プラバンの作り方。種類、材料、色塗りのコツや手順を紹介 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

プラバンの作り方。種類、材料、色塗りのコツや手順を紹介

自分の絵やデザインを生かして、自由に作ることができるプラバンは、おうち遊びにもぴったりな手作りアイテムです。トースターを使うので、ぜひ親子で一緒に遊んでみましょう。上手にきれいに作るには、コツがありますので紹介しましょう。

プラバンの種類を確認

プラバンとはプラスチックの板の略称です。絵を描いて、好みに切り抜いたプラバンを、オーブントースターで焼くことで、アクセサリーやキーホルダーなどの雑貨を作ることができます。

プラバンは100均などで、何枚かセットで売っています。プラバンにはいくつか種類があるので、仕上がりのイメージに合わせて、タイプを選んで購入しましょう。

透明タイプ

透明タイプは、仕上がりの背景が透けて見える、一般的なプラバンです。透明なので下絵を写しやすく、油性ペンと相性がいいので使い勝手も良いでしょう。

サイズや厚みにはいくつか種類があります。初めてプラバンに挑戦する時や、子どもと一緒に遊ぶ場合は、下絵を写しやすい透明タイプがおすすめです。

半透明タイプ

半透明タイプは、アクセサリー作りにおすすめのプラバンです。他のプラバンは表面がツルツルしているのに対して、半透明タイプはざらざらしているのが特徴です。

そのため、他のタイプのプラバンではあまり色が乗らない、クレヨンや色鉛筆を使用でき、細かい色での表現が可能になります。

不透明タイプ

不透明タイプのプラバンは白色タイプとも言われ、背景が白いところが特徴です。透明タイプに背景を塗るのが面倒な時や、白ベースの雑貨を作りたい時などは、不透明タイプを選ぶといいでしょう。

表面はツルツルしているので、透明タイプと同じように油性ペンとの相性が良く、デザインが映えます。

プラバンでなにができる?

プラバンの人気は年々高まっており、10年前にくらべて、できることがとても増えています。アイデア次第で色々と作れるのが、プラバンのおもしろいところでしょう。平面的な雑貨だけでなく、3Dの作品を作り出す作家も登場しています。

キーホルダーに

穴あけパンチとキーホルダーパーツがあれば、簡単にプラバンでキーホルダーを作ることができます。キーホルダーパーツもプラバン同様、100均で売っているので、プラバンと一緒に購入しておくといいでしょう。

名前を書いてキーホルダーにすると、可愛いオリジナルのネームタグになります。好きなキャラクターを書いてキーホルダーを作れば、特別な感じがして楽しいでしょう。

アクセサリーに

プラバンで作るアクセサリーは、作家もいるほど人気のジャンルです。イヤリングパーツやピアスパーツ、穴を開けてチェーンを通せばネックレスにもなるのが、プラバンの魅力でしょう。

作りたいと思えば、アイデア次第で驚くようなものも作れるので、子どもの創造力を育むことにもつながるでしょう。

アクセサリーといえば、お金を出して買うのが一般的かもしれませんが、欲しいデザインに出合えないこともあるでしょう。そんな時はプラバンで、自分の好きなアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか。

プラバン、色塗りのコツ

重ね塗りの跡が目立ったり、焼いた後の色が思っていた色と違ったりするのが、プラバンの難しさでしょう。プラバンの種類によって色の表れ方が違うので、プラバンとペンの特徴を知っておくと上達も早いでしょう。

色鉛筆で塗る

色鉛筆を使うと、優しい雰囲気が出ます。しかし、白色タイプと透明タイプのプラバンは表面がツルツルなので、色が乗りにくく、思うように描けないでしょう。不透明タイプのプラバンは表面がざらざらしているので、色鉛筆を使うことができます。

