思わず子どもがお手伝いしたくなる!食卓のアイデアを見てみよう – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

思わず子どもがお手伝いしたくなる!食卓のアイデアを見てみよう

毎日の家事で、子供がお手伝いしてくれるとすごく助かりますよね!そこで今回は、七尾さんに伝授していただいた「お手伝いを導く食卓アイデア」をご紹介します。ランチョンマットの収納など参考になるアイデアが満載です。さっそくチェックしてみてくださいね。

子どもがお手伝いしたくなる「食卓アイデア」

机の下収納アイデア

1.机の下の空間を利用して、ランチョンマットの収納スペースを作ります。

2.ダイソー「ワイヤーラティス」と同じくダイソー「配線ベルト」を用意します。

3.配線ベルトを必要な長さにカットします。

4.配線ベルトでワイヤーラティスをテーブル下に取り付けます。

5.テーブルの下にランチョンマットを収納することで、子供でも簡単にお片付けや、食事の準備のお手伝いができますね。

 

カウンターテク

子供用のカトラリーやコップ、麦茶ポットなどをカウンターにセットします。

子供達がすぐに出せる位置にセットするのがポイント。

割れないプラスチック製のグラスを使用するなど、工夫も必要です。

置き場所が決まっていると食事準備の時短にも繋がり、子どもも自分にできることを率先してお手伝いしてくれますね。

炊飯器横収納アイデア

炊飯器の横や近くに、お茶碗としゃもじを収納BOXに入れてセットします。

近くに置くことで、お手伝いに導くための動線を作っておくことがポイントです。

食卓を工夫して、楽しくお手伝いしてもらおう

今回ご紹介した七尾さんに伝授していただいた「お手伝いを導く食卓アイデア」は参考になりましたか?ランチョンマットの収納アイデアや、カトラリーを置く位置など、子供がお手伝いを導く動線を作ることや、子どもの目線の高さを意識することがとても大事だと思いました。子どもの自立心も大いに育ちそうですね!ぜひ参考にしてみてくださいね。

【今回のフォロワーさん】Akiko Nanaoさん(整理収納アドバイザー @lifewithboys_ig )

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手