お風呂の床掃除は重曹とクエン酸が良いの?使用上の注意点も紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

お風呂の床掃除は重曹とクエン酸が良いの?使用上の注意点も紹介

お風呂の床汚れは、身体に安心な『重曹』や『クエン酸』を使えば上手に落とすことができます。どちらも食用にも使われるもので、基本的には安全な材料です。使い方や組み合わせによっては注意点もあるので、ポイントを押さえて使用しましょう。

お風呂の汚れのタイプを覚えると掃除が楽になる

お風呂の床汚れには、酸性のものとアルカリ性のものがあります。掃除の際には、落としたい汚れがどちらの性質なのか把握しておくとスムーズです。汚れの種類と性質について、チェックしておきましょう。

汚れの性質ごとに中和させることが肝心

汚れを落とすポイントは、汚れが持つ性質を『中和』させることです。酸性の汚れにはアルカリ性の洗浄剤を、アルカリ性には酸性のものを使いましょう。

シャンプーの飛び散りなどは『酸性』、水あかなどは『アルカリ性』の汚れです。これらを中和させると、汚れがふわりと浮き上がってくるので、落としやすくなります。

水あかとせっけんカスは『アルカリ性』

代表的なアルカリ性のお風呂汚れは、『水あか』と『せっけんカス』です。水あかは、水道水に含まれるカルシウム、マグネシウム、ケイ素などのミネラル成分が原因となります。せっけんカスは、水に溶け切らずに残ったせっけんが、汚れとして残ったものです。

せっけんをできるだけ泡立てて使うように心掛けると、せっけんカスの発生を防止できます。これらの汚れには、酸性の洗剤が有効です。

皮脂汚れやカビは『酸性』

身体から出る皮脂汚れ、お風呂の黒カビは、酸性の汚れです。お風呂に入って身体を洗っているときに、あまり意識しないのがこの皮脂汚れではないでしょうか。カビは身体の皮脂などを好物としますので、皮脂汚れがたまった状態はカビが繁殖するのに絶好の環境といえます。

とはいえ、お風呂に皮脂汚れが発生するのは当然のことです。そのまま放置すると、そこからカビが増えるという流れは避けられません。これら酸性の汚れは、アルカリ性の洗剤を使ってしっかりと洗い流しましょう。

床掃除は重曹とクエン酸があれば大丈夫

お風呂の床の汚れといえば、水あか、ピンクぬめり、黒カビなどが代表的です。掃除の際には重曹とクエン酸があれば、どの汚れにも対応できます。単体でも、合わせ技でも使えますので、どちらも手元に準備しておくと便利です。

水あか汚れにはクエン酸水とブラシで対処

水あか汚れはアルカリ性なので、酸性の洗剤が有効です。おすすめなのは、身体に優しくにおいのないクエン酸を洗剤として使う方法です。

手順としては、まずクエン酸水を用意します。水200mlにクエン酸小さじ1杯を配合しましょう。次に、クエン酸水を汚れに満遍なく吹きかけ、ラップやキッチンペーパーなどで覆い、1〜2時間程度放置します。

放置している間に、水あかとクエン酸が中和するので、汚れが浮いてきます。時間が経過したら、被せたものをはがし、ブラシでこすりましょう。

最後は汚れを洗い流して完了です。まだ汚れが残っている場合は、もう一度同じ手順でクエン酸パックをしてみましょう。

皮脂やピンクぬめりには重曹を

皮脂汚れやピンク色のぬめりは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤が有効です。これらを落としたいなら、『重曹』を使いましょう。

ピンク色のぬめりの正体は、『ロドトルラ』という酵母菌です。皮脂汚れやせっけんカスなどを栄養に、水があればどんどん繁殖します。放置するとカビの原因になるので、見つけたらすぐに掃除しましょう。

重曹を用意したら、小さじ2杯を水100mlと混ぜて、重曹スプレーを作ります。よく振って、重曹をしっかりと溶かしましょう。床に満遍なく吹きかけ、数時間そのまま放置し、ブラシでこすって、水洗いすれば完了です。

時間が経つと、重曹の白い粉が残っていることがありますが、水で流せるので問題ありません。

黒カビは重曹とクエン酸の併用で撃退

黒カビは、重曹とクエン酸の合わせ技で撃退しましょう。酸性、アルカリ性という性質よりも、『泡』の洗浄効果を利用します。

まずはクエン酸水を準備して、黒カビに吹きかけます。次に、重曹を粉のまま、その上から振りかけます。発泡するので、30分くらい放置して汚れを浮かせます。

その後、ブラシなどで優しくこすってカビを落とし、水で流しましょう。軽めのカビなら、スポンジでも拭き取れます。

頑固な黒カビには、重曹をペースト状にして使いましょう。水と重曹を3:1の割合で混ぜるとペースト状になります。これを汚れに塗布し、数時間放置してからスポンジや柔らかいブラシなどで洗い流します。

