平屋を建てるなら選ぶべきハウスメーカーランキングと坪単価の早見表



平屋を建てるときの相談先に選ぶハウスメーカーは、平屋が得意かどうか、予算内で自分のこだわりを実現できるかどうか、建築した後のサポートはあるかの3つの視点で選ぶべきです。

 

自身の予算や建てる平屋の規格、坪数といった自分が出せる条件にあったハウスメーカーを選ばないと予算がオーバーしてしまったり、理想の家を建てることがむずかしくなって後悔することになるので、最後まで読んで、自分にピッタリのハウスメーカーを選んでください。
この記事では、具体的なハウスメーカーの例を挙げながら紹介していきます。
(掲載情報はすべて2023年7月時点の内容です)

 

住宅専門アドバイザーにオンライン無料相談してみる

失敗しない平屋に強いハウスメーカーの選び方

建築件数の数と全体に対して平家が占めている割合で選ぶ

平家はすべてのハウスメーカーで建築することはできますが、平屋が得意なハウスメーカーを選ぶことで、過去に建ててきた経験を活かして、平屋のデメリットをなるべく最小限にして、メリットを活かしたり、細かいこだわりでも実現できるように工夫してくれます。

 

平屋が得意なハウスメーカーかどうかは、平屋の建築件数の数と、全体に対して平家が占めている割合(構成割合)を見ることでわかります。

 

複数のハウスメーカーをくらべて検討するときは、インターネットで各社の建築件数の数と全体に対して平家が占めている割合を調べたうえで、評判を確認するべきです。

 

自分のこだわりを実現できる平屋の商品があるハウスメーカーから選ぶ

ハウスメーカーによって得意な平屋建ての設計がちがいます。自分たちの生活スタイルや希望にあった平屋の商品があるハウスメーカーから探すこともできます。

 

「ミサワホーム」は、すでに間取りや仕様(建築材料・内装材・デザイン・設備・施工方法)が決まっている規格型住宅型の『スマートスタイル』や『ジーニアス』、完全自由設計の『センチュリー』といった平屋があります。設備は変更できて、好みにあわせて選べます。
また、ミサワホームの特長である「蔵」を利用した平屋もあり、天井高3m以上の開放感と一緒に、1.1~1.4mの収納場所があります。

 

「一条工務店」は、光が入りにくくて、寒さが際立ってしまう平屋のデメリットを独自の設備(太陽光発電「夢発電」や全館床暖房、高気密・高断熱の設備)によって問題を解消しています。

 

平屋の構成割合が多いとされている「住友林業」の「GRAND LIFE」は、I型、L型、コ型、ロ型から選べて、それぞれちがいが明確に説明されているので、わかりやすいです。また、大開口というほかのハウスメーカーでは真似できない独自のデザインが付加価値になります。

 

おなじ平屋でも、ハウスメーカーによって外観デザインや、構造・工法(鉄骨・木造・RC構造)がそれぞれちがうので、こだわりにあわせてハウスメーカーを選びましょう。

 

間取り設計の自由度からハウスメーカーを選ぶ

間取りや仕様(建築材料・内装材・デザイン・設備・施工方法)が決まっている規格型住宅型のみを取りあつかうハウスメーカーで、希望する間取りを実現しづらいと、住み始めてから家事動線が悪い、個人の時間を過ごせる場所や時間がないなど不満からストレスを抱えてしまう可能性があります。

 

例えば、「廊下とキッチンが繋がっている仕様にしたい」「老後も見据えて段差がないバリアフリーな部屋にしたい」「子供が何をしているかわかるように開けた部屋にしたい」という要望について、丁寧に設計に落とし込んでくれるハウスメーカーを選びましょう。

 

アフターサポート力からハウスメーカーを選ぶ

10年間の瑕疵保証責任保険(法律や当事者の予期するような状態や性質が欠けているときの補修をおこなった事業者に保険金が支払われる制度)の範囲であればどこのハウスメーカーであってもアフターメンテナンスをおこなってもらえます。

 

10年間経ってからのアフターサポートはハウスメーカーによってちがいます。無料修理期間の延長や定期点検、シロアリの点検のように、引き渡し後も定期的な点検や家の確認をおこなってくれます。細かな点検をすることで、住宅の品質や安全性が維持されるため、長期間快適に暮らすことができます。

 

住宅専門アドバイザーにオンライン無料相談してみる

平屋を新築で建てるときにおすすめの大手のハウスメーカー

積水ハウス

下請け業者の技術力に住宅の質が左右されない

積水ハウス自身が厳格な検査基準を設け、常に高品質な住宅を提供すべく努力しているため、自ら品質管理を徹底して、独自の研修制度や育成プログラムを実施して、技能者のスキルアップを図っています。

 

自由設計で間取りの自由の幅が広い

積水ハウスの自由設計では、間取りに関して多彩な選択肢が用意されており、家族それぞれの希望を叶えられる住まいを提案してくれます。例えば、大きな窓を取り入れた開放感あふれるリビングや、家族が一つ屋根の下でくつろげる広々としたダイニングキッチンなど、様々な要望に応える間取りができます。

