まだまだ使える!ワイヤーハンガーの活用ハック3選 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

まだまだ使える!ワイヤーハンガーの活用ハック3選

ワイヤーハンガーをもっと活用しよう!

気がつくとおうちの中でたまりがちなワイヤーハンガー、みなさんはどのように使っていますか?少し工夫をすると、ワイヤーハンガーは便利な収納アイテムになりますよ。ワイヤーハンガーを活用するためのアイデアをご紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

「ベルトホルダー」の作り方

1. 下の辺を山のように曲げる

ワイヤーハンガーの下の辺を、山のように曲げます。全部で3箇所、山を作ってください。

2. ベルトをかける

ベルトのバックル部分が、先ほど曲げた部分にぴったり。散らばっていたベルトを一箇所にまとめて収納できます。

選ぶときも取りやすく、直すときもかけやすいのが嬉しいですね。

「ズボン用ハンガー」の作り方

1. 左右を上に向かって曲げる

ワイヤーハンガーの左右を、上に向かって曲げます。

2. ズボンのベルト通しにかける

ズボンのベルト通しと、左右の曲げた部分がちょうどよく、ズボンをハンガーにかけることができます。

ズボンのサイズに合わせて、ハンガーの角度を調整してくださいね。シワになりにくく、このまま天日干しすることもできますよ。

「スカーフかけ」の作り方

1. 丸くなるように曲げる

ワイヤーハンガーが丸くなるように曲げます。

2. 二重になるよう、さらに曲げる

二重の丸になるよう、さらに曲げましょう。両手をひねるようにして行うと良いですよ。

3. ワイヤーが見えなくなるように紐を巻く

ワイヤー部分にお好みの紐を巻いていきましょう。最初に結んでおくことで、あとから解けにくくすることができます。

4. スカーフをかける

ワイヤーだとすぐに落ちてしまうスカーフも、紐で巻いてアレンジすることでピタッと収納できますね。スカーフだけでなく、マフラーやネクタイの収納にも使えそうです。

ワイヤーハンガーはアイデア次第で使える!

おうちの中で使わなくなっているワイヤーハンガーは、ちょっとのひと工夫でお役立ちアイテムになるかもしれませんね。洋服に合わせて変形させることができる、ワイヤーハンガーならではのメリットを活用してみてください。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手