エアコンフィルターの汚れはトラブルの元。お手入れのコツを紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

エアコンフィルターの汚れはトラブルの元。お手入れのコツを紹介

久しぶりにエアコンのスイッチを入れると、どことなくカビ臭いという経験はないでしょうか。その臭いの原因は、エアコン内部やフィルターに溜まっているホコリやカビなのです。健康に過ごすためにも、お手入れのコツを押さえて正しい頻度で掃除をしましょう。

エアコンフィルターの汚れによるトラブル

エアコンのフィルターを汚れたまま使用し続けることには、デメリットしかありません。まずは具体的なトラブルの内容を知り、掃除の必要性を理解しましょう。

電気代が上がる

エアコンは、室内の空気を内部に取り込んで、冷やしたり温めたりして吐き出してくれる仕組みになっています。

この空気の循環は、エアコンに取り付けられている『エアコンフィルター』を介して行われています。そのため、エアコンを付けるたびに、室内の空気中に漂っているホコリやゴミなどがフィルターに溜まってしまうのです。

汚れで目詰まりしたフィルターを介した空気の循環は、当然ながら効率が下がります。こうして下がった効率を補うべく、より多くの空気を一気に取り込もうとエアコンがパワーを出してしまうので、必然的に電気代が上がってしまいます。

健康への悪影響も

エアコンの中は、カビが生えやすい環境です。また、エアコンのフィルターに溜まるホコリは、カビの栄養となってしまい、カビ増殖の一因となってしまいます。

エアコンの中にカビが生えてしまうと、エアコンのスイッチを入れるたびに、カビの胞子が混ざった空気が室内に放出されてしまいます。そのカビを吸い込んでしまうと、喘息・肺炎・鼻炎などを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

特に、子どもがいる家庭では、より念入りにカビ対策をしましょう。大人に比べて、子どもの方がカビの影響を受けやすい傾向にあるためです。

フィルターのお手入れ方法

フィルターの掃除は、夏や冬などのオンシーズンには2週間に1度くらいの頻度で行うのがおすすめです。少し手間はかかってしまいますが、基本的には水洗いで完結するので、実践してみましょう。

掃除機でホコリを吸う

エアコンからフィルターを取り外す前に、まずは掃除機で表面についているホコリを吸い込みましょう。このワンステップを踏んでおくことで、室内にホコリが散るのを防ぐことができます。

フィルターを外したら、再度、念入りに掃除機をフィルターに当てて、ホコリを吸い込んでいきます。このとき、フィルターの裏面から吸い取ると目詰まりを起こす可能性があるので、表面から掃除機を当てていきましょう。

シャワーで汚れを洗い流す

ホコリを掃除機で吸い取ったフィルターを、お風呂場に持ち込み、シャワーで洗い流します。シャワーの水圧で、フィルターのホコリを洗い流すようなイメージで行うと良いでしょう。このときのポイントは、掃除機とは逆に、シャワーをフィルターの裏面から当てることとです。

それでも取れない汚れは、中性洗剤と小さなブラシを使ってこすり落としていきます。ブラシがけも、フィルターの裏面から行うのがコツです。

交換は2〜3年に1度程度でOK

エアコンのフィルターは、一般的には2〜3年に1度くらいが交換タイミングの目安です。目視確認をして穴が開いているなどの破損した部分が見受けられない場合は、使用し続けて大丈夫でしょう。

ただし、フィルターの掃除を行っても目詰まりが解消されないなどの場合には、より早めのタイミングで交換が必要になるケースも出てきてしまいます。メンテナンスの観点からも、こまめなフィルター掃除をおすすめします。

フィルター掃除だけでは不充分

エアコンの内部はカビの温床になりやすいため、定期的なフィルターの掃除に加え、内部までしっかりと掃除をすることが重要です。自力で無理やり行うと故障や事故に繋がる可能性があり危険ですので、内部の掃除をする場合には、プロに依頼しましょう。

内部にもカビや汚れが溜まっている

エアコンは、使っているうちに内部にも黒カビなどが溜まってしまっています。異臭・異音・水漏れなどは、そのサインです。

こうしたサインを放置してしまうと、エアコン内部のカビが空気中に撒き散らされ、健康に害を及ぼす可能性があります。また、エアコンの細微にカビなどが繁殖することで、故障につながることもあります。

自宅のエアコンが気になった場合は、プロに依頼するなどの対策を講じましょう。

年に1度はプロにクリーニングを依頼

年に1度、『春』か『秋』のタイミングで、エアコン内部までしっかりとクリーニングするのがおすすめです。夏に備えて春にカビ掃除をしておくか、冬に備えて秋にカビをしっかり取るなど、事前に対策をしておくと安心してシーズンを迎えることができます。

また、冷房を使うとエアコン内部に結露が発生するため、湿気がたまりやすく、カビが増殖しやすくなってしまいます。そのため、クリーニングを依頼するタイミング選びには、この『夏前後』がポイントです。

いずれにせよ、安全かつ快適にエアコンを使用するためには、フィルターだけではなく、エアコン本体を分解し、奥に潜んでいるカビも取り除くことが重要です。ぜひ、プロの力を借りましょう。

エアコンフィルターは定期的に掃除しよう

エアコンは、想像以上にカビが生えやすい場所です。エアコンを使うということは、エアコン内部の空気を室内に送り出すということになります。

エアコンのフィルターを定期的に掃除することは、コスト面だけではなく、健康面においてもとても重要です。特に子どものいる家庭は、健康面への影響を考慮し、エアコンの内部までしっかりとプロにクリーニングしてもらいましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
うちカフェをワンランクアップ! 正しいコーヒーの淹れ方
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手