洗濯機に紙おむつを入れてしまったら。対処法と禁止事項を解説 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

洗濯機に紙おむつを入れてしまったら。対処法と禁止事項を解説

紙おむつを、誤って洋服と一緒に洗濯機で洗ってしまったことがある人は意外と多いのではないでしょうか。そんなとき、洗濯物と洗濯機、それぞれに対処法があります。万が一洗ってしまっても、人体への悪影響はないので、落ち着いて対処しましょう。

紙おむつを洗濯機で洗ってしまったら

紙おむつを洗濯機で洗ってしまったら、まずは破れていないかどうかを確認しましょう。

破れていた場合は大問題

紙おむつが破れていない場合は、おしっこなどの汚物が他の洗濯物に付着している可能性を考えて、紙おむつを取り出してから再度洗濯をし直せば大丈夫です。

しかし問題なのは、破れている場合です。紙おむつには、高分子吸収剤の『ポリマー』が含まれています。ポリマーは、水分をたくさん吸収し、ジェル状に固めて漏れを防いでくれるので、紙おむつには欠かせないものです。

紙おむつが破れていた場合、このポリマーが洗濯機の中で散らばってしまい、それを取り除くための掃除が必要になります。

吸水ポリマーがトラブルに

吸水ポリマーは、乾いた状態ではプラスチックのサラサラした粒なのですが、水を含むとジェル状に変化します。紙おむつを洗濯してしまうと、大量の水を吸い込むためポリマーが膨れ上がり、ちょっとした刺激でも破れそうな状況になってしまうので気をつけましょう。

そんなポリマーがジェル状の状態で散らばると、洗濯機の壁や洗濯物に付着しやすくなります。そうなってしまうと、当然のことながら掃除が必要になります。また、排水口や排水ホースが詰まってしまうトラブルに見舞われることもあります。

とはいえ、衣類が汚れたりはしますが、人体には悪影響がない物質のため、落ち着いて対処しましょう。

気づいた後の対処法

ポリマーが散らばってしまっていたら、以下の手順で洗濯物と洗濯機の掃除をしましょう。人体に悪影響はないとはいえ、排水口を詰まらせるリスクもあるので、しっかりと対処することが大切です。

洗濯物からポリマーを払う

まずは、洗濯物を1点ずつ丁寧にはたき、付着してしまっているポリマーを、できる限り落としましょう。

一通り払い落としたら、再度、洗濯物を洗濯機に戻してすすぎ洗いをします。ある程度すすいだら、途中で洗濯機を止めて浮いてきたポリマーをすくい上げて捨てましょう。

ポリマーをはたき落とすとき、新聞紙などを床に引くか、庭があれば外ではたくのがおすすめです。浴槽や洗面所などで行うと排水口が詰まる可能性があるので気をつけましょう。

干してから乾いたポリマーを落とす

すすぎ洗いを終えたら、まずは洗濯物を干しましょう。ポリマーは、乾燥させるとプラスチック状になってポロポロと落としやすくなるので、この時点でまだ完全に落とし切れていなくても大丈夫です。

もしも時間的な余裕があれば、干して乾燥させた後でもう一度洗濯をすると、より確実にポリマーを落とすことができます。

洗濯機と排水口の掃除

洗濯物だけではなく、洗濯機の中にもポリマーは散らばり、付着してしまいます。洗濯機の排水口が詰まる要因にもなるので、しっかりと掃除をしましょう。

まずは、目視で洗濯機の中・排水口・糸くずフィルターを調べ、ポリマーが付着していたら取り除きます。

その後、洗濯機の槽洗浄モードで一番高い水位と一番長い時間にセットし、念入りに洗濯機の中を洗いましょう。数分ごとに中を確認し、浮いているポリマーがあれば都度捨てることが大切です。

洗濯槽の清掃は、時間をかけてしっかりと行いましょう。

おむつを洗った後にやってはいけない行動

よかれと思ってやりがちな禁止行動を押さえておきましょう。知らずに行ってしまうと、洗濯機の故障につながる行為もあり、また、洗濯物を傷めてしまうことにもなりますので、この機会にしっかりと覚えましょう。

塩や重曹をかける

塩や重曹をかけるとポリマーは小さくなって流れやすくなるため、一見、効果がありそうに見えてしまいます。しかし問題は、小さくなった後です。

小さくなったポリマーは、排水口の中を流れていくため、その過程でまた水分を含んでしまう可能性があります。そうなると、排水口の中でポリマーが再び膨らんでしまうので、排水口の詰まりの原因になります。

また、塩は洗濯機の金属部分をさびさせてしまうので、使用しないよう気をつけましょう。いずれも、故障などのリスクが大きいので避けるのが無難です。

乾燥機を使う

ポリマーが付着した洗濯物は、乾燥機で乾かしてはいけません。乾燥させること自体はポリマーの掃除に有効なのですが、乾燥機を使ってしまうと、熱でポリマーが溶けて洗濯物に付着してしまいます。

乾燥機よりも時間はかかってしまいますが、ポリマーが付いてしまった可能性がある洗濯物を乾かすときには、地道に自然乾燥を行いましょう。

ポリマーを根気強く取り除こう

ポリマーは、一度洗濯機の中に飛び散ってしまうと、取り除くのが大変です。しかし、正しい手順で行えば、しっかりと取り除くことができます。ポリマーを取り除く際には、注意点を念頭に置きながら実践してみましょう。

洗濯機を開けた瞬間は焦りますが、ポリマーは人体に有害な物質ではないので、そこまで神経質にならず、根気よく取り組めば大丈夫です。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手