へーベルハウスの「収納マジック」で片付かない暮らしにサヨナラを – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

へーベルハウスの「収納マジック」で片付かない暮らしにサヨナラを

提供:旭化成ホームズ株式会社

暮らしの悩み、実は収納の悩み

リビングにモノが置きっぱなしになったり、かさばる物をしまう場所がなかったり、キッチンや洗面所の使い勝手が悪いなど、暮らしの中には色々な悩みがありますよね。実は、このような悩みの多くは、イマドキの暮らしを把握し、「収納」をきちんと計画することで解決できるんですよ。ヘーベルハウスが提案する「収納マジック」で、家族の生活スタイルや増え続けるモノに柔軟に対応できる収納スタイルを作り出してみませんか?

3つの「収納マジック」とは?

ヘーベルハウスの3つの「収納マジック」を取り入れれば、片付かない原因を把握し、不便さを解消することができますよ。今までになかった収納のコツをご紹介します。

①かべ面積をフル活用「かべ創出」

 

限られた場所収納スペースを造り出す「かべ創出」。1帖分の小スペースを活用し、備品や日用道具をまとめて収納することで、リビングや玄関周りの空間を美しく保ちます。

②「奥行バリエーション」でピッタリサイズの収納を

家屋が使う物や生活に合わせて調整できる「奥行バリエーション」、しまいやすく取り出しやすい収納を実現。衛生用品やモバイル用品、ストック品、洋服、布団など、使うモノのサイズや量に合わせて空間を無駄なく活用できます。

③「かべ厚利用」で空間にゆとりを確保

収納スペースは欲しいものの、空間が狭くなるのは避けたい。そんな時には「かべ厚利用」のテクニックが最適です。かべの内側に収納を埋め込んだり、かべの役割を兼ねた収納を置くことで、開放感を維持したまま収納力を高めることができます。

ヘーベルハウスが提案する「収納実例」

LD空間の「リビングクローク(かべ創出+奥行バリエーション+かべ厚利用)」

リビングまわりに溢れる色んなものを集めてみると、これだけの量が。LDのものを収納するには、かべ面積7㎡が必要という調査結果も(家族4人分を目安)。そこで「かべを曲げる」という発想から生まれたのが「リビングクローク」。リビング脇の「1帖スペース」にLDで使う様々なモノがスッキリ収まり、見やすく取り出しやすい収納が実現します。

気持ちよい玄関になる「シューズクローク(かべ創出+奥行バリエーション)」

靴以外の荷物が意外とかさばる玄関周り。ベビーカーや傘、アウトドアグッズをまとめて収納できるシューズクロークがあると、見た目もスッキリ美しい玄関になります。可動式ラックを使えばブーツや趣味道具など、大小様々なモノに合わせて収納できます。

家族の変化に対応できる「可動家具(かべ厚利用)」

子どもの成長や在宅ワークへの対応など、家族の変化に対応して空間を仕切れる「可動家具」は、これからの家づくりに最適です。例えば子どもが小さいうちは川の字になって就寝し、大きくなったら間仕切りをして空間活用できますよ。

家族みんなが仕舞いやすく探しやすい「クローゼット(かべ創出+奥行バリエーション+かべ厚利用)」

ベッドスペースと収納を分ければ、寝るスペースにモノがあふれません。ウォークインクローゼットに夫婦の衣類をゾーンで分けて自己管理する。ランドリー脇に家族の衣類を一括収納して家事導線を短縮する。アクセサリーや小物は取り出しやすい壁埋込収納に置く。家族のスタイルごとにアイデアが生まれますね。

住宅展示場で収納マジックを体験しよう

ヘーベルハウスの「収納マジック」は、住宅展示場で体験することができます。Webで予約すると、生活に役立つオリジナルグッズのプレゼントもあります。ぜひお近くのヘーベルハウスの展示場・オンライン相談にお申込みください。(ノベルティは変更になる場合があります)

へーベルハウス展示場web来場予約

収納マジックをより深く知れるカタログ請求もおすすめですよ。

収納カタログ請求

ヘーベルハウスの収納計画でスッキリ空間を目指そう

ヘーベルハウスが提案する「収納マジック」は、家族の変化に合わせて対応してくれるので、これからの暮らし作りにピッタリです。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手