?

【DAIGOの暮らしのお悩み相談室】食材を無駄にしない方法4選

第32回のテーマは「食材を無駄にしない方法4選」です

Onnelaユーザーから届いた家事のお悩みを、DAIGOさんがさまざまな家事テクを駆使して解決する企画【DAIGOの暮らしのお悩み相談室】

今回のテーマは「食材を無駄にしない方法4選」です。

・食材を無駄にしない方法①もやし編
・食材を無駄にしない方法②豆腐編
・食材を無駄にしない方法③バター編
・食材を無駄にしない方法④ホイップクリーム編

いつも冷蔵庫にある身近な食材を、もっと無駄なく使える保存方法をお伝えしていきます。

今回の助っ人:家事代行のちょうこさん

今回は助っ人として、家事代行・家事支援を行っているちょうこさんに来ていただきました!

食材を無駄にしない方法①もやし編

まずは、もやしの保存方法です。

用意するものは、もやしと保存袋とハサミだけ。もやしを買って帰ったら、家にあるものですぐにできるテクニックです。

まずは、もやしの袋の端を、1センチ程度切ります。

あとは、600Wの電子レンジで10秒加熱するだけです。

そのまま保存袋に入れ、冷蔵庫に入れれば完了です。このひと手間を加えるだけで、もやしを美味しく食べられる期間が長くなるとのこと。

この方法で保存したもやしを試食してみると、2日前に買ったもやしでもシャキシャキ!しっかりと鮮度を保って保存できたことがわかります。

食材を無駄にしない方法②豆腐編

続いては、ついつい余らせてしまいがちな豆腐の保存方法です。

まずは、豆腐が乾燥しないように水を足します。

コンロで炙って熱したスプーンを、容器の端に押し当て、豆腐を封入します。容器が溶けてしまわないよう、スプーンの先端を使って少しずつ閉じるのがポイントです。

すると、しっかりシールを閉じることができました。ラップを使う必要もなく、ゴミが出ないのが嬉しいですね。しっかりと閉じているので、冷蔵庫の中で水が漏れる心配もいりません。

食材を無駄にしない方法③バター編

次は、バターの保存方法です。少しずつしか使わず、余らせがちな方も多いのではないでしょうか。

包丁などで10g程度に切り分けたバターをラップの上にならべ、

ラップをクレープのように包みます。

バターとバターの間のラップを切り、

余った部分を折りたたむことで、10gの小分けバターが完成します。あとは、保存袋にまとめて入れて、冷凍庫や冷蔵庫で保存するだけ。

毎回包丁を使うと時間もかかり、洗い物も増えてしまいます。小分けにしておくことで、バターを使う手間を大きく減らせますよ。

包丁であらかじめ10gずつに切っておく方法も良いですが、より時短を目指したい人は、バターカッターを活用するのもおすすめです。

ステンレスの格子をバターに押し込むだけで、簡単に10gずつバターを小分けできます。

食材を無駄にしない方法④ホイップクリーム編

最後は、ホイップクリームの保存方法です。ケーキ作りなどでたくさん作った結果、余ってしまうことも多いのではないでしょうか。市販の開封タイプのホイップクリームも、この方法で保存することができます。

用意するのはラップとバットのみ。

ラップをしいたバットの上に、余ったホイップクリームを少量ずつ出して並べていきます。

全て出し切ったら、上からラップをピンとはり、冷凍庫で保存してください。ココアやプリンの上に乗せたりと、少しずつ楽しめるのが良いですね。

今回のDAIGOさんの感想は?

ちょうこさん、今回はさまざまな保存テクを教えていただき、ありがとうございました!

次回のテーマは「カラーボックス収納術3選」です

次回は、100均でできる「カラーボックス収納術3選」をお届けします。細かな収納が無く使いづらいカラーボックスを、100均で買えるもので使いやすく変身させていきます。ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

Ranking ランキング

Feature特集

DAIGOも箸休め
Onnela公式インフルエンサー
あの人が見つけるHDCの愉しみ方
今すぐできる 電気代の節約術
身も心も軽やかに♪ あなたの運動不足を解消します
今年は「ラクしてきれいに」! お手軽 大掃除特集