 

また、土地にあわせた柔軟な設計が魅力で、都市部の狭小地や変形土地でも無駄なく活かすことができます。さらに、将来の家族構成やライフスタイルの変化を見据えた間取りの提案も行い、長く快適に暮らせる家づくりをサポートしてくれます。これらの自由設計を活用し、自分たちだけの理想の住宅を手に入れることができるでしょう。

 

防犯性の高い提案をしてくれる

積水ハウスは防犯性の高い提案をしてくれることが魅力です。例えば、高さや形状に工夫された塀や周囲から見えるような家の配置を提案し、防犯と外からの視線遮断のバランスを考慮してくれます。

 

また、窓の配置や格子付き窓を採用することで、防犯対策をしながら風通しも良くする工夫がされています。特に平屋は一階建てのため、部屋が地面に近く、通行人からの視線が気になることもありますが、積水ハウスではそういった問題に対してきめ細かく対策を提案してくれます。

 

さらに、家の建築物に取り付けられる防犯カメラや照明、センサーなどの設備も提案してくれるため、安心して生活できる環境を整えることができます。これらの防犯対策を考慮した家づくりによって、平屋でも快適で安全な生活を送ることができます。

 

セキスイハイム

エネルギー効率の良い家を建てられる

エネルギー効率の良い家を建てたい場合、セキスイハイムがおすすめのハウスメーカーです。彼らは太陽光発電システムや高性能な断熱材を利用して、家の省エネ性能を向上させています。高気密で高断熱な家づくりにより、冷暖房の効率が良くなり、光熱費を節約できるでしょう。

 

また、セキスイハイムが提供する住宅製品「ドマーニ」は、四季を通じて快適な室温を保ち、温度差を抑えることで家族の健康面をサポートしています。「ドマーニ」は太陽光発電パネルにも対応しており、環境に配慮しながら省エネ性の高い暮らしを実現できます。

 

健康と環境に配慮した家を建てられる

セキスイハイムは、環境に優しい家づくりを目指しており、高い断熱性能や省エネ性能を持つ住まいを提供しています。また、自然素材を用いたり、住宅の空気や水など生活環境にも配慮した設計を行っており、健康面でも安心できる住まいを目指しています。

 

セキスイハイムが提案する健康と環境に配慮した家では、家族の暮らしを快適で安心なものにするための工夫が随所に見られます。例えば、室内の空気を清潔に保つための換気システムや、自然光を最大限に活用するための窓配置など、生活環境に優しい設計がされています。また、省エネにも力を入れており、太陽光発電システムやエネルギーを効率的に利用する設備なども取り入れています。

 

トヨタホーム

アフターまで高品質なサービスを実施

トヨタホームは、家を建てる過程はもちろん、引き渡し後も高品質なサービスが実施されています。
例えば、工場で製造された資材を用いることにより、安定した耐震性能と耐久性能が保証されています。さらに、将来的なリフォームや住み替えも考慮し、お客様が人生を通して安心できる住環境を提供しています。

 

また、引き渡し後のサポートにも力を入れており、手厚い保証と細かなメンテナンスが実現されています。初めて家を建てる方でも期待できる満足度の高いマイホームが手に入り、お客様が安心して快適に暮らすことができます。

 

鉄骨造の建築が得意

トヨタホームは、鉄骨造の建築が得意なハウスメーカーとして知られています。鉄骨造を採用することで、柱や壁の制約が少なくなり、大空間や開放感を実現できる住まいが提供されています。

 

鉄骨造住宅に加えて、木造住宅も提供しており、どちらの構造を選ぶにしても、平屋ならではの解放感あふれる空間を実現できます。

 

トヨタホームの鉄骨造住宅は、高い耐震性能や耐久性が特徴で、家の心地よさや安全性を重視しています。また、柔軟な間取りの提案力も魅力であり、豊富な経験と発想力を持つスタッフが、お客様の希望を実現するための間取りを提案します。

 

一方、木造住宅は、木の温もりを生かした自然に寄り添った暮らしを提案しています。鉄骨造に匹敵するような耐震・耐久性を持ち、大地震にも対応できる建物が提供されています。

 

ヘーベルハウス

地震に強い家を建てられる

ヘーベルハウスは、外壁材が耐震性に優れています。理由は、耐震等級3をクリアする軽量気泡ALCコンクリート・ヘーベルを採用しているからです。重量は、コンクリートの1/4程度です。 外壁材に加えて、「ハイパワード制震ALC構造」や「ハイパワードクロス」といった工夫がされていることから制震面に充実していることがわかります。

 

ネオマフォームで温度環境に強い

ネオマフォームという断熱材を採用していることで、温度環境に強い家を実現しています。この断熱材は、高い断熱性能を持ちながらも、軽いので、家の耐震性や熱効率にも貢献しています。四季を通じて快適な室温を保ち、家のどの部屋でも温度差が少なく、ヒートショックを防ぐ効果も期待できます。

 

