コストコで買うべきチョコレート11選。迷ったらこれを試して – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

コストコで買うべきチョコレート11選。迷ったらこれを試して

コストコのチョコレートは豊富なラインナップで、どの商品を買うか迷ってしまいますよね。本記事では、おすすめのチョコレートを11種類ピックアップしました。コストコに足を運ぶ前にリサーチをして、賢く買い物を楽しみましょう。

コストコのチョコレートの魅力

とにかく『コストパフォーマンス』に優れているのがコストコならではの魅力です。チョコレートのラインナップも例外ではなく、幅広い世代から人気があります。まずは、コストコのチョコレートの魅力について見ていきましょう。

大容量でお財布に優しい

コストコのチョコレートは、全般的に大容量でお財布に優しい価格設定です。家族や一人では食べきれないような業務用の商品もあるので、ホームパーティーで活用したり、友達などとシェアしたりする人が多いでしょう。

コストコは、国内の有名メーカーの商品はもちろん、スイスやベルギーなどの海外ブランドのチョコレートもたくさん取り揃えています。日本でなかなか出会うことのない珍しいチョコから、スーパーでもお馴染みのものまで、幅広いラインナップから選べる点が嬉しいですね。

商品の入れ替わりが早い

食品に限らずですが、コストコの商品は入れ替わりが早く、今回置いてあったものが、次回もあるとは限りません。

そのため「気になる商品を見つけたらまずは試してみる」というのもコストコの楽しみ方の一つです。売り場の雰囲気はシーズンごとに入れ替わるので、商品との『一期一会』を大切にしてみるのもよいでしょう。

また、コストコはシーズンによって商品のラインナップががらりと変わります。クリスマスアイテムは、なんと8月頃から販売開始します。他にもニューイヤー、バレンタイン、ホワイトデーなど、季節によってどんどん売り場や入荷商品が変わっていきます。お店のテーマが移り変わる様は、まるでアミューズメントパークのようです。

子どものおやつにピッタリのチョコレート菓子

さて、ここからは具体的なおすすめチョコレートを紹介していきます。まずは子どもにおすすめの3商品です。多くの方から愛されているチョコレートなので、家族団らんで楽しむのもよいでしょう。

ハーシーズ キスチョコ

日本でもお馴染みの『ハーシーズ キスチョコ』。アメリカのチョコレートで、独特の甘味のあるミルク味が人気です。コストコで売っているこちらの商品、なんと1袋に330粒ものキスチョコが入っています。大容量でお得感のあるサイズは、コストコならではです。

ハーシーの製品は、人口香料・保存料・甘味料を一切使っておらず、着色料も天然の素材を使用するというこだわりようです。まさに、洗練されているチョコレートだといえるでしょう。

ジャコー イースターエッグ ミルクチョコレート

ジャコーは、フランスのチョコレートメーカーです。名前の通りイースターエッグをイメージしている遊び心のあるお菓子で、カラフルな装飾が印象的です。思わず手に取りたくなるようなワクワクするデザインをしているのも、人気の理由の一つでしょう。

チョコ1個あたりの大きさは、普通の卵と同じくらいです。食べきれるかどうか心配になるサイズですが、中は空洞になっているので子どもでも食べやすいです。また、1個あたりの重さは20gあります。チョコレートにしてはずっしりしていると感じるかもしれません。

味は万人受けしやすいミルクチョコレートです。見た目も食べ応えも、子どもが喜びそうなチョコであるといえるでしょう。

アルベルトプレミエール ベルジャンチョコレートコイン

金色のコインのようなデザインをしたチョコレートです。大小2種類のサイズがミックスされており、大きいコインの包み紙にはケネディ大統領、小さい方にはワシントン大統領の肖像画が刻印されています。アメリカをテーマにしているデザインですが、実はベルギーのメーカーの商品です。

パッケージから取り出すと、ザクザクと金貨の入った袋を手にしているような気分を味わえることでしょう。包み紙を開けると、中からおいしいミルクチョコレートが顔を出します。遊び心があり、子どもたちから人気のチョコレートであるのも頷けます。

定番商品をお得に。大容量チョコレート

コストコでは、スーパーなどでもおなじみのチョコレート菓子の『巨大パッケージ』も注目です。今までに見たことのないサイズ感に驚くのではないでしょうか。

明治 たけのこの里 53袋入り

たけのこの里の超巨大ボックスです。コンビニなどでもよく見かける通常ボックスよりも、容量・値段と共にお得な商品となっています。スーパーで12袋入りなどのお徳用パックもありますが、それを何倍も上回るサイズです。

小袋にわかれているので少しずつ食べられますし、外出先などに子どものちょっとしたおやつに持っていくのにもぴったりです。

江崎グリコ ポッキーチョコレート 28袋入り

細長いプレッツェルに、口当たりの良いミルクチョコレートがかかったお馴染みのお菓子『ポッキーチョコレート』。コストコの業務用パックは、なんと28袋入りです。コンビニやスーパーで見かける通常サイズは2袋入りなので、かなりお得感のある商品となっています。