重曹とクエン酸を使うときの注意点

身体に優しい重曹とクエン酸ですが、それぞれの使い方も理解しておきましょう。使い方を間違えると危険なケースもあり、汚れが取れないだけでなく、床や壁を傷付けてしまうかもしれません。

お風呂の素材に注意しよう

お風呂の素材によっては、相性の悪いケースも出てきます。重曹の場合は『アルミ』『木製品』『うるし、ニスなどの塗装』、クエン酸の場合は『大理石』『コンクリート』『金属』などに要注意です。

これらに使うと、素材が傷んだり破損したりしてしまいます。浴槽そのものはプラスチックなので問題ないと思いがちですが、追い焚き部分に金属が含まれているというケースもあります。素材をしっかり確認しておくことが重要です。

クエン酸は塩素系洗剤と混ぜると危険

クエン酸を使う際には、塩素系洗剤と絶対に混ぜないよう注意しましょう。塩素ガスが発生するので危険です。塩素系洗剤は、市販のカビ取り洗剤に含まれることが多いので、細心の注意を払いましょう。

塩素系洗剤を使うと、酸性のものは全て反応します。お酢やレモン汁など、お掃除アイテムとしてよく使われるもの、市販の酸性の洗剤なども要注意です。

いわゆる『混ぜるな危険』事故を避けるために、塩素系漂白剤でカビ取り掃除を行う場合は、床掃除とは別の日に行いましょう。

重曹でのこすり過ぎは傷の原因に

重曹を使う際には、力を入れてこすり過ぎないように注意しましょう。研磨作用があるので、力を入れ過ぎると傷を作る原因になってしまいます。

粉末の状態や重曹ペーストなどにして使う場合には、『柔らかいスポンジで優しくこする』のがうまく使いこなすコツです。

普段からできる床の汚れの予防方法

一通りきれいに掃除したら、その状態を長くキープしたいものです。お風呂上がりにさっとできる汚れの予防策をいくつか紹介します。無理なくできる方法を取り入れてみましょう。

お風呂から出たらささっと掃除

手軽で続けやすい汚れ対策が、お風呂上がりにささっと掃除をする方法です。洗剤を使わずに、水をさっと流すだけで効果があります。このとき、『メラミンスポンジ』を用意しておくと、さらに汚れを落とせます。

また、身体を拭いたタオルで、床をさっと拭くことを習慣にしておけば、カビの発生を防げます。身体用のタオルを使い分けたい場合は、掃除用のタオルを脱衣所などに常備しておくとよいでしょう。

床に物を置かない

シャンプーやボディーソープのボトル、洗面器やイスなどの置き場所にも工夫が必要です。床に置きっぱなしにすると、これがカビ発生の原因になります。通気性が悪く、水がたまりやすい場所を作らないことで、床汚れの予防をしましょう。

棚などがない場合は、つるして収納するのがおすすめです。S字フックとカゴを用意してタオル掛けなどに引っ掛ければ、つるし式の収納スペースを準備できます。洗面器やイスは、バスタブの上にひっくり返して置いておきましょう。

水分を拭き取りしっかり換気

お風呂の床汚れは、『水分』が関係しています。つまり、換気を心掛けて水分を飛ばしておけば予防になるということです。

お風呂上がりには、やや熱めの45℃以上のシャワーで浴槽や床をざっと流し、皮脂汚れなどを洗い流しておきましょう。その後、しっかりと換気をします。</https://onnela.asahi.co.jp/wp-admin/upload.phpspan>

また、お風呂場を使用した後は換気扇をしっかりと回すことを習慣にしましょう。窓がある場合は、昼間に開けておくとより換気効果が高まります。換気する前に、タオルなどで拭いておくのもおすすめです。

重曹とクエン酸ですっきりお掃除

お風呂場の床が汚れていたら、汚れの種類をチェックしましょう。アルカリ性の汚れならクエン酸を、酸性の汚れなら重曹が効果的です。カビにはミックスして使えますので、どちらも常備しておくと便利かもしれません。

塩素系洗剤と酸性の素材は、絶対に混ぜないように注意します。一度お掃除をしっかりしたら換気にも気を配り、きれいな床をキープしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア
うちカフェをワンランクアップ! 正しいコーヒーの淹れ方
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手