また、ヘーベルハウスの家には、太陽光発電パネルに対応した設計が取り入れられており、環境に配慮しながら省エネルギーを実現できるので、エコ志向の方にもおすすめです。これらの特徴を活かした平屋住宅で、家族が過ごす空間がより快適で持続可能なものになります。ヘーベルハウスの平屋住宅を検討するなら温度環境に強く、理想的な家づくりを目指しましょう。

 

顧客サポート力が手厚い

ヘーベルハウスは、遠く離れた場所で家を建てる際でも、地元での打ち合わせや建築現場への立ち会いなど、顧客の不安を取り除くためにスタッフが密に連絡を取り合い、適切な対応を行ってくれます。

 

さらに、細かな要望にも耳を傾け、バリアフリーや車椅子対応の設計など、ライフスタイルに合わせた提案を行ってくれます。

 

営業担当や設計担当、インテリア担当など、それぞれの専門スタッフが連携して働き、顧客のイメージに合った理想の家づくりをサポートしてくれます。ヘーベルハウスは、顧客とのコミュニケーションを重視し、家づくりに関する細かな要望や悩みにも真摯に対応することで、信頼されるハウスメーカーとなっています。

 

三井ホーム

耐震性に優れた建築

激しい地震の力を分散・吸収するモノコック構造は、 1階から2階に揺れが伝わりにくく、家具に伝わる力を抑制するので、家具の転倒が少なくなり2次被害が回避できます。

 

30年無料のアフターサービス

三井ホームは、30年間無料で利用できるアフターサービスを提供しています。(2023年7月現在)
住宅のメンテナンスや修繕面での相談に対応してくれ、住みながら気づいた改善点や故障箇所などにも迅速にしてくれます。

 

ダイワハウス

高天井の広い空間を建てられる

通常の天井の高さは2.4〜2.5メートルとされていますが、ダイワハウスの平屋では2m72cmの天井高で明るく開放感に満ちた空間を建てられます。そのため、広い空間を平屋で実現したいならダイワハウスがおすすめです。モデルホームを見れば高い天井や大きな窓が生み出す居心地の良さを実感できるでしょう。

 

外観デザイン実績が豊富

外観デザイン実績が豊富なダイワハウスは、平屋住宅を建てる際におすすめの大手ハウスメーカーの一つです。その豊富な経験から、お客様それぞれの要望やライフスタイルに合わせたデザインを提案することができます。

 

また、一級建築士やチーフアーキテクトが全国各地の支店に配置されており、それぞれの地域の敷地や気候条件にも対応した住まいプランを提案できるのが大きな魅力です。積み重ねた多くの建築実績をもとに、お客様に最適な住まいづくりのアドバイスも行っています。

 

さらに、省エネ性能や防犯システムを備えた高品質な設備が特徴で、これらを完全フル装備で提供することができます。外観や間取りも自由にデザインできるため、家族みんなの夢を叶える世界で一つだけの住宅が実現します。

 

アフターサービスが充実

ダイワハウスでも手厚いアフターサービスを提供しています。通常のハウスメーカーでは5年間とされる保証期間を、日本で初めて10年間に延長したのがダイワハウスとされています。また、構造体に関しては35年間の保証がついており、住宅業界でトップクラスの安心を提供しています。
耐震技術にも力を入れており、実験を積極的に行って耐震性能の向上に努めています。建築基準法で定められた仕様規定よりも、性能を細かく確認できる性能規定を採用し、安全性が向上しています。これらの充実したアフターサービスにより、ダイワハウスの平屋は住み心地や安全性の面でおすすめです。

 

平屋を新築で建てるときにおすすめの中堅のハウスメーカー

日本ハウスホールディングス

檜を使った建築ができる

日本ハウスホールディングスでは、檜を使った建築が可能で、家族の暮らしに合った理想の平屋を実現できます。そんな日本ハウスホールディングスの特徴は、耐久性や環境に優しい自然素材である檜を建築に取り入れています。この檜の使用により、高断熱・高気密住宅が実現し、家族の生活をより快適にすることができます。

 

また、日本ハウスホールディングスは多様な暮らし方に対応できる家を提案しており、平屋だけでなく、店舗併用住宅や、三階建てといった事例も豊富に取り揃えています。そのため、どのようなライフスタイルや家族構成にも適した住まいが見つかりやすいのが魅力です。

 

さらに、日本ハウスホールディングスは満足度が高く、これまでの多くのオーナーから支持を受けており、信頼性の高いハウスメーカーとして知られています。このように、日本ハウスホールディングスは、檜を使った建築や独自のプランで家族の暮らしをより豊かにする平屋づくりを目指しています。

 

自由設計ができる

平屋の家づくりでは、自由に設計できるハウスメーカーを選ぶことがおすすめです。自由設計が可能なハウスメーカーでは、お客様の希望やライフスタイルに合わせた家を作ることができます。例えば、外観や間取りを自由にデザインしたり、家族全員の希望を叶えるオリジナルな住宅を作成することができます。

 

また、豪華なカタログやモデルハウスを作らず、コストを抑えて予算オーバーを防ぐこともできるでしょう。さらに、省エネ性能や防犯システム、高品質な設備など、生活に必要なものをすべて備えた自由設計の注文住宅が作れます。

