「野菜の下ごしらえ」がラクになる!驚きの裏ワザをご紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

下ごしらえが面倒な野菜はコレでラクラク!驚きの裏ワザをご紹介

目からウロコ。野菜の下ごしらえテクニック

パプリカやカリフラワー、トウモロコシなど、下ごしらえが大変だなと感じる野菜は多いですよね。この記事では、野菜の効率的な切り方や、魔法のように中身がツルンと出てくる剥き方など、便利な下ごしらえのテクニックをお届けします。

パプリカの切り方

1. ヘタを切り落とす

最初にヘタの部分を1cmほど切り落とします。

2. ワタを抜く

中の種とワタを手で取ります。

3. パプリカを開いて4つに切る

側面の一方に切り込みを入れて、パプリカを開きいたら、4つに切り分けます。

4. 突起を切り取る

ワタがついていた突起を包丁で切り取ります。

5. 重ねて細切りに

4枚のパプリカを重ね、端から切って行きましょう。

複雑な形のパプリカもこのとおり!

いろいろなお料理に役立てやすい大きさにカットすることができます。無駄なく処理できるのが嬉しいですね。

カリフラワーの切り方

1. 半分に切る

まずカリフラワーを半分に切ります。

2. 芯を取る

芯の部分に斜めに包丁を入れ、花の部分と軸の部分を切り離します。

3. 手でちぎる

あとはひと房ずつ手でちぎっていきます。

複雑な形のカリフラワーもこのとおり!

サラダや煮物、炒め物など、このままお料理に役立てることができますよ。

ミニトマトの切り方

1. 保存容器のフタにのせる

ミニトマトを保存容器のフタに並べます。

2. もう1枚のフタをかぶせる

トマトが重ならないに並べたら、もう1枚のフタを上にのせます。

3. フタをおさえて切る

フタを手でおさえながら、横から包丁を入れます。

小さいミニトマトを一斉にカット!

一度にたくさんのミニトマトをカットできます。1つずつ切るより時間短縮できますよ。

トウモロコシの剥き方

1. 頭の部分を切り落とす

トウモロコシの頭の部分(ヒゲがないほう)を切り落とします。

2. レンジで加熱する

電子レンジで2分ほど加熱します。

3. 逆さに持ち上げる

切り口を下にしてトウモロコシを持ち上げ、お尻から頭に向かって皮の外側を手で握っていくと…

剥くのが面倒なトウモロコシが中からツルン!

とっても簡単にトウモロコシの皮を剥くことができました。お料理の時間を短縮できそうですね。

グレープフルーツの剥き方

1. 頭とお尻を切り落とす

まずグレープフルーツの頭の部分のお尻の部分を包丁で切り落とします。

2. 切り込みを入れる

片側半分に切り込みを入れます。

3. グレープフルーツを開く

切り込みを入れた部分からグレープフルーツを開きます。

4. 手で皮から果実をはがす

すると果実が手で簡単に取れます。

剥くのが面倒なグレープフルーツの果実がポロリ!

剥きやすいだけでなく、食べやすい大きさにカットすることができます。

簡単な下ごしらえで料理を楽しく。

ただ簡単なだけでなく、なんだかワクワクする楽しい下ごしらえの方法をご紹介しました。今まで時間がかかっていた野菜の下ごしらえも、楽しくこなせそうですね。ぜひお試しを♪

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手