ポッキーは手が汚れにくく、仕事の合間にパクっと食べられるのが嬉しいですよね。ほっと一息入れたいブレイクタイム用に、コストコのお得用サイズを買ってみてはいかがでしょうか。

ネスレ キットカットフォーカフェ 678g

こちらのキットカット、市販で見かけたことがある人は少ないのではないでしょうか。『キットカットフォーカフェ』は、一般のスーパーやコンビニには売っておらず、レストランやバーなどの外食向けに販売されている限定商品なのです。

『ル パティシエ タカギ』のオーナーシェフである高木康政氏が監修を手掛けており、程よい甘さがコーヒーに合うと人気です。なかなか手に入らないことからも、一部のファンから注目されているお菓子です。

コーヒーと相性の良いチョコレートが使われていたり、バニラ風味のビスケットが練りこまれていたりと、通常のキットカットとは異なる特別な味わいを楽しむことができるでしょう。

コストコの大人向けチョコレート

高級ブランドの商品や、お酒によく合うものなど、大人が嬉しいチョコレートを紹介します。「食べたことのあるあのブランドがこの値段で?」と、圧倒的なコストパフォーマンスに驚く商品に出会えるかもしれません。

ゴディバ アソートメント

ベルギーの高級チョコレートブランド『ゴディバ』のチョコレートの詰め合わせです。5種類のチョコレートが12粒入っており、定番のミルクチョコレートはもちろん、ローストアーモンドやラズベリー風味の味など、幅広いラインナップのフレーバーを手軽な価格で楽しめるのは魅力的です。

コストコのゴディバはリーズナブルな価格で手に入るので、ゴディバブランドのチョコレートをいつもより手軽に楽しむチャンスです。プレゼントとしてはもちろん、自分へのちょっとしたご褒美にいかがでしょうか。

カークランドシグネチャー ダークチョコレートマンゴー

コストコの『カークランド』というプライベートブランドをご存じでしょうか。プライベートブランドからは、ドライマンゴーがたっぷり入った甘さ控えめのダークチョコレートを紹介します。

フィリピン産の高級マンゴーがチョコレートでコーティングされており、甘さだけではなく、ダークチョコの苦味とマンゴーの酸味が絶妙なバランスです。お酒にも合うと好評で、ドライフルーツ好きにはたまらないチョコレートといえるでしょう。

『カークランド』はチョコレートに限らず、日用品など幅広いカテゴリーで商品展開されているので、ぜひ注目してみてください。

リンツ リンドール アソートバッグ

スイスのリンツのチョコレートブランド『リンドール』。そのうち4種類が入ったアソートバッグが、圧倒的なコストパフォーマンスで大人気です。

ただ、全く同じリンツのチョコレートというわけではなく、コストコのリンドールはイタリア産、一般に流通しているものはスイス産と産地が異なります。どちらも美味しいと評判ですが、産地による味のトーンの違いはあるようなので、その点も楽しめるポイントといえるでしょう。リンドールのファンは必見です。

オーガニック派におすすめ

コストコは、オーガニック派の心をガッチリ掴むチョコレートも展開しています。オーガニックだけでなく、グルテンフリーやヴィーガンなどに向けた商品や、プライベートブランド発の個性的な商品などもそろっています。コストコならではのランナップを楽しみましょう。

イノフーズ オーガニック ダークチョコ ナゲッツ

イノフーズはカナダのお菓子メーカーで、オーガニック商品を製造しています。『ダークチョコ ナゲッツ』は、ココナッツや、パンプキンシードやチアシードなどのナッツ類が、ベルギーチョコで固められており、ごろっとした形をしています。ナッツの歯触りがサクサクと楽しめるお菓子です。

グルテンフリーかつ、ヴィーガンの人にもおすすめのチョコレートです。ヘルシーなチョコレートを探している人にぴったりの商品といえます。

カークランド オーガニックダークチョコレート

コストコのプライベートブランド『カークランド』のオーガニックチョコレートです。1袋500gで、分厚めの割れチョコレートがずっしりと詰まっており、重量感があります。

カカオ風味のしっかりとしたダークチョコレートで、ほろ苦いビターな味わい。ですが、味はしっかり甘めという個性派です。分厚くて食べ応えのあるチョコレートの表面には、アーモンドとココナッツがたっぷり振りかけられており、味のバランスと食感が独特で、ファンが多い商品です。

コストコのチョコレートを満喫

コストコのチョコレートは、価格と量のバランスが魅力的です。お馴染みの日本メーカーだけでなく、海外の人気ブランドやプライベートブランドなど、豊富なラインナップの中から、自分の好みにぴったりなチョコレートに出会うことができるでしょう。

オーガニック、グルテンフリー、ヴィーガンも対応している商品もあるので、一般的なお店でほしいものが見つからない人は、コストコに足を運んでみると良いかもしれません。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手