 

しかし、自由設計ができるハウスメーカーも、その自由度はさまざまです。ですので、家づくりを始める前に、ハウスメーカーのプランの自由度をしっかりと確認しておくことが大切です。未来のライフスタイルも考慮して、細かい部分を調整できるハウスメーカーを選ぶことで、長く快適に暮らせる家を手に入れられるでしょう。

 

定期点検サービスがある

日本ハウスホールディングスでは定期的な点検サービスを提供しており、家の品質を長期にわたって保つことができ、万が一のトラブルが発生した場合も迅速に対応することが可能です。
家を建てた後も安心して暮らすことができるため、お客様にとっては大変ありがたいサービスです。また、メンテナンス費用や将来のリフォームの心配も軽減されます。

 

一条工務店

省エネ性能の高い家を建てられる

省エネ性能の高い家を建てることができるハウスメーカーとして、注目されるのが一条工務店です。省エネ住宅を提供することに力を入れており、気密性や断熱性を重視しています。これにより、冷暖房の効率が高まり、光熱費の節約につながっています。
また、表面だけでなく、提案される素材や設備にもこだわりを見せています。たとえば、高品質な設備や生活必需品を取り入れることで、快適な暮らしをサポートしてくれます。

 

さらに、家族全員の希望に応えるような家づくりを目指しており、外観や間取りを自由にデザインできることが特徴です。お客様の理想を叶えながら、省エネ性能を高める家を提供し、長く住み続けることのできる家づくりに励んでいます。

 

これらの取り組みにより、一条工務店は省エネ性能の高い家を建てることができるハウスメーカーとして、多くの人に選ばれています。もし、環境にやさしく低コストで長く住める家を望むなら、一条工務店に相談してみると良いでしょう。

 

クレバリーホーム

値段以上の高品質住宅を建てられる

平屋を新築する際におすすめの中堅ハウスメーカー、クレバリーホームでは、価格以上の高品質な住宅が建てられます。長年の経験と実績を活かし、耐久性や劣化に強い家づくりに力を入れています。また、省エネや防犯システムなどの設備も充実させており、安心して暮らせる住まいが手に入ります。

 

住宅の品質を確保するため、独自の厳しい検査基準が設けられており、家の引き渡しまでに複数回の検査が行われ、その結果は一元管理されています。これにより、お客様に高品質な住宅を提供することができるのです。

 

また、お客様と一緒に理想の住まいを考え、コストパフォーマンスを考慮したプラン提案が可能です。各家庭のニーズや予算に合わせて、自由設計に対応することができますので、世界に一つだけの住まいを実現できます。

 

ミサワホーム

蔵&小屋KURAで収納スペースの多い住宅を建てられる

平屋の家を建てる際に、収納スペースが十分にあることは重要です。蔵や小屋KURAといった部屋を設けることで、家族や趣味に合った生活空間を作り出すことができます。例えば、屋根裏や床下に収納を設けることにより、開放感のある居住空間を維持しながら、収納スペースも確保できます。また、物があふれて散らかることがないため、家の中がいつも美しく整然と保てるでしょう。

 

特に、平屋には壁や仕切りが最小限になることが多く、それが居住空間の広がりと開放感を生み出す大きなメリットの一つです。しかし、その反面、壁や仕切りに設けられる収納スペースも少なくなってしまうことがデメリットとなります。この問題を解消するために、蔵や小屋KURAを用いた収納スペースを取り入れることで、暮らしやすい平屋を実現できるのです。

 

優れたハウスメーカーなら、こういったデメリットも感じづらいプランを提案してくれるでしょう。家族が増えても収納が足りなくならない工夫や、将来のライフスタイルにも対応できる平屋を建てるために、ハウスメーカー選びは慎重に行いましょう。これを考慮した収納スペースの多い住宅を選ぶことで、快適でスムーズな平屋での暮らしが実現できるでしょう。

 

東急ホームズ

輸入住宅を建てることができる

平屋を建てる際に、輸入住宅を選ぶことができるハウスメーカーも存在します。東急ホームズは、その中で人気のある会社のひとつで、デザイン性や機能面で優れた輸入住宅を提供しています。輸入住宅の特徴として、外国の建築スタイルやデザインを取り入れた家を建てることができ、独自の魅力が詰まっています。

 

また、東急ホームズでは、輸入住宅の中でも、省エネ性や環境に配慮した住まいを提案しています。たとえば、グリーン住宅ポイント制度やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金などの制度を活用して、環境にやさしい家づくりができます。

 

さらに、東急ホームズが手がける輸入住宅は、デザインだけでなく、品質もしっかり保証されており、信頼できる建物を選ぶことができます。もちろん、予算や家族のライフスタイルに合わせたプランの提案も行ってくれるため、理想の家を実現しやすくなっています。

 

輸入住宅を希望する方には、東急ホームズが提供するサービスをぜひ検討してみてください。国内外のスタイルが融合し、ライフスタイルに合った住まいを手に入れられるでしょう。

 

