長くキレイに愛用したい!「リュック」の正しい洗い方とは? – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

長くキレイに愛用したい!「リュック」の正しい洗い方とは?

おうちで汚れたリュックを洗う方法をご紹介!

通勤通学、そしてお休みの日も大活躍してくれるリュック。毎日使っていると当然汚れるけど、リュックの洗い方っていまいちわからないという人も多いのでは?お気に入りのリュックが汚れてきたからキレイにしたい。そんな人はぜひ参考にしてみてください。

洗濯機を使ったリュックの洗い方

1. 消しゴムで汚れを落とす

まずは消しゴムを使って、軽い汚れを落としていきます。

こんな感じの汚れ、ナイロンやポリエステル製のリュックを使ってるとできますよね。

普段、消しゴムで文字を消すときの要領でこすり落としましょう。

2. 洗濯表示を確認する

洗濯をして全体をキレイにしたい場合は、洗濯表示を確認してください。綿やポリエステル、ナイロン素材であれば、だいたいは自分で洗うことができますよ。

3. 細かなパーツを外す

 

洗濯機に入れる前に、取外せるパーツを外します。

4. リュックを裏返し、洗濯ネットに入れる

リュックを裏返したら、そのまま洗濯ネットに入れます。洗濯ネットを使うことで、リュックの型崩れを防ぐことができますよ。

5. 中性洗剤を入れる

リュックを洗う際には中性洗剤を使用してください。

6. 脱水なしで洗濯機を回す

型崩れを防ぐため、設定は脱水なしで洗うようにしましょう。

7. タオルで水分を拭き取る

背面パッドやパソコンを守るためのクッション素材部分は、手で水を押し出すようにして拭き取りましょう。

8. リュックを逆さにして日陰に干す

ある程度水を拭き取ることができたら、リュックを逆さにして日陰に干し、乾けば完了です。

手洗いでするリュックの洗い方

型崩れが気になるリュックは、手洗いで洗う方法もありますよ。

1. リュックの汚れを軽く落とす

先ほどもご紹介した消しゴムや歯ブラシ、ブラシなどを使って軽い汚れやホコリを取り除きます。

2. パーツを外す

先ほどと同じく、取り外すことができるパーツは外します。

3. リュックが浸かるくらいの水かぬるま湯をためる

大きな洗い桶やシンクに、リュックが浸かるくらいの水かぬるま湯をためます。汚れがひどい場合は、ぬるま湯のほうが汚れを落としやすくなります。

4. 中性洗剤を加え、リュックを浸ける

ためた水かぬるま湯に中性洗剤を加え、リュックを浸けます。

もし汚れがひどい場合には、汚れに直接洗剤を浸けて部分的に洗っても効果的です。

5. 優しく押し洗いする

洗うときは、手で優しく押し洗いしましょう。

6. 水を替えて、すすぐ

ある程度洗うことができたら、水を替えてすすぎましょう。水がキレイになるまで、これを数回繰り返してください。

7. タオルで水気を切る

洗濯機で洗うときと同じく、できるだけタオルで水気を切ります。

8. 日陰で逆さまにして干す

日陰でリュックを逆さまにして干し、乾いたら完了です。

リュックの汚れは自分でキレイにできる!

リュックの汚れ。自分でキレイにできることがわかれば、お気に入りもガシガシ使えてより愛着がわきそうですよね。ただし、リュックを頻繁に洗うことは傷みの原因になることも。ちょっとした汚れを見つけたら消しゴムやブラシなどでケアしておき、汚れがひどくなってきたら、洗濯機や手洗いで全体を洗うようにするなど、汚れによって洗い方を変えるといいですよ。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手