今すぐ活用!簡単&キレイにまとまる「Tシャツの収納術」 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

今すぐ活用!簡単&キレイにまとまる「Tシャツの収納術」

おしゃれな人の「Tシャツ収納実例」

普段のコーデに取り入れやすく、種類多様なデザインが揃うTシャツ。数枚持ち合わせている方も多いですよね。 増えやすいアイテムだからこそ、ゴチャっとなってしまうのが悩みどころ。そこで今回提案したいのが、今すぐ真似できる簡単なTシャツの収納術です。自分の中でピンとくる収納術を見つけてみてくださいね。

ハンガーにかけてシワ防止

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@11naoko16)がシェアした投稿

Tシャツはハンガーにかけてクローゼットに収納しておくことで、選ぶときに見やすく、取り出しやすいのが特徴です。また、シワになりにくいので着るときにアイロンをかける手間も省けますね!

数枚を重ねてきれいに収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

わっちょ(@0212is.bad)がシェアした投稿

Tシャツを重ねる収納方法は一番シンプルで、たくさんの方が既に実践してるのではないでしょうか。収納するときは、列ごとのTシャツの量にこだわってみてください。 あまり多く重ねすぎず列ごとの量を揃えると、全体も整って見えますよ。

丸めてたくさんの量を収納

 

この投稿をInstagramで見る

 

miho.tsuruto(@tutumint_)がシェアした投稿

Tシャツをタンスに収納するときは、ちょっとした工夫がキレイに見えるポイントになります。いつものようにたたんだ後に丸めて並べていくことで、たくさんの量を収納できるだけでなく、取り出すときにぐちゃぐちゃになりにくくなりますよ。

仕切りをつけてスッキリと!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tsu_(つー)(@373tsu_)がシェアした投稿

たたんだTシャツとTシャツの間に仕切りを入れることで、全体がスッキリとした印象になります。仕切りは市販で販売されている収納ボックスやトレーが定番とはなりますが、自宅にある厚めの紙や段ボールを使用してみるのもいいかもしれませんね。

色・柄別に仕分けで使いやすさUP

 

この投稿をInstagramで見る

 

みよ|汚部屋専門整理収納アドバイザー(@miyo_344)がシェアした投稿

色や柄ごとにTシャツを収納することで、まとまりがあるように収納できます。また、Tシャツを使ってコーデを組むときも、格段と選びやすくなりますよ。

使用頻度で区別しよう

 

この投稿をInstagramで見る

 

ティール(@mrsteele.life)がシェアした投稿

持ち合わせているアイテムの中で、よく使うTシャツと普段はあまり使用しない、特別な日などに着るTシャツがありませんか?そういった使用頻度によって分け収納してみると、取り出す時も探す手間を省けますよ。

収納の基本!Tシャツのたたみ方

Tシャツをキレイに収納するためには、たたみ方も重要です。基本となるTシャツのたたみ方を覚えておくと便利ですよ。

1. 背面側が上になるように広げる。

tシャツの背中部分が上になるように広げましょう。このとき、シワができないように注意してくださいね。

2. 中心部分が重なるように折る

Tシャツの肩部分の縫い目と、ネックの中心部分が重なるように折り、袖口は外側を向くように折り返してください。左右同様に行いましょう。

3. 最後に真ん中から縦に折り込んだら完成。

最後に、真ん中から縦に折り込んだら完成です。お店に並ぶTシャツのように、きれいにたためますよ。慣れると床に広げなくてもたためるようになるので、何度か練習してみるのもおすすめです。

賢くTシャツを収納し、今よりもっと快適に。

増えやすいアイテムのひとつであるTシャツ。そんなTシャツの収納術をいくつかご紹介しましたが、どれも今すぐ実践しやすいものばかりですよね。「量が多くて収まりきらない」「取り出すときにすぐに崩れる」というお悩みを持っている人は、ぜひこの機会に自分に合った収納術を見つけましょう!そうすればきっと、今よりもっと快適な洋服選びができるはずです。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手