荷物が多くてもOK!旅行の前に覚えておきたい「パッキング術」 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

荷物が多くてもOK!旅行の前に覚えておきたい「パッキング術」

「パッキング術」で荷物をスマートに持ち運ぼう!

パッキングとは、荷物を詰めたりまとめたりすること。旅行や出張先に衣類を持っていきたいものの、シワになったりバッグに入りきらなかったり、悩みはつきませんよね。出発前の準備や出先で困らないために、便利なパッキング術を覚えておきましょう!

Tシャツをスムーズに!「アーミー式収納テク」

力バッグにTシャツをきれいに収納できない時におすすめなのが、アーミー式収納テクです。畳み方を覚えておけば、あらゆるシーンで活用できるので便利ですよ。お気に入りのTシャツにできるだけシワをつけずに収納することができます。

1. Tシャツの裾を折り込む

Tシャツをきれいに広げ、裾部分を折り込みます。

外側に向けて一度折り、全体を整えるようにすると行いやすいですよ。

2. 中心に向けて折る

中心線に向けて、きれいに折りましょう。両身頃を中心線に合わせるようにして、袖は折り畳んでおきましょう。

3. 肩部分から裾に向けて丸める

Tシャツの向きを上下逆にし、肩の方から裾に向けてクルクルと巻いて丸ます。隙間ができないよう、丁寧に行うとシワがつきにくいですよ。

4. 1に折り込んでまとめる

1で折り込んだ部分に、裾部分を入れるようにしてまとめてください。きれいにひとまとめになれば完成!Tシャツがあっという間にコンパクトサイズになりますよ。

この大きさなら小さめのリュックでも洋服を入れやすいですね。一度にたくさん持ち歩きたい時にも便利。バッグの中で洋服がほつれないので、空きスペースを維持できるのもポイントです。

シューズをバッグに入れるなら「シャワーキャップテク」

シューズを持ち運ぶ時、気になるのが靴底の汚れですよね。そのまま入れるのは躊躇するものの、ビニール袋だと破れてしまいそう。そんな時は、こちらのテクニックがおすすめですよ。

1. シャワーキャップにシューズを入れる

シャワーキャップにシューズを入れましょう。開閉口が上になるよう、くるっとまとめるようにしてください。

2. 空いたスペースに収納する

バッグの空いている隙間にシューズを入れるだけで完了。袋より丈夫でかさばらず、中身が見えるのでとても便利ですね。

もう入らない…と諦めない!「ミルフィーユ収納テク」

肌着やシャツ、靴下など、バッグに入れたい衣類が多すぎて困っていませんか?ぎゅうぎゅう詰めにしても入らない時は、ミルフィーユ収納テクがおすすめ。まるでミルフィーユのようにきれいに重ねれば、たっぷりの衣類もスマートに持ち歩けますよ。

1. 衣類を重ねるように置く

トップスやボトムス、靴下類を、重ねるようにして置きましょう。まずは大きなシャツを重ね、次にボトムス、Tシャツ、靴下の順に重ねていくといいですよ。

2. 順に重ねてまとめる

上に重ねている衣類から順に、きれいに折り畳みまとめていきましょう。できるだけシワを作らないよう、丁寧に行うのがコツ。

このように、ひとまとまりになればOKです。あまりコンパクトにしすぎず、衣類の厚さや枚数に合わせて調整するときれいに行えますよ。

3. そのままバッグに収納する

後は、そのままバッグの中に収納すれば完了です!バッグの大きさに合わせて折り畳むと、無駄なく収納できますね。また、1日分の衣類ごとにまとめておくのも、旅先で慌てず済むのでおすすめですよ。

パッキング術でスマートな旅を!

衣類をコンパクトに収納することができれば、身軽な状態で旅行を楽しむことができますよね。衣類の量や季節に合わせ応用すれば、どんな旅でも衣類の持ち運びに困らないですよ。知っておいて損はないパッキング術をぜひ覚えておいて、これからの旅に役立ててみてください。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手