空気清浄機が臭い!きれいな空間を取り戻すための対処法をチェック – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

空気清浄機が臭い!きれいな空間を取り戻すための対処法をチェック

空気清浄機は赤ちゃんや子どもがいる家庭、花粉症でお悩みの家庭に重宝される、空気をきれいにする家電です。しかしお手入れを怠ると、悪臭が出て気分を害したり、かえって空気を悪くしたりします。悪臭が出てしまった時の対処方法をご紹介します。

空気清浄機が臭い?考えられる原因

空気清浄機が臭い場合、いくつかの原因が考えられます。長く使っている場合は本体の寿命も考えられます。しかし、買い替えと言っても、空気清浄機は安くはありません。原因を究明して対処しながら、なるべく長く、安心して使いたいですね。

カビ

空気清浄機は空気中の雑菌やカビを集めて、フィルターでキャッチすることで、室内の空気をきれいにします。カビには独特の臭いがあります。そのため、カビが原因の悪臭の場合は、すぐに気づくことができるでしょう。

カビはフィルターで繁殖することもありますし、加湿機能付きの場合は、水のタンクの中で発生することもあります。

カビ臭いまま放置しておくと、空気清浄機内でカビが繁殖してしまいます。空気をきれいにしているつもりが、逆にカビを放出していることになってしまうので、注意が必要です。

アレルギーの発生原因となってしまうことも考えられるので、カビ臭さに気づいたら、早急にフィルターなどの内部パーツを洗浄しましょう。

ほこり

空気清浄機の一番外側の吸気部分に、びっしりとほこりがついている場合は、悪臭の原因になっているかもしれません。ほこりは菌の温床なので、さまざまな悪臭の要因になってしまいます。

また、ほこりがフィルターを覆うと、空気清浄機の機能がひどく落ちてしまいます。電気代も余計にかかってしまう上に、あまり空気をきれいにできていないのでは意味がありません。

ほこりは気づいた時にまめに掃除をして、空気清浄機の運転を妨げないようにしましょう。

雑菌

空気中には多くの雑菌があります。外から持ち帰ってしまうこともありますし、タバコや家庭の掃除の状況によっても変わります。加湿機能付きの空気洗浄機では、水分という格好の餌もそばにあるので、雑菌の繁殖を助長してしまいます。

菌の繁殖している空気を放出していては、空気清浄とはいえません。カビ同様に悪臭を発生させる上に、人体にもいい状態とはいえないでしょう。定期的なお手入れをして、悪臭が出ないようにすると安心です。

臭いの原因を突き止める方法

悪臭を発生させる原因は、目に見えない菌などです。悪臭を放っている部分を突き止めることで、ピンポイントで除去することができます。悪臭をなんとかしたい時は、まずは臭いの原因を突き止めましょう。

メーカーや空気清浄機の種類によって、フィルターの枚数や装置の名前が違うことがあります。水洗いできる部分とそうでない部分もあるため、説明書を確認しておきましょう。

フィルターを全て外して運転する

多くの機種に採用されているフィルターは、悪臭の主な原因になることが多いようです。1箇所に重なっている場合もあれば、吸気口が何個かある場合もあるので、確認してください。

フィルターを全て外して運転した時、悪臭がする場合は、他の部分か本体に悪臭が染み付いていることが考えられます。本体に悪臭が染み付いている場合は、家電の寿命と考えて買い替えをおすすめします。

集塵フィルターを付けて運転

フィルターを外して運転した時に悪臭がしなかった場合は、悪臭の原因はフィルターにあります。まずは集塵フィルターだけ取り付けて運転してみましょう。その時点で悪臭が発生する場合は、原因は集塵フィルターだと考えられます。

集塵フィルターは、目に見えない細かなゴミや花粉、菌などの物質を除去します。静電気を利用して、目に見えない物質を除去するので、水洗いできないことがほとんどでしょう。集塵フィルターの掃除や扱い方には、十分な注意が必要です。

脱臭・消臭フィルターを付けて運転

集塵フィルターだけを取り付け悪臭がしなければ、次は脱臭・消臭フィルターだけを取り付け運転してみます。それで悪臭が出るようなら、原因は脱臭・消臭フィルターでしょう。

