あそびながら、そだつ「こどもっと」の家づくり【キッチンダイニング編】 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

あそびながら、そだつ「こどもっと」の家づくり【キッチンダイニング編】

提供:パナソニック ホームズ株式会社

子どもが自然に学べる空間づくり

たくさんのことを家庭で学ぶ子どもたち。何かを教えるのに特別な時間を取れなくても、一緒にいながら同じ空間で家事やワークを進めることで、自然と意欲的に学べるといいですよね。パナソニック ホームズの子育て住まい「こどもっと」では家族のふれあいを大事にしながら、各個人がワークを快適に進められるようキッチンダイニングを工夫。みんなで学びあえる空間づくりをご紹介します。

「こどもっと」とは?

約半数が子どもの勉強にダイニングを使用

パナソニック ホームズが行った調査によると、約50%の家庭が子どもの勉強の場としてダイニングテーブルを使用していることが分かりました。自然とコミュニケーションが取れるダイニングは、親子の学びの場に選ばれることが多いよう。今よりも機能的な空間を作り、キッチンダイニングを最大限活用したいですね。

家族みんなが楽しく学びあえるキッチンダイニングとは?

ダイニングテーブルはキッチンから目が届く場所へ

ダイニングテーブルがキッチンから目の届く場所にあると、宿題をする子どもたちを見守れたり、子どもが料理に参加しやすくなったり、いいことがたくさんあります。家族みんなで食事の準備をすれば、食育にもつながりますね。

ダイニングテーブルは大きめをチョイスして快適に

ダイニングテーブルは大きめを選ぶことで、子どもの宿題を一緒にしながら、パパやママの仕事や読書、事務作業も快適に。親が集中している姿を見れば、子どもは勉強する姿勢や集中することを学べますよ。

キッチンの周辺には各自収納を設置

ダイニングテーブルの周辺に、それぞれ自分専用の引き出しを作るのは「こどもっと」ならではの工夫です。ダイニングに宿題や各自のワークに必要な書籍や資料を収納できるよう、それぞれ自分専用の引き出しを設けると、とても便利ですよ。

自由に使えるキャスターワゴンを活用

みんなで使う文房具などのアイテムは、キャスターワゴンに収納することで、テーブルの横に移動ができます。家庭学習がより便利になるだけでなく、片付けもサッとできて使い勝手がよいですね。

シーンに合わせた最適な照明を

キッチンダイニングの照明には、あかりの色を変えられるものを選ぶのがおすすめです。ダイニングでの学習時には「昼光色」で手元をしっかり照らしたり、食事時には「電球色」で料理の色味を引き立てたり、シーンに合わせて演出できますよ。家族で過ごす時間にメリハリがつきますね。 

まなび、あそび、そだつ家。子育て住まい提案「こどもっと」

「こどもっと」は、たくさん学んで、思い切り遊んで、のびのび成長してほしい。そんな想いを大切に健やかな成長をサポートする様々な工夫が詰まった、家族みんながいっしょに成長できる、子育て世帯に向けたパナソニック ホームズの暮らし提案です。学びあえるキッチンダイニング以外にも、暮らしのヒントがたくさんありますよ。ぜひ、カタログや展示場で理想の暮らしを見つけてくださいね。

全国の展示場はこちら

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手