ヤマダホームズ

IoT技術に長けた建築ができる

平屋を新築する際に、最新のIoT技術を取り入れた建物を提供できるハウスメーカーとして、ヤマダホームズがおすすめです。ヤマダホームズでは、家の中にあるさまざまな機器や設備がインターネットを通じてつながり、遠隔操作や自動制御が可能になるIoT技術を活用した住まいを提案します。

 

例えば、照明やエアコンなどの家電をスマートフォンやタブレットから操作できるようにしたり、センサーを設置して室内の温度や湿度を自動で調整する機能があることで、快適な生活を送ることができます。また、防犯対策として、カメラやセンサーを設置し、異常があるとスマートフォンへ通知される機能もあるので、安心して暮らすことができます。

 

ヤマダホームズのIoT技術を活用した家づくりによって、便利で快適な平屋の暮らしを実現できます。エネルギー管理やセキュリティ面でも優れ、家族のライフスタイルに合わせてカスタマイズができるのも魅力の一つです。

 

機能性が高くコスパの良い建築ができる

ワンフロアにすべての機能がおさまるように、平屋だからこそできる使い勝手を最大限に取り込んだプランで、巴型に配置されている壁が空間を仕切ることで、 個々の部屋として機能性が高くコスパが良い建築ができます。

 

新築平屋におすすめのローコストのハウスメーカー

アイフルホーム

ローコストで予算がなくても建てられる

小さい家であっても大人数が集まれるプランと、家事をしつつダイニングやリビングで過ごす家族を見渡せる対面キッチン、収納が充実したプラン、家族がゆったり過ごせるゆったりコンパクトプランがあります。i-Prime7は、お手頃価格なので予算がなくても建てられます。

 

子育てしやすい家づくりが得意

アイフルホームは、子育てにやさしい住まいを作成することに特化したハウスメーカーです。子どもが安全で快適に過ごせるよう、インテリアの美しさだけでなく、安全な素材選びやバリアフリー設備も考慮して家づくりを行います。例えば、転んでもけがをしにくい床材や、お風呂やトイレなどで使われる滑りにくい素材を提案します。

 

また、車椅子でも移動しやすい回遊動線を考慮した間取りや、車椅子対応のトイレが2方向から出入りできるような工夫も取り入れています。さらに、子供たちが成長しても家族が自然と顔を合わせることができるリビング中心の間取りが特徴です。

 

タマホーム

低価格で大きい住宅を建てられる

低価格で大きい住宅を建てたい方におすすめのハウスメーカーはタマホームです。タマホームは、小さい平屋の住まいも手がけています。このような住まいでは、建物の広さに対して安い価格で提供されています。

 

しかし、低価格の住宅にはデメリットも存在します。例えば、安価な材料を使用しているため、家の性能が十分でない場合があります。また、広い敷地を必要とするため、土地の価格が高くなりがちです。

 

それでも、価格を抑えながら広い住まいを実現できるのがタマホームの魅力です。例えば、900万円台から提供されている「シフクのいえ」は規格型住宅の代表的な商品プランで、こちらでも平屋の住まいが手に入ります。

 

タマホームでは、自由設計に対応し、外観や間取りを自由にデザインできるため、家族全員の希望を叶えることができます。また、豪華なカタログやモデルハウスは作らず、コストを抑えて予算オーバーを防いでいます。

 

ユニバーサルホーム

省エネ設計を提案してくれる

省エネ設計を提案してくれるユニバーサルホームは、家づくりの中でも特に床にこだわりがあります。たとえば、地震や浸水、シロアリに強い床材を使用し、1階全面に床暖房を設置できるようにすることで、冬場でも暖かく快適な暮らしを実現します。また、省エネ性能の高い 断熱材を使用しているため、エネルギーコストを抑えることができます。

 

さらに、ユニバーサルホームでは、お客様の声や時代のニーズを取り入れた住宅商品の企画化により、経費のコストカットを実現。適正な価格で家づくりができるように努めています。また、加盟店では、指導や品質管理を徹底し、直接施工・管理を採用しており、「工事の丸投げ」を防ぐことにも力を入れています。

 

ユニバーサルホームが提案する平屋商品には、檜が使われている住宅や、太陽光発電システムがついている住宅、和デザインに統一された住宅などがありますが、中でも「館」と「極」という商品が特に省エネ設計に力を入れているといわれています。

 

富士住建

安心の長期保証制度

安心できる長期保証制度が魅力の富士住建は、何十年と住み続ける家を目指して、耐震性能と耐久性能にこだわった設計となっています。富士住建では、60年間の長期保証を提供し、家族が安心して暮らせる住宅を提案しています。また、独自の工法によって、耐力面材を追加し、家全体でしっかりとした耐久性を実現しています。更に、必ず行われる地盤調査を通じて、最適な補強工事を実施し、高い耐震性能を確保しています。

 

アフターサービスが充実

富士住建は、お客様に安心して住まいを提供するために、充実したアフターサービスを提供しています。まず、家に必要な機能や設備が最初から備わっており、価格も抑えられていることが魅力です。また、保証期間が長く、安心して住み続けられることも大きなポイントです。

 

