裁縫が苦手でも大丈夫♪「縫わないレッスンバッグ」の作り方 – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  
  

裁縫が苦手でも大丈夫♪「縫わないレッスンバッグ」の作り方

お悩み解消。愛情たっぷりの縫わないバッグ

入学式に入園式。まっさらなバッグを持って登校する我が子の姿はとても誇らしく嬉しいものですよね。お店にはオシャレでかわいいバッグがたくさん売っていますが、せっかくなら愛情を込めて手作りしたバッグを持たせてあげたいものです。そこで今回は、裁縫が苦手でも簡単に作ることができる、縫わないバッグをご紹介します。

ボンドでペタペタ接着。縫わないバッグの作り方

【準備するもの】 

お好みの布、裁縫用ボンド、アイロン

【布サイズの一例】(サイズはお好みで調整してください)

本体となるキルティング生地:26cm×42cm、2枚

切り替え部分の生地:20cm×42cm、1枚

持ち手となるキルティング生地、または平テープ:2.5cm幅×40cm、2本

ポケットになるキルティング生地:10cm×16cm、1枚

【作り方】

1. ポケットを作る

ポケット用の布を準備し、四方にぐるりと裁縫用ボンドを塗って折り曲げ、アイロンでしっかり接着します。

2. 切り替え部分を作る

今回は切り替えのデザインにするため、下部に貼り付ける布を準備します。上下となる長辺にボンドを塗って折り曲げ、アイロンでしっかり接着します。両サイドは本体と一緒に折り込んでしまうため、ここで接着する必要はありません。

3. 切り替え部分を本体に貼り付ける

本体となる布を準備し、表側に2で作った布を貼り付けます。

4. 本体を作る

本体を裏返し、四方にぐるりとボンドを塗って折り曲げ、アイロンでしっかり接着します。

5. 持ち手を貼り付ける

持ち手を準備し、短辺の中央にボンドで貼り付け、アイロンでしっかり接着します。上下二か所、同じように作りましょう。

6. 本体を仕上げる

開閉部分以外にボンドを塗り、半分に折ってしっかり接着します。

7. ポケットを接着する

表側に1で作ったポケットをしっかりと接着して完成です。

裁縫用ボンドは耐久性もバツグン!

レッスンバッグって結構重いものを入れたりするけど、耐久性は大丈夫なの?と心配になる方もいるかと思います。常識的な使い方をしていれば答えは「大丈夫」です。ポイントは必ず裁縫用の専用ボンドを使うことと、丈夫な生地、キルティングやデニム生地などで作ること。貼り付けてアイロンをかけることで、しっかり接着できますよ。洗濯してもOKなので、汚れても安心ですね。

丈夫で簡単な手作りバッグはお子さまだけでなく、自分のエコバッグやポーチにも活用してみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

New Normal Style with Onnela
【6月特集】梅雨を楽しむ
#日曜まったり上手