脱臭・消臭フィルターは、イオン式やプラズマ式などがあり、粒子を吸着し分解します。そのため、多くの脱臭・消臭フィルターも水洗いができないでしょう。フィルターが変形してしまうこともあるので、扱い方には注意が必要になります。

臭い取りのためのフィルターのお掃除方法

フィルターが原因だとわかったら、掃除して悪臭を解消しましょう。臭いも取れますし、清潔な空間で生活することができるので、掃除はこまめにすることがおすすめです。

プレフィルターのお掃除手順

プレフィルターは、空気清浄機の一番外側にあり、大きなゴミやほこりを除去してくれます。汚れが目に見えるので、一番目につく部分です。掃除機のヘッドを外したノズル部分で、大きなゴミやほこりを吸い取りましょう。

空気清浄機の外側にはプレフィルターのほかに、吹き出し口もあります。汚れが気になったら、あわせて拭いておくといいでしょう。プレフィルターの汚れがひどい場合は、台所洗剤を溶かしたお湯でつけ置き洗いをしましょう。

フィルターを天日干しすると変形してしまう可能性があり、機能の劣化を早めてしまうこともあります。フィルターはなるべく日陰で干しましょう。

集塵フィルターのお掃除手順

先ほど述べた通り、集塵フィルターは水洗いできないことが多いようです。フィルターが蛇腹状になっているものは、水洗いが難しいことが多いので、取扱説明書で確認しましょう。

細かいゴミや菌が最終的にたどりつく場所が、集塵フィルターです。掃除の時に細かい菌やゴミが落ちてもいいように新聞紙を敷いて、掃除機で表面の汚れを吸い取りましょう。

掃除機を強く押し付けすぎると、フィルターに穴が空くこともあるため、やさしく扱いましょう。フィルターの汚れが取れたら、本体に取り付けます。半日ほど空気洗浄機を稼働してみると、臭いが気にならなくなります。

脱臭・消臭フィルターのお掃除手順

脱臭・消臭フィルターも水洗いが難しいフィルターなので、集塵フィルターと同様のやり方で掃除をしましょう。脱臭・消臭フィルターの悪臭が気になる場合は、天日干しも効果的です。半日から1日くらい天日干しをすると、臭い除去に効果的です。

ただし、太陽の熱がかかりすぎると、フィルターが変形することも考えられます。天日干しの際は、様子を見ながら行いましょう。

加湿フィルターのお掃除手順

加湿フィルターは水分のそばにあるので、菌の餌が豊富にあります。そのため、菌の温床になりやすいパーツです。お掃除の際は、つけ置き洗いで行いましょう。台所洗剤を溶かしたお湯につけて、押し洗いをすると汚れが浮いてきます。

台所洗剤の他に、クエン酸を少量溶かしたお湯につけておくと、臭いとヌメリも取れるでしょう。クエン酸は、空気清浄機の汚れや臭い取りに効果的です。クエン酸で効果を感じられないときは、重曹もおすすめです。

臭い取りのためのタンク、本体のお掃除方法

水を補充するタイプの空気清浄機では、水を入れるタンク自体が悪臭を発生させることもあります。水洗いできるのできれいにしやすいですが、ヌメリやカビ、菌が発生しやすいのが欠点です。

吹き出し口やセンサー部分が汚れていることもあります。悪臭とは直接、関係ないかもしれませんが、そこが汚れるということは、空気の状態があまり良くないということになります。

そのため、空気清浄機のフィルターも汚れている可能性が考えられます。いずれ悪臭を発生させてしまうかもしれませんので、こまめに掃除をすることをおすすめします。

基本のお掃除方法

本体のパネル部分は拭き掃除が基本です。気になった時に、乾いた布などで拭いて掃除します。目につきやすいプレフィルターのゴミやほこりが気になる時は、普段のお掃除のなかで、掃除機を使って吸い取ってもいいでしょう。

センサー部分が汚れていると、空気清浄機の機能も落ちます。また、吹き出し口でほこりが舞っているとあまりいい気はしませんから、拭き掃除はこまめに行いましょう。

クエン酸、重曹を使う方法も

汚れや臭いが気になったら、空気清浄機の中の掃除も必要になります。水洗いできる部分は台所洗剤が基本ですが、クエン酸や重曹を使うと、より効果的に汚れを落とすことができるのでおすすめです。

