雑種地とは?活用方法や気になる税金について解説!


土地について調べていると、「雑種地」という聞き慣れない単語を目にすることがあります。この雑種地とは一体何のことでしょうか。

今回は雑種地の概要やメリット・デメリットについて紹介していきます。気になる税金についてもあわせて紹介します。

雑種地とは

Point 雑種地とは地目全23種類のうち、ほかの22種類に分類されない土地のこと

雑種地(ざっしゅち)とは不動産登記法により分類される、全23種類ある地目の一つです。地目とは土地の用途のことで、宅地や田、畑、山林などの種類があります。

<地目例>

  • 宅地:建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地
  • 田:農耕地で用水を利用して耕作する土地
  • 畑:農耕地で用水を利用しないで耕作する土地
  • 山林:耕作の方法によらないで竹木の生育する土地

引用:土地の地目の判定|国税庁

雑種地は上記地目例を含むほかの22種類の地目に該当しない土地を指します。雑種地の用途としては、駐車場や資材置き場、ゴルフ場などが挙げられます。

宅地との見分け方

雑種地と宅地の見分け方は「土地の上に建物が建っていれば宅地」と大まかに覚えておきましょう。ただし、雑種地であっても遊園地やゴルフ場など建物が建っている場合もあります。判断に迷う場合は専門家に相談しましょう。また、住宅が建っていても雑種地と記載されているケースもあり、その場合は地目を宅地に変更することも可能です。

雑種地にかかる税金の種類

Point 固定資産税と都市計画税がかかる

雑種地を保有している場合、雑種地が市街化区域内か否かでかかる税金が異なります。

  • 雑種地が市街化区域→「固定資産税」と「都市計画税」がかかる
  • 雑種地が市街化区域外→「固定資産税」がかかる

固定資産税は土地の所有者が納付する税金のことです。対し、都市計画税は市街化区域内において土地を所有している人にかかる税金です。そのため、市街化区域以外は課税されません。

そのほか、雑種地を相続される場合は「相続税」や「登録免許税」が、購入もしくは売却する場合には「印紙税」や「(売主側)譲渡所得税」、「(買主側)登録免許税」が発生します。

雑種地に住宅は建てられる?

Point 住宅は建てられるが、各種制限や手続きがある

雑種地に住宅を建てることは可能です。ただし、雑種地が市街化区域・市街化調整区域のどちらかに当てはまるかで、建築の自由度が異なります。

  • 市街化区域:すでに市街地となっている地域や市街地化が今後進められる予定の区域
  • 市街化調整区域:市街地開発を抑制する区域

市街化区域にある雑種地であれば、建築に関する制限は設けられていないケースが一般的です。一方、市街化調整区域にある雑種地では建築も制限され、許可が必要になります。雑種地に住宅を建てる際には、市街化区域・市街化調整区域のどちらかに該当するかを把握しておきましょう。

雑種地での住宅建築は手続きが必要

雑種地に住宅を建てる場合は様々な手続きが必要になります。例えば、住宅を建てられるのかどうかを確認するための地盤調査を行わなければいけません。これは、様々な用途で活用されてきた雑種地の安全性を確かめるためです。また、不動産登記法により、雑種地に住宅を建てた場合は地目を「宅地」に変更することが定められています。

また、上述にあるように雑種地の所在が市街化区域か市街化調整区域か、どちらなのかも確認する必要があります。市街化調整区域内であれば、事前に行政側に許可を取ってから住宅を建てなければいけません。


雑種地の活用法は?

Point 多様な土地活用が可能

把握すべき要素の多さがデメリットに感じる雑種地ですが、駐車場経営やトランクルームなど、多様な用途で活用できる土地でもあります。日当たりが良い雑種地であれば、太陽光発電を検討しても良いでしょう。また、周辺地域で需要がありそうならば、駐車場・トランクルーム経営もおすすめです。

このように雑種地は多様な土地活用ができる点がメリットと言えるでしょう。

まとめ

雑種地は宅地や田、畑などの地目に分類されない土地を指します。住宅を建てる際には手続きが必要ですが、駐車場やトランクルームなど多様な活用ができるというメリットもあります。さまざまな可能性を検討し、自身のライフプランと照らし合わせて活用を検討しましょう。

雑種地に住宅建築をご検討の際は、ぜひ「ウチつく by Onnela」のおすすめ住宅メーカー検索をご利用ください。住まいに関するお客様の条件やこだわりに沿った住宅メーカーをご紹介します。