さらに、富士住建はフランチャイズ展開を行っているため、地域に密着したサービスが受けられるという利点もあります。遠隔地にも対応可能なスタッフが常駐しています。

 

また、富士住建では、事前にお客様からの声や時代のニーズに基づいて、住宅商品の企画化を行っています。これにより、経費のコストカットが可能で、適正価格での家づくりを実現している点も見逃せません。

 

世帯別の平屋を建てるべきか判断する基準

子育て世代(20歳~49歳)

子育て世代にとっての平屋の魅力は、家族のコミュニケーションが取りやすい点です。リビングを中心に配置すればより顔を合わせる機会が増え、子供たちとの距離を近く保つことができます。また、子供が自立し夫婦二人暮らしになったときや、高齢の両親との同居を考慮したバリアフリー対策も平屋ならではの利点です。さらに、家の中に階段がないため、小さい子どもがいても安全面で安心できます。

 

しかし、平屋では壁や仕切りが少なくなるため、収納スペースが減ることがデメリットとされます。余裕をもって計画し、たとえば屋根裏や床下などに収納を設ける工夫が求められます。

 

将来のライフスタイルを見据えて部屋数を決めることも大切です。例えば、子育てが終わった後や老後のバリアフリー対策を考慮することで、長く快適に過ごせる平屋になるでしょう。

 

高齢の夫婦

高齢の夫婦が新しい住まいを建てる際、平屋の家がおすすめです。その理由は、平屋の家はバリアフリー設計がしやすく、車椅子での生活が快適になるという点です。

 

例えば、あるご夫妻では、立ち退きを余儀なくされたご実家に、高齢のお父さまが車椅子で暮らせるように平屋の住まいを建てることにしました。この家は、随所に配慮がされたバリアフリー住宅となっており、お父さまが安心して暮らすことができました。

 

また、現在遠くに住んでいる息子さんたちも定年後に帰郷し、この家を継いで住む計画が立てられています。「家の設計が私たちの暮らしにぴったり合っていて、大変満足しています」とお喜びの様子でした。

 

平屋の家の魅力は、そのバリアフリー設計だけではありません。キッチンやトイレ、洗面所などの水回りがすべて同じ階に配置されるため、家事をする際に動線が効率的になり、疲れにくくなります。その上、車椅子を使った移動も容易で、高齢者にとっては安全性も高まります。

 

このような平屋は、高齢の夫婦や介護が必要な家族だけでなく、幅広い年代の人々にもおすすめです。 バリアフリー住宅を検討する際は、将来のライフスタイルも考慮し、家族全員の意見を取り入れた計画を立ててみましょう。

 

要介護者がいる家族

要介護者がいる家族のために平屋を建てる際には、特にバリアフリーを考慮した間取りや設備が重要となります。例えば、車椅子で利用しやすい広い廊下や、段差の無い住まいで、リビングや寝室などの移動がスムーズに行えるように配慮しましょう。

 

また、水回りでは手すりの設置や滑りにくい素材を選ぶことが大切です。さらに、玄関にスロープを設置することで、車椅子での出入りが容易になります。

 

遠隔地での家づくりも今ではスムーズに行うことができます。ビジネスチャットなどを活用し、家族とハウスメーカーのスタッフや現地スタッフと緊密に連携を取り合いながら、要望を共有し、適切な提案がもらえるようにしましょう。

 

知っておきたい平屋のデメリット

プライベートスペースを確保しにくい

平屋のデメリットの一つに、プライベートスペースを確保するのが難しい点が挙げられます。例えば、家の周りに人通りが多い場所に住んでいる場合、窓が地面に近いために、通行人から部屋の中が見えやすくなってしまいます。このため、プライバシーを保つために窓の数を減らしたり、小さくしたりする工夫が必要となります。

 

また、平屋では、壁や仕切りが少なく、開放感のある間取りが多いのですが、これが逆にプライベートスペースを守りにくいというデメリットになることがあります。例えば、リビングの音が勉強している子供部屋まで響いてしまったり、家族間で互いのプライベートが確保しにくくなることもあるでしょう。

 

平屋で快適に暮らすためには、周囲の環境を考慮して家の設計を行うことが重要です。また、家族がそれぞれのプライバシーを保ちつつ、共有スペースでのコミュニケーションも楽しめるような間取りを検討することが求められます。そういった工夫をすることで、平屋でもプライベートスペースを確保しやすくなり、家族みんなが快適に暮らせるでしょう。

 

日当たりや風通しが悪くなる可能性がある

平屋の家では、部屋の数が多いほど日当たりや風通しに差が生じることがあります。例えば、9つの部屋が並んだ家の真ん中にある部屋は、外からの光が入りにくく、暗くなりがちです。また、隣の家が近くに建っている場合、窓があっても隣の壁がすぐ目の前にあり、光が入りにくくなることもあります。

 

この「日当たり」は、「風通し」にも関係しています。家の広さが十分に確保できる場合、真ん中の部屋を庭にして光と風を取り入れやすくすると良いでしょう。また、防犯対策をしながら風通しを良くするためには、効果的な窓の配置や格子付き窓の採用などの工夫が必要です。

 

