テレビのサイズはどう選ぶ?部屋の広さに合った選び方をチェック – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

テレビのサイズはどう選ぶ?部屋の広さに合った選び方をチェック

テレビは、ただ大きく画質のよいものを購入すればよいというものではありません。部屋の広さに合ったものを選び、適正な距離を取って設置することが大切です。この記事では、テレビのサイズの選び方や部屋の広さに合った選び方、配置方法などを紹介します。

テレビのサイズ表示の見方は?

テレビのサイズ表示には、V型とインチがありますが、近年の薄型テレビではV型を使って表すものも多くあります。しかし、V型とインチでは何が違うのでしょうか。またフルHD・4K・8Kの違いについても確認しておきましょう。

Vやインチの意味

テレビ画面のサイズの指標としてよく目にするのが、V型やインチといった言葉です。両者とも画面の対角線の長さを表しますが、違いはテレビの縁をサイズに含めるかどうかにあります。

V型の『V』は『Visual Size』の略で、縁は含めず、実際に映像が映る画面のみの大きさのことです。現在主流の液晶テレビやプラズマテレビなどの薄型テレビでは、V型で表示されることが多いでしょう。

対してインチは、テレビがブラウン管を使用していた時代から使用されている単位で、画面の縁も含めたサイズのことをいいます。

また対角線のサイズを指す故に、ひと昔前まで主流だった縦横比4:3の画面と、現在主流の16:9のワイド画面では、インチ数が同じでも画面の大きさは変わります。

フルHD、4K、8Kの違い

テレビを選ぶ際にもう一つよく目にするのが、フルHD(フルハイビジョン)や4K、8Kといった言葉です。これらの違いは、液晶パネルの解像度にあります。それぞれの解像度は以下の通りになります。

  • フルHD(2K):1920×1080(約200万画素)
  • 4K:3840×2160(約800万画素)
  • 8K:7680×4320(約3300万画素)

画素数が大きくなるほど、細かいディテールまで鮮明に映し出すことが可能になり、映像の美しさが全く異なってくるでしょう。

テレビの大きさの決め方

テレビのサイズは、最適な視聴距離が取れるものを選ぶのがおすすめです。また見やすいと感じる距離を取るには、部屋の広さも鑑みる必要があります。

テレビと人の視聴距離が重要

テレビにはサイズや画質に応じて、映像の粗が目立たず、美しく迫力のある映像を楽しむことのできる視聴距離があります。これを適正視聴距離といいます。

4Kテレビの場合の適性視聴距離は、画面の高さの約1.5倍、フルHDテレビなら画面の高さの約3倍が目安です。画面サイズによっても異なり、各サイズの具体的な視聴距離は以下の通りです。

サイズ 画面の高さ 視聴距離(フルHD) 視聴距離(4K)
32インチ 約39cm 約1.2m 約0.6m
40インチ 約50cm 約1.5m 約0.7m
43インチ 約57cm 約1.6m 約0.8m
50インチ 約65cm 約1.9m 約0.93m
60インチ 約75cm 約2.2m 約1.1m
70インチ 約87cm 約2.6m 約1.3m

8Kテレビの視聴距離

8Kテレビの適正視聴距離は画面の高さの0.75倍といわれています。他の画質タイプに比べて、適正とされる距離は近くなりますが、これはあくまで画質を基準にしたときの適性距離です。

現在発売されている8Kテレビは、1番小さいものでも60V型と大型サイズで、この目安で計算すると約56cmになります。しかし実際にこの距離で視聴してみると、圧迫感を感じるかもしれません。

目安はあくまで参考程度にしておき、実際に視聴する際は負担を感じない距離を取るようにしましょう。

部屋の広さによる参考サイズ

部屋の広さによって、適したテレビのサイズも違います。部屋の大きさと画質ごとのテレビの大きさの目安は、下記の通りです。

部屋の大きさ フルHD 4K
4.5~6畳 43インチまで 43インチまで
8畳 43~49インチまで 55インチまで
10畳以上 50インチ以上 60インチ以上

4.5~6畳の小さな部屋なら、43インチまでのものを選ぶのがおすすめですが、圧迫感を感じそうなら、4KよりもフルHDのより小型なタイプを選んだ方がよいでしょう。

テレビの見やすい置き方

テレビを見やすく設置するには、高さや配置も大切です。目線に合わせて適度な高さになるよう設置したり、ベストな配置に置いたりすることで目にかかる負担を軽減することができます。

配置する場所の高さも意識する

快適にテレビを視聴するためには、高さも大切です。テレビを設置するテレビボードなどの高さにも気を配りましょう。

一般に、水平よりも10~15度ほど下にテレビ画面があるのが、疲れにくい高さとされています。もちろんどこに座って見るのかによって、適当な高さは異なります。

適正な視聴距離を保った場合に、目安となる設置台の高さは下記の通りですので、テレビボードなどを購入する際の目安にするとよいでしょう。

  • 床に座ってみる場合:40cmまで
  • ソファーに座ってみる場合:40~60cm
  • ダイニングテーブルで椅子に座って見る場合:60cm以上

見えやすいテレビの配置

窓から入る光が画面に反射してしまうと、テレビが見づらくなってしまいます。そのため、テレビは窓に対して垂直になるように配置するのがベストです。

しかしこの位置に配置しても、窓の方角や時間帯によっては光が反射して画面が見づらいこともあります。その場合は、カーテンなどで挿し込んでくる光を調整するようにしましょう。

また液晶の明るさを調整しても見えやすくなります。ただしあまり画面を明るくしすぎると、目にかかる負担が大きくなるため、明るさを上げるのは昼間だけにしておきましょう。

部屋に合ったサイズで快適なテレビ時間を

テレビは最も身近なエンターテインメントといえます。近年では動画配信サービスの普及によって、自宅で映画やドラマを見る機会も増え、どうせ見るならよりよい画質で楽しみたいという人もいるでしょう。

高画質で、部屋の広さに合った大きさのテレビを選び、さらに適正な視聴距離を取って配置すれば、より美しく迫力のある映像を負担なく楽しむことができます。テレビの選び方、正しい配置方法を知って、快適なテレビ時間を過ごしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手