水タンクのカルキ汚れにもクエン酸や重曹が使えます。一度では落とせないほど汚れがひどい場合や、臭いが取れない場合は、何度かに分けてクエン酸や重曹でつけ置き洗いをしてみてもいいでしょう。

そもそも臭わないためのお手入れ方法とは

悪臭が出ないならほとんど掃除しない、という人もいるのではないでしょうか。普段からきちんとお手入れをしていれば、悪臭を発生させずに、きれいな空間を維持することができます。

また掃除をしていないフィルターは、吸い込みが悪く消費電力も上がります。空気がなかなかきれいにならないのに、電気だけを無駄使いしていることになります。普段からのお手入れを心がけましょう。

フィルターの掃除をこまめにする

悪臭の主な原因となるのが、不潔なフィルターでしょう。目詰まりをしているフィルターでは、空気清浄の役に立ちません。いつも清潔なら、安心して空気清浄機を使うことができます。

汚れがひどくなったフィルターをつけ置き洗いするとなると、なかなか大掛かりになります。掃除機でこまめにきれいにしておけば、手間もそれほどかからずに、清潔な状態をキープできます。

お手入れ時期のサインを示してくれる空気清浄機もありますが、掃除頻度は半月に一度くらいで問題ありません。前回掃除したのがいつだったのか、思い出せないくらいで掃除をしておくといいかもしれません。

使わないときは水を抜く

空気清浄機を使うのは一時期だけ、という家庭もあるでしょう。使わない時期に空気清浄機を保管しておく際は、水気をしっかり切ってからにしましょう。水タンクに水が入ったままだと、水が腐って悪臭やカビが発生してしまいます。

できれば、片付ける前にフィルターの掃除もしてしまうのが一番です。汚れを落としたらしっかり陰干しして、水気がない状態にしてから片付けるようにしましょう。

それでも臭いが取れない場合

フィルターや水のタンクなど、悪臭の原因となりそうなものは一つひとつ対処したのに、まだ臭いが取れないという場合もあります。そんな時は、空気洗浄機全体に、臭いが染み付いてしまっていることが考えられます。

フィルターを何度かつけ置き洗いまでしているのに、嫌な臭いがしてしまう空気洗浄機は、そのまま使い続けることが難しいかもしれません。

フィルター交換を検討する

何度洗っても干しても、しつこい臭いがとれないフィルターには、ドライヤーで熱処理するのもおすすめです。しかし、熱によってフィルターが変形してしまうリスクも伴いますので、ドライヤーは最後の手段として注意して使ってください。

それでも臭う場合は、フィルターの買い替えを検討しましょう。空気洗浄機本体は高価なものですが、メーカーの差異はあっても、フィルターは平均3000円程度で購入することが可能です。

空気清浄機のフィルター掃除が面倒な人のために、フィルターの買い替えを基本としている空気洗浄機もあります。1年か2年に1度など、フィルターの交換頻度が推奨されていますので、掃除が面倒な人は、買い替えで一新するのも一つの手です。

空気清浄機自体の買い替えも

空気清浄機の寿命は平均して10年です。使用頻度が高い家庭では、3年ほどで寿命になることもあります。掃除をしても臭う、本体の変色や異音が気になる、という場合は買い替えも検討すべきでしょう。

悪臭や異音によっては、火災のリスクも伴います。掃除をしながら丁寧に使っても、寿命であれば仕方ありません。空気清浄機の機能は年々高機能になっているので、思い切って、新しく高機能な空気洗浄機に買い替えましょう。

きれいな空気のために清浄機もお手入れを

昨今では、感染症の蔓延などから、目に見えない菌に対して恐怖が付きまといます。そのため、空気清浄機の需要は高まっているといえるでしょう。しかし、普段からお手入れをしていなければ、清潔な空気をキープし続けることはできません。

空気清浄機を使う際は、日々の掃除に、空気清浄機のフィルター掃除も組み込むようにして、清潔をキープしていくようにしましょう。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手