屋根に天窓を取り付けることも、採光や風通しを良くする方法の一つです。雨センサー付きの自動開閉タイプの天窓なら、雨が降ると自動で閉じてくれるので便利です。さらに、中庭を作る間取りも光や風通しを良くする効果があります。

 

坪単価が二階家よりも高くなる

平屋の家を建てる際のデメリットの一つとして、坪単価が二階建てよりも高くなりがちであることが挙げられます。

 

平屋では基礎や屋根の面積が広くなるため、建築費用が増加してしまうことが大きな要因です。また、平屋は建物が土地に接する部分が多く、基礎工事の面積も広くなってしまいます。

 

さらに、屋根の面積も二階建てに比べて広くなるため、屋根工事にかかる費用も高くなります。これらの要素が組み合わさって、坪単価が割高になることが多いのです。ただし、平屋の総費用が二階建てよりも高くなるとは限らず、家の広さや間取りによっては価格を抑えることが可能です。

 

つまり、同じ面積の家を建てる場合、平屋は二階建てよりも高くなりますが、一般的に平屋の方が広さは小さめの傾向があるため、総費用で比較すると抑えられるケースも多いのです。大切なことは、予算とニーズに合った家を選ぶことで、理想的な住まいが実現できるでしょう。

 

防犯対策に工夫と費用が必要になる

平屋の家には防犯面での弱点があるため、工夫や費用が必要になります。まず、家の周りに適度な塀を設置することで、外部からの侵入者を遠ざける効果があります。

 

しかし、塀を高くしすぎると、周囲から家が見えなくなり、逆に防犯にならないケースもあるため、バランスを考えることが大切です。

 

また、平屋の家は周囲の建物から室内が見えやすいため、窓の位置や間取りにも注意が必要です。窓には格子を取り付けたり、効果的なカーテンやブラインドを使用することで、外からの視線を遮断することができます。

 

風通しを良くしながら防犯対策をする方法として、換気効果のある窓の配置や、屋根に天窓を設置することも効果的です。特に、雨センサー付きの自動開閉天窓は、雨を感知して自動で閉じる機能があるため、便利です。

 

中庭のある間取りも光の取り込みや風通しに効果的であり、ハウスメーカーから提案をもらいながらコスト面も考慮して検討してみてください。防犯対策に適切な費用と工夫をかけることで、安全で快適な平屋の住まいが実現できるでしょう。

 

広い土地が必要になる

平屋のデメリットとして「広い土地が必要になる」という点があります。どうして広い土地が必要になるかというと、2階建ての家と同じ大きさの家を建てたい場合、平屋だと敷地面積が2倍必要になるからです。例えば、80坪の家を建てたい時、2階建てなら1階と2階で合計80坪ですが、平屋では敷地面積そのものが80坪以上必要になります。

 

また、土地価格が高いエリアで平屋を建てる場合、敷地面積が広くなる分、費用もかさみます。さらに、土地は建築基準によって建ぺい率が決まっていて、例えば建ぺい率が50%の場合は、土地面積の半分までしか家を建てられません。広い家を建てたいなら、建ぺい率の高いエリアで土地を探すことが必要です。

 

安心できる平屋の強みとメリット

平屋は倒壊リスクが低く地震に強い

平屋の最大の特徴は、地震に強いという点です。建物が高さがあるほど地震の揺れが大きくなりますが、平屋は1階建てのため揺れの影響が少なく、倒壊のリスクも低いとされています。また、上からの荷重が少ないことから、平屋の構造は安定しており、耐震性能が高いと言えます。

 

さらに、風の影響にも強く、台風被害が多い沖縄地方でよく見られる寄棟作りの平屋が風に強いことを示しています。

 

鉄骨造や木造の平屋でも地震に対する安心感が提供されています。鉄骨造住宅では独自開発の制震構造が、地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して住宅の変形を低減させる効果があります。一方、木造住宅では、接合部にこだわり、国から認められた強度を持っています。

 

建物の維持管理が安くすむ

平屋の住宅は、二階建てと比べて建物の維持管理が安く済むという利点があります。例えば、外壁や屋根の修繕を行う際、平屋ならば面積が小さく、高所作業を必要としないため、足場設置費用がさほどかからず、メンテナンス費用全体を抑えることができます。さらに、平屋には二階建てのように二階に水回り設備があることによる水漏れの心配が無いので、天井の修繕にかかるコストも削減できます。

 

また、家事がしやすい点も助かります。掃除や洗濯などの家事は、すべて階段がない1階で行えるため、効率良く家事が完了できます。これにより長時間家事に費やすことなく、綺麗な状態を保ち続けることが可能です。

 

バリアフリーで老後も安心

平屋の家は、高齢者や介護が必要な方だけでなく、すべての世代に快適な生活空間を提供できるバリアフリー設計が魅力です。段差がなく、室内の移動がスムーズにできるため、足腰が弱った方や車椅子を利用される方でも安心して暮らすことができます。また、水回りやトイレ、お風呂などの設備も使いやすく、手すりなども設置されているため、安全性も高まります。

 