間違って白色タイプを買ってきてしまった、家に透明タイプしかない、という場合は、色を塗る前に紙やすりで擦ると、表面をザラザラにすることができます。

家に紙やすりもないという時は、爪切りのヤスリで代用することもできます。ヤスリの面が小さいので削れる範囲は狭くなりますが、意外と使えるテクニックです。

ポスカで塗る

ポスカは鮮やかな色が特徴で、プラバンに使うと仕上がりもきれいです。ただし広い範囲に塗る時は、塗りムラが目立ちやすくなるのが欠点でしょう。

広い範囲に塗る時は、ペンを一方向にだけ動かすようにすると、塗りムラが減ります。ぜひ、試してみてください。

また、透明タイプでは、プラバンの表裏の両面にポスカで色を塗ると、奥行きのある作品になります。また白色のプラバンに、表面と裏面で違う絵を描いても可愛いでしょう。完全に乾けば重ね塗りもできるので、多彩な表現が可能です。

油性マジックで塗る

透明や白色のプラバンは、表面がツルツルしていて、太い油性マジックを使うと、にじんでしまうかもしれません。不透明タイプではそういった心配はいりません。

油性マジックを使う場合は、ゆっくり丁寧に書くようにすると、にじみにくくなります。使うマジックは、なるべく細いマジックにするとさらにいいでしょう。

また、透明タイプのプラバンに、油性マジックで広い面積の色を塗ると、焼き上がりは色が透けてしまいます。あえて透けた感じを出したい時はいいのですが、塗り潰したい場合には油性マジックは不向きです。透明感の出ないポスカなどがおすすめです。

自宅にあるものを使ったプラバンの作り方

プラバン作りには、意外と普段、家にあるアイテムが活躍します。もし使いたいものが家になくても、代用可能なものが多いので心配ないでしょう。

アクセサリーパーツやキーホルダーパーツは、なかなか代用できるものがないので、作りたいものが決まっていれば、プラバンと一緒に購入しておくのがおすすめです。

材料を用意しよう

プラバンで使う材料は、絵を描いたり色を塗ったりするペン、プラバンを切るハサミ、オーブントースター、アルミホイル、重し用の厚手の本などになります。また、アイテムによっては、仕上げにパーツをつけるための穴あけパンチも用意しましょう。

オーブントースターは熱くなるので、ピンセットや綿の手袋があると安心です。軍手でも可能ですが、熱いプラバンに、繊維の痕がついてしまうことがあります。綿の手袋は軍手に比べて強く触らないと痕になりにくいので、失敗が少ないでしょう。

プラバンの仕上がりを美しくするために、表面にツヤを出すニスやレジンがあれば、なおよいでしょう。レジンを使うと、一気に売り物のようなクオリティになるのでおすすめです。

好きな形に切って色を塗る

プラバンに使うペンは様々な種類があるので、まずは家にあるもので試してみましょう。より高度な仕上がりを求めたい時は、クレヨンやアクリル絵の具、ネイルカラーなどを用意してもいいでしょう。色は焼く前でも焼いた後でも塗ることができます。

また、厚手のプラバンを切る時は、思わぬ方向に割れてしまうことがあるので、注意しながら切りましょう。特にカーブを切る時は一気に切らずに少しずつ進めると、うまくいきやすくなります。

電子レンジやオーブンレンジで焼く

焼く時には、アルミホイルの上にのせます。アルミホイルは、オーブントースターに入れる時に軽くぐしゃっと丸めてから開き、敷いて使います。

アルミホイルがない場合はクッキングシートでも代用できますが、クッキングシートでは燃えてしまう可能性もあるので、一回一回取り替えた方が安心です。

もしどちらもない場合は、ドライヤーでも代用できます。ドライヤーを使う時はプラバンを箱状のものに入れて、その中で熱を加えるようにしましょう。

プラバンが縮む時は、熱の作用で大きく動きます。動きが落ち着いたら、素早く取り出しクッキングシートで挟みます。その上に本を重しにして乗せ、プラバンを平らにしましょう。

熱いので、十分に注意しながら行いましょう。慌てると、プラバンが思わぬところにくっついてしまって、きれいに仕上がらなくなってしまいます。

プラバン工作を楽しもう

プラバンは熱に注意すれば、誰でも簡単にオリジナル作品が作れる楽しい工作です。ガラス工作のような繊細な作品や、立体的なアクセサリーを作ることもできますし、思い出の作品を写してキーホルダーにしたりと、作れるアイテムは無限大です。

ぜひ親子でアイデアを出し合いながら、一緒にプラバン工作を楽しみましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手