冷蔵庫の便利グッズ3選!スッキリ使いやすくなる収納アイデア – Onnela[オンネラ]|おうちのなかを、もっとしあわせに。  

冷蔵庫の便利グッズ3選!冷蔵庫がすっきりして使いやすくなる収納アイデア

冷蔵庫がすっきり使いやすくなる便利グッズ

「賞味期限切れに気が付かず食品をムダにしてしまった」「前に買ったことをすっかり忘れていた」こんな経験はありませんか?食品を冷蔵庫にただ詰め込むだけでは、奥に押し込まれた食品が見えにくくなり、存在を忘れてしまいがちです。開けたときにパッと全体が見渡せるように、冷蔵庫収納用の便利グッズを使ってすっきり整理整頓しましょう。

1.「冷蔵庫トレー」で収納スペースを増やす

「冷蔵庫がパンパンでこれ以上食品が入りそうにない…」そんなときは、吊り下げ式の冷蔵庫トレーが使えます。

引き出しタイプの冷蔵庫トレーが使いやすくておすすめです。クリアタイプなら、中に何が入っているのか一目瞭然なので、食品が行方不明になるのを防ぐことができますよ。

冷蔵庫の棚板にひっかけて、トレーを吊り下げるように設置します。

スリムサイズはガムシロップなどのこまごましたモノを、ワイドサイズはバターやチーズなどを入れるのにピッタリです。

冷蔵庫トレーを使うと、冷蔵庫のデッドスペースを有効に活用して収納を増やせます。食品をそのまま積み重ねて置くだけでは、下に何があるかわかりにくいうえに、取り出すときに上のモノをどかさなければならないので手間がかかりますが、引き出し式のトレーなら少ない動作数でサッと出し入れできるのが便利です。

2.「仕切クリップ」でドアポケットを整理整頓する

冷蔵庫のドアポケットに入れた薬味チューブが、冷蔵庫を開けるたびに倒れてしまう……。そんなストレスを解消するのが仕切りクリップです。

冷蔵庫のドアポケットにクリップを挟んで取り付けるタイプの仕切りで、ドアポケットの中を細かく仕切ったり、モノが倒れるのを止めたりできます。

仕切りを付けると、薬味チューブも倒れることなく立てて収納できます。

薬味チューブ以外に、スライスチーズやハムなどをドアポケットに立てたいときにもおすすめです。食品を種類ごとに仕切って収納すれば、となりのモノと干渉するのを防ぐだけでなく、どこに何があるかわかりやすいというメリットもあります。

3.「すっきり収納スタンド」で立てる収納をする

冷凍庫内の収納には特に頭を悩ませている人が多いのでは?上から重ねて入れてしまうと、底の方に沈んでしまった食品の存在を忘れてしまいがちです。冷凍食品は上から見下ろした時に全体が見渡せるよう、立てて収納しましょう。市販の冷凍食品は、比較的そのままでも自立するものが多いですが、問題はフリーザーバッグに入れた食品ですよね。

自立しない冷凍食品を立てて収納するのに便利なのが、すっきり収納スタンドです。一見ブックエンドのように見えますが、クリップが付いていて食品を挟めるところがポイント!

冷凍庫内に収納スタンドをいくつか並べて入れます。

フリーザーバッグのジッパーの部分をクリップで挟みます。

柔らかい素材の袋でも、底に沈むことなく収納できました。フリーザーバッグが倒れて、冷凍庫内に液だれするのも防ぎます。

便利グッズを活用して冷蔵庫をすっきり整頓!

冷蔵庫に食品をそのまま詰め込むだけでは、奥に入ったモノの存在を忘れてしまいがちです。食品やお金をムダにしないためにも、収納グッズをうまく活用してすっきり整理整頓しましょう。

冷蔵庫を開けたときにどこに何があるかがパッとわかるようになっていると、食品を探す時間を短縮できるので、ドアを開けている時間も短くできます。電気代の節約にも家事の時短にもなるので、いろいろ工夫してみてくださいね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

動画でわかる!おうちで学べるくらし向上計画online
実はそれ、洗えます! アイテム別洗い方特集
おうち時間を充実させよう 手軽にできるガーデニング
衣替えがラクになる!おすすめ収納アイデア
いまこそ覚えたい「お弁当テク」
New Normal Style with Onnela
#日曜まったり上手