシュレートが60~75HZ程度の中でもおすすめのものをご紹介します。

BenQ 「モニター ディスプレイ GL2780」

入出力端子が、HDMI・DVI-D・D-sub・DisplayPort・イヤホンジャックと豊富で、さまざまなメディアに対応可能です。 応答速度は超高速1ms(GtG)、リフレッシュレートは60/75Hzと表示遅延を抑えます。

ブルーライト軽減技術や、周辺の光量を検知して輝度を自動調整する独自の『ブライトネスインテリジェンステクノロジー』によって、目にかかる負担も軽減します。

BenQ モニター ディスプレイ GL2780

税込19999円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

ASUS「フレームレス ゲーミングモニター VL278H」

スリムかつ極薄設計が特徴のフレームレスモニターです。応答速度は1msと超高速で、残像感はなくなめらかな映像でプレイできます。

入出力端子は、HDMIが二つ、D-sub15が一つ、オーディオ用HDMIが二つとステレオミニジャックが一つです。 ブルーライト軽減機能とフリッカーフリー機能付きで、目にもやさしいモニターです。

ASUS フレームレス ゲーミングモニター VL278H

税込21500円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

Acer「ゲーミングモニター SigmaLine KG221QAbmix」

黒の強弱を調節することで、暗い画面における視認性を高める、『ブラック・ブースト機能』や、FPSゲームで活躍する照準機能が搭載されています。 応答速度は1msと高速で、モニターに内蔵されたFreeSyncテクノロジーにより、なめらかな動きを楽しむことができます。

さらにステレオスピーカーを搭載することで、よりリアルな音が表現され、臨場感を感じながらゲームをプレイすることができるでしょう。

Acer ゲーミングモニター SigmaLine KG221QAbmix

税込11980円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る

 

PS5やPC向けのゲーミングモニター

PS5やXbox Series Xの場合は120Hzの映像出力が可能です。ここでは、PS5・Xbox Series X・PCにおすすめの、リフレッシュレートが120Hz以上のゲーミングモニターをご紹介します。

Dell 「ゲーミングモニター S2421HGF」

モニター背面のジョイスティックとショートカットボタンによって、簡単にOSDメニューを操作し、ゲームモードを設定可能です。応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzとスムーズで途切れのない動きを実現します。 奥行き189.4mmとスリムですが、画面スペースは広く、迫力のある映像でプレイできます。入力端子はHDMIが二つ、DisplayPortが一つ、ヘッドホン用ジャックが一つです。

Dell ゲーミングモニター S2421HGF

税込22800円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

Acer「ゲーミングディスプレイ XF240QSbmiiprx」

応答速度0.5ms、リフレッシュレート165Hzと非常に高性能なモニターです。 黒の強弱を調節することで、暗い画面上での視認性を高める『ブラック・ブースト機能』の他、FPSゲームプレーヤーにうれしい照準表示機能『Acer Aim Point』を搭載しています。

ゲームモードは8種類あり、ジャンルに応じて選べます。 またディスプレイ本体には、エルゴスタンドを採用しており、首フリ調節・高さ調節・チルト調節が可能で、さらにピボット機能も付いています。

Acer ゲーミングディスプレイ XF240QSbmiiprx

税込26819円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

I-O DATA 「ゲーミングモニター EX-LDGC242HTB」

応答速度0.6ms、リフレッシュレート144Hz、表示遅延は約0.05フレームと動きの速いゲームに最適のモニターです。 ゲーム上の暗いシーンでも鮮明に表示する『Night Clear Vision』を搭載し、暗闇に隠れた敵の動きや変化を見逃すことなくプレイできます。

3年の保証期間と、土日もつながるコールセンターもあるのも安心です。

I-O DATA ゲーミングモニター EX-LDGC242HTB

税込29100円

※2021年03月29日時点

楽天で詳細を見る

 

240Hz以上のハイスペックモニター

240Hz以上のハイスペックモニターは、ハイスペックな分値段は高くなります。しかし144Hz以下のモニターと比べると、パフォーマンスの差は歴然で、ゲーマーにとってはやはり魅力的でしょう。

ASUS 「TUF Gaming ゲーミングモニター VG279QM」

280Hzと超高速のリフレッシュレートで、驚くほどなめらかな映像を楽しみながらプレイできます。 IPSパネルを採用していますが、従来のIPSパネルよりも応答速度を高速化しており、1msの応答速度を実現しています。そのため画面ブレやティアリングもありません。

また『Dynamic Shadow Boostテクノロジー』を搭載し、暗いシーンでもはっきり映像を捉えることができます。

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニターVG279QM

税込35273円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

MSI 「Optix G32CQ4 ゲーミングモニター」

e-sportの世界大会で使用されているモニターと同程度の性能で、臨場感のあるプレイを楽しむことができるフルスペック製品です。1msの応答速度・240Hzのリフレッシュレートにより、美しく滑らかな映像を実現します。通常スペックでは味わえない、スムーズで快適なプレイを楽しむことができるでしょう。

画面が暗くなるシーンでも見やすい視界を確保する『ナイトビジョン機能』など、プレイヤー目線の機能が搭載されているのも嬉しいポイントです。ブルーライトカット機能も備わっているため、ゲームだけでなくリモートワークでも活躍してくれるでしょう。

MSI Optix G32CQ4 ゲーミングモニター

税込49800円

※2021年03月29日時点

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

 

適したモニターでゲーム時間を快適に

ゲーマーにとって表示遅延は、勝負の行方を左右することもある非常に重要な問題です。 ゲームの種類に適したモニターを選んで使えば、表示遅延による不本意なミスを防ぐことができます。

また、残像や画面ブレのないなめらかな動きを楽しむこともでき、快適にプレイできるでしょう。 最適なゲーミングモニターを購入し、ゲーム時間をもっと楽しいものにしてみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
うちカフェをワンランクアップ! 正しいコーヒーの淹れ方
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手