バリアフリー住宅を建てる際には、家族の将来を見据えた計画が大切です。そのため、ハウスメーカー選びは慎重に行いましょう。バリアフリー住宅を得意とし、将来のメンテナンスやリフォームにも対応してくれるハウスメーカーを選んでください。

 

また、平屋はワンフロアのため、家事の移動も楽になります。階段の昇り降りがないことで、家事がはかどり、家族全員が快適に暮らせます。バリアフリー住宅では、室内での車椅子の移動もスムーズにできるため、高齢者にとっては大変安心できる設計となっています。

 

間取りに利用できない空間(デッドスペース)をつくらない

平屋の家づくりでは、部屋の配置や壁の数をうまく工夫することで、デッドスペース(利用できない空間)を作らずにすみます。例えば、廊下を短くしたり、壁で仕切られた部屋を少なくすることで、広々とした快適な生活空間を実現できます。また、収納スペースが限られている場合には、屋根裏や床下に収納を設けるアイデアも役立ちます。

 

間取りや外観が二階家より自由度が高い

平屋は、間取りや外観の自由度が二階建ての家より高いという魅力があります。例えば、平屋の間取りは、部屋の移動が楽であり、家事をするときにも効率的な動線が作れます。トイレやキッチンなどの水回りが近く、リビングを中心に家族の顔を合わせる機会が増えるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

 

また、平屋の外観では、一般的な二階建てにはないデザインやスタイルが可能です。例えば、屋根や外壁のカラーや形状を自由に組み合わせたり、広々とした庭やテラスを設けることができます。さらに、バリアフリー設計が取り入れやすいため、高齢者や車椅子利用者にも優しい住まいとなります。

 

家族とのコミュニケーションが増える

平屋に住むと、家族とのコミュニケーションが増えるというメリットがあります。平屋では、余分な廊下がなく効率的に床面積を作るため、リビングを中心に家族が顔を合わせることが多くなります。このため、お互いに話しかける機会が多くなり、家族間のスムーズなコミュニケーションが期待できるのです。

 

特に、お子さんが成長して自分の部屋を持ち始める頃、階段がない平屋では親子のすれ違いを防ぐ効果があります。また、小さなお子さんがいる場合、親の見守りがしやすくなるので安心です。そのため、家族がお互いの気配を感じやすく、関係性を深められると言われています。

 

平屋の家作りでは、リビングを中心にしつつ、家族のプライバシーや家事のしやすさも考慮した間取りが重要です。これにより、快適な暮らし、そして家族とのコミュニケーションが増える住まいを実現することができます。

 

平屋ハウスメーカー選びに役立つ坪単価早見表

ここまで平屋の住宅を建てる上でのおすすめやハウスメーカーを紹介してきました。最後に以下に一部のハウスメーカーを抜粋して坪単価の目安を記載します。あくまで目安の金額のため、ハウスメーカー選びの参考要素としてチェックしてみてください。

 

大手のハウスメーカー坪単価早見表

・三井ホーム、スウェーデンハウス
80万円~

 

・ヘーベルハウス
75万円~

 

・ミサワホーム
50~75万円

 

・アイフルホーム
58~65万円

 

・住友林業、積水ハウス、セキスイハイム、トヨタホーム、ダイワハウス、パナソニックホームズ
65万円~

 

・住友不動産
55万円~

 

・セルコホーム、東急ホームズ、フジ住宅
50~60万円

 

・日本ハウスHD
60万円~

 

・アキュラホーム
30~50万円

 

・富士住建、レオハウス
30~40万円

 

・タマホーム、ユニバーサルホーム
30万円~

 

・アイダ設計
20~40万円

 

住宅専門アドバイザーにオンライン無料相談してみる

注文住宅の土地選び・資金計画に
お悩みはありませんか?

「ウチつく」オンライン無料相談なら
プロが徹底サポート!

  • 家づくりの準備がワンストップで整う

    段取り解説から、1級FPへの個別相談、プロ専用の土地情報検索ツールによるエリア検討まで。

  • 住宅メーカーを熟知した住宅のプロに聞ける

    専門アドバイザーが中立な立場から、あなたに合った住宅メーカーをご紹介。営業担当者のオーダーも受け付けます。

  • 最短1時間・オンラインで気軽に相談できる

    スマホでもOK。平日でも土日祝でも、家族の都合に合わせられます。

ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで
幅広いラインアップ

  • アイ工務店
  • AQUA HOME
  • OPEN HOUSE Architect
  • セルコホーム
  • 大成建設ハウジング
  • 日本ハウスホールディングス
  • 古河林業
  • HINOKIYA桧家住宅
  • ヤマト住建株式会社

ほか、厳選された提携メーカー続々増加中!

参加特典 ウチつくアドバイザーよりご紹介した住宅メーカーが対象

無料相談にご参加の方へ
Amazonロゴ

Amazonギフトカード
3,000円分プレゼント!

ご契約の方へ
Amazonロゴ

Amazonギフトカード
50,000円分プレゼント!

納得・安心の家づくりなら
「ウチつく」にお任せください!

住宅専門アドバイザーにオンライン無料相談してみる 最新記事をもっとみる