? ?家にいても寒い…!冬を乗り切るおすすめの寒さ対策5つ – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。 ?

家にいても寒い…!冬を乗り切るおすすめの寒さ対策5つ

提供:株式会社ナサホーム

日を追うごとに気温がぐんぐん下がるこの時期。本格的な冬の到来を前に準備しておきたいのが、家の寒さ対策です。特に長年住み続けて古くなってきた家の場合は、底冷えするような寒さを感じることも……。そこで今回は、冬を乗り切るために実践したい、家の寒さ対策をご紹介します。

経年劣化した家は要注意!家で寒さを感じる原因とは?

家にいながら寒さを感じるのには、どんな原因があるのでしょうか?断熱材の老朽化以外にも、さまざまな原因が考えられます。

①隙間風

経年劣化した家にありがちなのが、「隙間風」です。古い家は隙間風が入るだけでなく、暖房で温めた空気が室外へ逃げてしまっている可能性があるのです。

②窓の素材

家の寒さの原因が「窓の素材」というケースもあひます。

例えば、日本の窓でよく採用されているアルミサッシは、温度を伝えやすい素材で作られているのが特徴。外気の影響を受けやすいため、冬には、温められた空気を窓付近で冷やしてしまいます。

③コールドドラフト現象

そのほか、暖かい空気が上に、冷たい空気が下に向いやすい「コールドドラフト現象」が生じていることも。特に天井が高い家で「暖房が効いてないかも…?」と思ったら、サーキュレーターなどで空気を循環させてみるのが良いでしょう。

少しの工夫でぽかぽかに!おすすめの寒さ対策5選

続いて、家でできる5つの寒さ対策を見ていきましょう。

①カーテンを付ける

前述した通り、窓は冷気を取り込む原因になりがち。そこで、カーテンをつけて覆うことで、窓から入る冷気や隙間風をある程度防ぐことができます。

カーテン選びのポイントは、厚みのある生地であることと、窓にあったサイズであること。カーテンのサイズが大きすぎると隙間ができやすく、逆に小さすぎると冷気が漏れてしまいます。

②プチプチ(緩衝材)・断熱シートを窓にはる

窓ガラスの窓ガラスやアルミサッシのガラス部分に、プチプチ(緩衝材)や断熱シートを貼り付けると、家の中の暖気がガラスを通して外へ出ることを防いでくれます。

最近では、窓ガラスに貼ることを想定したデザイン性の高いシートも登場しています。

③テープをはる

隙間風を防ぐなら、窓のアルミサッシの縁などに専用のテープを貼るという方法もあります。厚みのあるテープを貼ることで隙間風が侵入しにくくなり、外から冷たい風が入り込んだり、部屋の暖かい空気が逃げたりしにくくなります。

貼るポイントは、次のような箇所です。

・引き違い戸の隙間
・アルミサッシのふち
・戸の枠とガラス部分の境界部分
・開き戸の上下部分の隙間

ちなみに専用のテープは、ホームセンターや100円ショップなどで購入できます。

④雨戸・シャッターを閉じる

雨戸やシャッターには、風が室内に入り込むことを防ぐ役割もあります。

雨戸やシャッターを閉めて風をシャットアウトすると、アルミサッシやドアの隙間から入り込む冷気を抑えることが可能になります。

普段は面倒で使用していないという方も、夜間など冷えるときはできる限り雨戸やシャッターを閉め切るよう心掛けてみてください。

⑤ホットカーペットを使う

低予算で手早く取り入れられるアイテムとしては、ホットカーペットがおすすめ。フローリングからのぼってくる冷えを防ぎつつ、足元を温めてくれます。

通常のカーペットにホットカーペットを併用すると、更に高い効果が期待できますよ。

古い家の寒さを根本から改善!お手軽なリフォーム例は?

紹介した5つの寒さ対策は即時性がある一方で、一時的な対策にしかなりえません。家の寒さを本格的に改善したいと思ったら、リフォームを検討するのがおすすめです。

リフォームというと多額な費用がかかるイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、寒さ対策のための一部のリフォームであれば、料金も比較的お手頃です。

ここからは、寒さ対策にぴったりな3つのリフォーム例を見ていきましょう。

①ガラス・サッシの交換

寒さの原因が窓ガラスにある場合は、ガラスやサッシを交換しましょう。

サイズなどによって多少幅はあるものの、ガラス部分のみの交換であれば、2万円前後でリフォームできます。

サッシを交換する場合の予算は、最低でも10万円程度。外壁や内装の修繕もともなうため、予算に余裕を持って検討するのが良いでしょう。

②壁・屋根の断熱リフォーム

建物内外の熱や冷気の移動を遮断ししてくれるのが、壁や屋根の「断熱リフォーム」です。

壁などの断熱リフォームには、断熱材を壁の内側に取り付ける方法と、外側から施工する方法の2パターンがあります。施工方法によって工事範囲などが異なるため一概には言えませんが、外壁を全体的に行う場合は、300万円から500万円ほどかかります。

③床下の断熱リフォーム

足元からの冷え込みをシャットアウトするなら、床下の断熱リフォームが最適です。床下の断熱リフォームをすることで、寒い季節でもスリッパなしで家の中を歩き回れるようになることも。

1㎡あたりおよそ4,000円から8,000円と、手ごろな価格で施工できるのも魅力です。

施工事例はこちら

おうちのリフォームなら「ナサホーム」に相談を!

ナサホームは、関西エリアを中心に約71,000件もの実績を持つリフォーム会社。建築士や建築施工管理技士資格といった有資格者に加え、工務部員も多数在籍していて、高品質な施工が魅力です。

公式Instagramでは、写真で施工事例を紹介しているほか、公式サイトには無料の「リフォーム簡単見積り」もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

家の寒さが気になる方は、ぜひこの機会にリフォームを検討してみては?

ショールーム見学はこちら

公式Instagramはこちら

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集
最高の朝にしよう! モーニング特集
ごちゃごちゃを解消! キッチンの収納アイデア