いつまでも長持ち。レインコートの正しい洗濯方法とお手入れ術 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

いつまでも長持ち。レインコートの正しい洗濯方法とお手入れ術

レインコートを長く愛用できる洗濯術

レインウェアは汚れがつくと落ちにくいだけでなく、撥水効果が弱くなってきて、効果を存分に発揮できなくなります。定期的に正しく洗い、きれいな状態を保っておきたいですよね。そこで、この記事では洗いにくいレインウェアの洗濯方法をご紹介。きれいにすると同時に、撥水効果を復活させましょう。

レインコートの正しい洗い方

1. 汚れを手で落としておく

レインコートの表面に付着している、ホコリや汚れを落としておきましょう。手で叩く程度でOKです。

2. 洗濯機で洗う

 

レインコートを、洗濯機で洗います。きれいに折りたたみ、洗濯ネットに入れてくださいね。ネットは大きすぎたり小さすぎると汚れが落ちにくくなるので、適切なサイズを選ぶようにしましょう。

そのまま洗濯機に入れると、シワの原因になったり生地が傷んだりするので、必ず洗濯ネットを使用してください。

洗剤を入れたら、スイッチをオン!おうちにある中性洗剤でOKですよ。コースは使わず「洗い」と「すすぎ」のみに設定しておきましょう。

3. 水分を拭き取る

脱水にかけていないので、まだ水分がついている状態です。乾いたタオルを使い、表面の水分をしっかり拭き取ってください。洗濯機から出さずに行うと、床を濡らさずにすみますよ。濡れている生地はダメージを受けやすいので、ゴシゴシせず、優しく扱ってくださいね。

4. 乾かす

水分を拭き取ったら、乾かしましょう。ハンガーにかけて形を整え、直射日光が当たらない半日陰で自然乾燥乾させてください。

5. 撥水スプレーをかける

しっかり乾いたのを確認したら、撥水スプレーを全体にかけます。家の中で行うと匂いがこもりやすいので、干した状態のまま行うのがおすすめです。

6. スチームアイロンをかければ完成

最後に、スチームアイロンをかけましょう。撥水スプレーをした後にスチームアイロンをすることで、撥水効果がアップします。レインコートの色が変わってしまわないよう、必ず当て布をしてください。

アイロンをして、きれいになったら完成です!汚れがスッキリ落ちただけでなく、撥水効果も復活していますよ。

水をかけてみると、この通り。これでまた、雨の日に大活躍してくれますね。汚れが気にならなくとも、定期的にお手入れをすることで、レインコートは長持ちしますよ。

こまめに洗ってきれいなレインコートをキープ

レインコーチは他の衣類と一緒に洗いにくく、手洗いするのも大変なので、洗濯がおそろかになりがちですよね。しかし、洗濯機でもポイントを抑えればとってもきれいに洗うことができるんですよ。

撥水効果は徐々に落ちてしまうので、定期的にスプレーをするのもおすすめです。雨の日に欠かせないレインコートを、いつまでもおしゃれに着こなしてみましょう♪

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手